日信工業はアルミ製品とブレーキシステムを通じて「環境」「安心」を探究します。

文字サイズ
  • 大
  • 中
  • 小
  • 日本語
  • 英語
  • HOME
  • オンライン 製品カタログ
  • ニュースリリース
  • 企業情報
  • 株主・投資家情報
  • 環境・社会活動
  • 採用情報

MOTER SPORT

HOME > モータ-スポーツ > 第17戦マレーシアGPの過酷なコンディションでNISSIN陣営が健闘!

第17戦マレーシアGPの過酷なコンディションでNISSIN陣営が健闘!

Moto2クラスのクルメナッハが17位でゴールを果たす

MotoGP第17戦(10/23~/25、マレーシア・セパンサーキット)

 

Anthony WEST_5.jpg

 

 3週連続の環太平洋3連戦を締めくくる、第17戦マレーシアGPがセパンサーキットで開催された。
 マレーシアGPは今年で開催25周年を迎えるが、当地セパンサーキットでは1999年以来、今年が17回目の大会になった。マレーシア国際空港から指呼の距離にある当会場は、アクセスの利便性と東南アジア諸地域でのMotoGP人気向上に伴い、年々来場者数が増加している。今年も、三日間総計で15万0563人の観客を動員した。
 全長5,543mのサーキットは、2本の超ロングストレートに加え、高速コーナーから低速ヘアピンまで、彩りに富んだ右10左5の計15コーナーで構成されている。メインストレート終端で低速へ落とし右へ旋回する1コーナーや、バックストレートエンドでヘアピン上に左へ曲がる最終15コーナーは、毎年必ず激しいブレーキングバトルが繰り広げられる。また、全体的にコース幅が広く、あらゆるコーナーでライダーたちの激しい位置取り競争が見られるため、ファンにとっては見所にあふれたサーキットといえるだろう。選手たちにとっても、セットアップが決まれば最高に気持ちよく走れるコースとして人気が高い。
 ただし、その分だけブレーキに対する負荷も大きく、効力、コントロール性の双方で高い水準の性能とバランスが求められる。このサーキットでは、毎年2月にプレシーズンテストが行われており、各陣営は豊富なデータを蓄積しているが、その事実がさらに、各メーカー間やチーム間の熾烈な戦いを生む要素にもなっている。

Randy KRUMMENACHER_5.jpg


 NISSIN陣営は、第15戦以来、レギュラーライダーのカレル・アブラハム(ABモトレーシング)が負傷欠場しているが、今回の大会でも彼に代わってアンソニー・ウェストが前戦からの継続参戦を果たした。ウェストは土曜の予選で8番手24番グリッドを獲得。日曜午後3時(日本時間午後4時)にスタートした全20周の決勝レースは、熱帯地方の当地に典型的な高温多湿のコンディション下で推移した。ウェストはこの過酷な環境下でも最後までしっかりと走りきり、20位で完走してチェッカーフラッグを受けた。
 Moto2クラスのレースでは、ランディ・クルメナッハ(JiR Moto2/KALEX)がポイント圏内を惜しくも逃したものの17位、ルイ・ロッシ(Tasca Racing Scuderia Moto2/TECH3)は18位でチェッカーフラッグを受けた。序盤にトップ20の位置を走行したシャビ・ビエルジュ(Tech3 Racing/TECH3)は21位でチェッカー。マルセル・シュロッター(Tech3 Racing/TECH3)は、レース序盤に転倒を喫し、再スタートしたものの、その後にピットへ戻って残念ながらリタイアとなった。
 次戦はいよいよ長いシーズンを締めくくる最終戦。MotoGP第18戦バレンシアGPは、毎年恒例のリカルド・トルモサーキットで11月6日(金)午前に第1回目のフリー走行が行われ、8日(日)に2015年最後の戦いの火ぶたが切って落とされる。


Randy KRUMMENACHER_4.jpgランディ・クルメナッハ-JiR Moto2-17位
「決勝レースは予選よりもうまく走れたけれども、序盤10周が厳しく、思いどおりに攻めることができなくて安定して走れず、苦労した。終盤8周は前との差を詰めることができなかった。いろいろな見方をできるとは思うが、端的に言えば、今回のレースウィークの過酷なコンディションに合わせこむことができなかったことが敗因だと思う。
 この三連戦では2戦で10位を獲れたので、最終戦のバレンシアでもぜひがんばりたい」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【MotoGP-20laps】
[race result]
コンディション-DRY 路面温度-47℃ 気温-35℃
1 Dani PEDROSA Repsol Honda Team 40.37.691
2 Jorge LORENZO Movistar Yamaha MotoGP +3.612
3 Valentino ROSSI Movistar Yamaha MotoGP +13.724
......................................................................
20  Anthony WEST AB Motoracing   +1'24.749


[point standings]
V.ROSSI  312pt(1st)
J.LORENZO 305pt(2nd)
M.MARQUEZ 222pt(3rd)
..................................
H.AOYAMA  5pt(25th)
T.TAKAHASHI 4pt(26th)
K.ABRAHAM  ---
T.ELIS   ---
K.AKIYOSHI


【Moto2-19laps】
[race result]
コンディション-DRY 路面温度-46℃ 気温-35℃
1 Johann ZARCO Ajo Motosport KALEX 40'37.772
2 Thomas LUTHI Derendinger Racing Interwetten KALEX +0.598
3 Jonas FOLGER AGR Team KALEX +9.846
......................................................................
17 Randy KRUMMENACHER JIR Moto2 KALEX +42.239
18 Louis ROSSI Tasca Racing Scuderia Moto2 TECH3 +44.576
22 Xavier VIERGE  Tech3 TECH3 +1'17.119

retired Marcel SCHROTTER Tech3 TECH3


TOP

<__trans phrase="run-periodic-tasks script is running...">