日信工業はアルミ製品とブレーキシステムを通じて「環境」「安心」を探究します。

文字サイズ
  • 大
  • 中
  • 小
  • 日本語
  • 英語
  • HOME
  • オンライン 製品カタログ
  • ニュースリリース
  • 企業情報
  • 株主・投資家情報
  • 環境・社会活動
  • 採用情報

MOTER SPORT

HOME > モータ-スポーツ > 第11戦チェコGPでNISSIN陣営が健闘の走り!

第11戦チェコGPでNISSIN陣営が健闘の走り!

ホームGPのアブラハムがレースに復帰し、苛酷なレースを完走する!

MotoGP第11戦(8/14~/16、チェコ共和国・ブルノサーキット)

 

Karel ABRAHAM_3.jpg


 第11戦チェコGPが、同国第2の都市ブルノ郊外にあるブルノサーキットで開催された。当地は年間18戦のなかでも最も大勢の動員人数を誇るサーキットで、今年も金曜から日曜の三日間総計で24万8000人を超す大観衆が観戦に訪れた。
 全長5,403mの当コースは、前半セクションが下り勾配、後半セクションで上り勾配、と天然の地形を活かした構成になっており、短い直線を左6右8の多彩なコーナーでつなぐレイアウトだ。コース幅が広いためにラインの自由度も高く、左右の切り返しを繰り返しながら周回するため、スリリングなバトルがコース上のいたるところで繰り広げられる。マシンを積極的に操作するブレーキのコントロール性と、コーナー進入で確実に減速する鋭いストッピングパワーの双方が、勝負を握る重要な鍵になる。選手たちの熱く激しい勝負とコース特性の両面で、ブレーキを休ませる箇所が少ないため、このサーキットはブレーキにとって比較的厳しいコースといえるだろう。したがって、その大きな負荷を想定したブレーキセッティングを決勝レースまでにしっかりと見いだすことも、決勝レースの勝負を左右する重要なポイントだ。

Karel ABRAHAM_6.jpg


 今回のチェコGPでは、前半戦で左足第一指を負傷し、長らく欠場を強いられていたNISSIN陣営のカレル・アブラハム(AB Motoracing)がレースに復帰。今回はアブラハムのホームGPだけに、体調はまだ完璧とはいえない状態にもかかわらず、勇を鼓して出場を決意した。しかし、負傷部位への負担は大きく、厳しいレースウィークとなった。足の負傷のために思いどおりの荷重移動ができず、シフトレバー操作にも苦しむような状況だったが、アブラハムは毎セッションを全力で臨み、日曜の決勝レースは25番グリッドからのスタートになった。

Karel ABRAHAM_2.jpg


 下りセクションと上りセクションのメリハリが利き、左右の切り返しも多いこのコースは、地元コースといえども負傷をした足にとっては厳しいレイアウトだ。痛む左足を抱えながらも、アブラハムは今の自分に可能な限りの最善を尽くし、長丁場の22周を最後まで歯を食いしばって走りきった。世界最高峰を戦う選手に相応しい不屈の精神で戦い抜いたアブラハムの姿は、会場を埋め尽くした地元ファンに大きな勇気と感動を与えた。
 

Marcel SCHROTTER.jpg

 

Randy KRUMMENACHER_1.jpg

 Moto2クラスの決勝レースでは、マルセル・シュロッター(Tech3 Racing/TECH3)が最後まで粘り強い走りを見せて19位で完走。僅差の20位で、ランディ・クルメナッハ(JIR Racing Team/KALEX)もチェッカーフラッグを受けた。ルイ・ロッシ(Tasca Racing Scuderia Moto2/TECH3)とシャビ・ビエルジュ(Tech3 Racing/TECH3)は、レース途中でピットへ戻り残念ながらリタイアを余儀なくされた。
 第12戦イギリスGPは、シルバーストーンサーキットで開催。8月28日(金)からフリー走行を行い、30日(日)に決勝レースが行われる。


Karel ABRAHAM_1.jpgカレル・アブラハム-AB Motoracing-21th
「今日のレースは本当につらくて、最後まで走りきれないのではないかとも思った。でも、途中でレースを投げ出すようなことはしたくなかった。コルティ選手についていこうともしたけれども、リスクが大きく、危険な賭けは避けるべきだと思った。今は少し体を休めて、次のレースに向けて回復に集中したい」

 

 

 

 

【MotoGP-22laps】
[race result]
コンディション-DRY 路面温度-39℃ 気温-26℃
1 Jorge LORENZO Movistar Yamaha MotoGP 42'53.042
2 Marc MARQUEZ Repsol Honda Team +4.462
3 Valentino ROSSI Movistar Yamaha MotoGP +5.935
......................................................................
21 Karel ABRAHAM AB Motoracing  +2'02.655


[point standings]
J.LORENZO 211pt(1st)
V.ROSSI  211pt(2nd)
M.MARQUEZ 159pt(3rd)
..................................
K.ABRAHAM  ---
H.AOYAMA  ---
T.ELIS   ---

【Moto2-20laps】
[race result]
コンディション-DRY 路面温度-37℃ 気温-25℃
1 Johann ZARCO Ajo Motorsport   KALEX 41'02.500
2 Tito RABAT EG0.0 Marc VS    KALEX +1.421
3 Alex RINS Paginas Amarillas HP 40 SP KALEX +1.785
......................................................................
19 Marcel SCHROTTER Tech3 TECH3   +25.946
20 Ranndy KRUMMENACHER JIR Racing Team  KALEX +26.586

retired Xavier VIERGE Tech3 TECH3 
retired Louis ROSSI Tasca Racing Scuderia Moto2 TECH3

 

[point standings]
J.ZARCO  224pt(1st)
T.RABAT  145pt(3rd)
A.RINS  144pt(2nd)
.................................
M.SCHROTTER 14pt(21th)
R KRUMMENACHER 13pt(22th)
L.ROSSI   7pt(23th)
R.CARDUS ---
X.VIERGE ---


TOP

<__trans phrase="run-periodic-tasks script is running...">