日信工業はアルミ製品とブレーキシステムを通じて「環境」「安心」を探究します。

文字サイズ
  • 大
  • 中
  • 小
  • 日本語
  • 英語
  • HOME
  • オンライン 製品カタログ
  • ニュースリリース
  • 企業情報
  • 株主・投資家情報
  • 環境・社会活動
  • 採用情報

MOTER SPORT

HOME > モータ-スポーツ > 一年を締めくくる第18戦バレンシアGPでNISSIN陣営が健闘!

一年を締めくくる第18戦バレンシアGPでNISSIN陣営が健闘!

Moto2クラスのM・シュロッターがトップ15フィニッシュを果たす!!

MotoGP第18戦(11/06~/08、スペイン バレンシアサーキット)

Anthony WEST_6.jpg

 

 2015年シーズンの長い戦いを締めくくる第18戦バレンシアGPがバレンシア郊外のリカルド・トルモサーキットで開催された。MotoGPが高い人気を持つお国柄、アクセスの良いサーキット環境、そして今年の場合は最終戦で年間総合優勝が決定するという緊迫したチャンピオン争いの状況も加わって、開催前からチケットは完売。三日間総計で21万人の観客が観戦に訪れた。
 このバレンシアサーキットは、客席がコースを囲むスタジアム場の構造を7000しており、観戦者はどの場所からでも選手たちの戦いを一望できるという非常に優れた観戦環境を誇る。
 だが、観客にとって利点の多いこのコンパクトな設計は、ブレーキに対しては厳しい方向にも作用をする。4005mという短い全長が、右5左9の計14コーナーで構成されている当コースは、ブレーキを休める場所が少なく、1周あたりの使用時間が長い。そのため、ブレーキ負荷はシーズン全18戦でも屈指の厳しさを持つ。ブレーキ効力とコントロール性の高度なバランスも要求されるため、ブレーキの難易度は非常に高いといえるだろう。
 この厳しい条件のなか、NISSIN陣営の選手たちは、NISSINブレーキの優れた性能を存分い発揮しながらコース攻略を進めていった。

Anthony WEST_12.jpg


 第15戦以来、負傷欠場が続いているカレル・アブラハム(ABモトレーシング)は、今回の最終戦も残念ながら出場を断念した。代役は前戦までと同様に、アンソニー・ウェストが務めることになった。ウェストは土曜の予選で8列目22番グリッドを獲得。日曜午後2時(日本時間午後9時)にスタートした決勝レースは、30周にわたる長丁場の戦いだったがウェストは最後まで安定した走行を続け、22位でチェッカーフラッグを受けた。また、今回のレース結果によってホルヘ・ロレンソ選手(ヤマハ)が年間総合優勝を達成した。

Marcel SCHROTTER_2.jpg


 Moto2クラスのレースは、一周目に多重クラッシュが発生したために赤旗中断。当初の予定よりも周回数を短縮し、18周でふたたび仕切り直しのレースが行われた。このレースで、NISSIN陣営のマルセル・シュロッター(Tech3 Racing/TECH3)が厳しいバトルを戦い抜いてポイント圏内の15位フィニッシュ。シャビ・ビエルジュ(Tech3 Racing/TECH3)は17位でゴールを果たした。また、ランディ・クルメナッハ(JiR Moto2/KALEX)は21位で完走してチェッカーフラッグを受けた。ルイ・ロッシ(Tasca Racing Scuderia Moto2/TECH3)は土曜午前のフリープラクティスで転倒を喫した際に手首を負傷し、残念ながら以後のセッションをキャンセルすることになった。
 2016年シーズンは、今年と同じ18戦が予定されている。開幕戦は毎年恒例のカタールGP。3月17日からセッションが始まる予定だ。

 

Marcel SCHROTTER_1.jpgマルセル・シュロッター-Tech3 Racing/Moto2-15位
「波瀾万丈のレースだった。最終戦でポイントを獲得できたことをとても誇らしく思う。スタート開始直後に、2コーナーでの転倒に巻き込まれてしまったが、即座に赤旗が提示されてレースが中断した。正直なことを言えば、レースが仕切り直しになったために僕たちももういちどやり直せたので、その意味ではとても幸運だった。レースが再開するまでのわずかな時間でバイクを修復してくれたチームに心から感謝している。転倒時に右ハンドルバーに衝撃を受けてスロットルが動かなかったので、ピットへ戻るのも大変だった。コースマーシャルがバイクを撤収しようとしたけれども、彼らを振り切って自力デコースに復帰したんだ。その一部始終を見ていた観客の人たちも、僕を応援してくれた。メカニックたちの素早い仕事は、チーム力が高い証拠だ。再開後のレースでは、全力で走ってポイントを獲得した。少し走りにくかったけれども、全力を尽くした。フォルガー選手に引き離されたのは少し残念だけれども、シーズンのいい締めくくりになったと思う。シーズンの結果には完璧に満足をしているわけではないものの、チームと力を合わせて最後まで戦い抜いたことは、とても誇らしく思っている」

 

 

 

 

 

 


【MotoGP-30laps】
[race result]
コンディション-DRY 路面温度-29℃ 気温-23℃
1 Jorge LORENZO Movistar Yamaha MotoGP 45'59.364
2 Marcc MARQUEZ Repsol Honda Team +0.263
3 Dani PEDROSA Repsol Honda Team +0.654
......................................................................
22  Anthony WEST AB Motoracing   +1'27.281


[point standings]
J.LORENZO 330pt(1st)
V.ROSSI  325pt(2nd)
M.MARQUEZ 242pt(3rd)
..................................
H.AOYAMA  5pt(25th)
T.TAKAHASHI 4pt(26th)
K.ABRAHAM  ---
T.ELIS   ---
K.AKIYOSHI


【Moto2-18laps】
[race result]
コンディション-DRY 路面温度-29℃ 気温-20℃
1 Tito RABAT EG0,0 Marc VDS KALEX 28'48.831
3 Alex RINS Paginas Amarillas HP40 KALEX +0.309
3 Thomas LUTHI Derendinger Racing Interwetten KALEX +3.347
......................................................................
15 Marcel SCHROTTER Tech3 TECH3  +24.669
17 Xavier VIERGE  Tech3 TECH3 +28.537
21 Randy KRUMMENACHER JIR Moto2 KALEX +30.788


DNQ Louis ROSSI Tasca Racing Scuderia Moto2 TECH3


[point standings]
J.ZARCO  352pt(1st)
A.RINS  234pt(2nd)
T.RABAT  231pt(3rd)
.................................
M.SCHROTTER 32pt(20th)
R KRUMMENACHER 31pt(21th)
L.ROSSI   7pt(25th)
T.KOYAMA  3pt(26th)
Y.TAKAHASHI 2pt(27th)

R.CARDUS ---
X.VIERGE ---


TOP

<__trans phrase="run-periodic-tasks script is running...">