日信工業はアルミ製品とブレーキシステムを通じて「環境」「安心」を探究します。

文字サイズ
  • 大
  • 中
  • 小
  • 日本語
  • 英語
  • HOME
  • オンライン 製品カタログ
  • ニュースリリース
  • 企業情報
  • 株主・投資家情報
  • 環境・社会活動
  • 採用情報

MOTER SPORT

HOME > モータ-スポーツ > 第16戦オーストラリアGPでNISSIN陣営がトップテンフィニッシュ!!

第16戦オーストラリアGPでNISSIN陣営がトップテンフィニッシュ!!

Moto2クラスでクルメナッハが10位でチェッカー、シュロッターは12位!

MotoGP第16戦(10/16~/18、オーストラリア・フィリップアイランド)

Randy KRUMMENACHER_3.jpg

 

 環太平洋3連戦の2戦目、第16戦オーストラリアGPがメルボルン南西のフィリップアイランドサーキットで開催された。左7右5の計12コーナーで構成される全長4,448mの当コースは、全18戦中でも平均速度が最も高く、スリリングなサーキットとして選手たちの間でも人気が高い。メインストレート後に待ち受ける1コーナーのブレーキング勝負や、最終12コーナーの高速コーナリングバトルをはじめ、全体的に観客席とコースが近いこととも相まってコースじゅうのいたるところで迫力満点の戦いが繰り広げられる。全体的に見ればブレーキへの負荷は他のコースよりも低く、総じてコントロール性がレースの重要なカギを握る。また、当会場はオーストラリアでも最南端に位置し、海に面していることもあって、天候が不安定になりやすいことでも有名だ。低い温度条件への対応や強風への対策も不可欠で、チームの「引き出しの多さ」がレースを大きく左右するともいえるだろう。

Anthony WEST_6.jpgのサムネール画像のサムネール画像


 NISSIN陣営のカレル・アブラハム(ABモトレーシング)は負傷欠場が続いているが、今回のレースでは、その代役として地元オーストラリア出身のアンソニー・ウェストが参戦を果たした。
 ウェストは初めて乗るマシンに順応しながら、土曜の予選で8列目23番グリッドを獲得日曜の決勝レースは気温15℃という冬のような冷えたコンディション下で行われたが、ウェストは走り慣れた地元サーキットという地の利を活かして最後まで安定したラップタイムで走行。23位でチェッカーフラッグを受けた。

Marcel SCHROTTER_2.jpg


 Moto2クラスのレースでは、ランディ・クルメナッハ(JiR Moto2/KALEX)が最後まで粘り強い走りを続けて、10位でチェッカーフラッグを受けた。マルセル・シュロッター(Tech3 Racing/TECH3)が12位でゴールし、シャビ・ビエルジュ(Tech3 Racing/TECH3)は19位、ルイ・ロッシ(Tasca Racing Scuderia Moto2/TECH3)は23位。NISSIN勢のライダーは全員が完走を果たした。
 次戦のMotoGP第17戦マレーシアGPは、セパンサーキットで10月23日(金)午前に第1回目のフリー走行が行われる。


Randy KRUMMENACHER_1.jpgランディ・クルメナッハ-JiR Moto2-10位
「今日のレースはとてもいい内容で、心から楽しむことができた。特にレース前半は、バイクがとても頼もしく、次々と他の選手たちをオーバーテイクして気持ちよく走れたんだ。気分良くオーストラリアGPを終えることができたので、いい流れで次のマレーシアへ向かうことができる。毎戦こういうリザルトを獲得できるなら、毎週レースをしたいくらいだよ! この調子を維持して、今週末のマレーシアGPも全力で臨みたい」

 

 

 

 

 

 

 

Marcel SCHROTTER_1.jpgマルセル・シュロッター-Tech3/Moto2-12位
「今週はずっと苦戦を強いられていたけれども、最終的には良い結果を獲得できてよかった。昨日は大きな転倒をして肘を負傷し、頭も打ってしまったのだけれども、決勝レースでは痛み止めとアドレナリンの効果もあって、ウォームアップのときよりも調子が良かった。レース序盤から全力で攻め続けたけれども、マシンに問題が発生して順位を少し落とし、前方のグループからも離れてしまった。問題の原因は、これからしっかりと究明したい。
 その問題を別にすれば、レースではモルビデッリやカルダス、コルシたちとのバトルになった。何度も順位を入れ替える激しいバトルで、僕のほうがコルシよりもいいペースで走れていたので、しばらく後ろについて様子をみていた。落ち着いて走れたのは、腕を休めることにもなったと思う。最終的にはすべて思い通りにはこんだわけではなく、モルビデッリをパスすることはできなかったけれども、集団の前方でゴールできたで良かった。
 今回は厳しいレースウィークになってしまったが、それでもチーム全員と力を合わせて、12位という力強いリザルトを獲得できた。次のセパンでも引き続きこの調子でがんばりたい」

 

 


【MotoGP-27laps】
[race result]
コンディション-DRY 路面温度-42℃ 気温-15℃
1 Marc MARWUEZ Repsol Honda Team 40.33.849
2 Jorge LORENZO Movistar Yamaha MotoGP +0.249
3 Andrea IANNONE Ducati Team +0.930
......................................................................
23  Anthony WEST AB Motoracing   +1'23.454


[point standings]
V.ROSSI  296pt(1st)
J.LORENZO 285pt(2nd)
M.MARQUEZ 222pt(3rd)
..................................
H.AOYAMA  5pt(25th)
T.TAKAHASHI 4pt(26th)
K.ABRAHAM  ---
T.ELIS   ---
K.AKIYOSHI


【Moto2-25laps】
[race result]
コンディション-DRY 路面温度-42℃ 気温-15℃
1 Alex RINS Paginas Amarillas HP 40 KALEX 39'00.844
2 Sam LOWES Speed Up Racing SPEED UP +6.633
3 Lorenzo BALDASSARRI Forward Racing KALEX +10.408
......................................................................
10 Ranndy KRUMMENACHER JIR Moto2 KALEX +24.559
12 Marcel SCHROTTER Tech3 TECH3 +36.583
19 Xavier VIERGE  Tech3 TECH3 +47.382
23 Louis ROSSI Tasca Racing Scuderia Moto2 TECH3 +59.299

 

[point standings]
J.ZARCO  318pt(1st)
A.RINS  214pt(2nd)
T.RABAT  206pt(3rd)
.................................
M.SCHROTTER 31pt(20th)
R KRUMMENACHER 31pt(21th)
L.ROSSI   7pt(25th)
T.KOYAMA  3pt(26th)
Y.TAKAHASHI 2pt(27th)

R.CARDUS ---
X.VIERGE ---


TOP

<__trans phrase="run-periodic-tasks script is running...">