日信工業はアルミ製品とブレーキシステムを通じて「環境」「安心」を探究します。

文字サイズ
  • 大
  • 中
  • 小
  • 日本語
  • 英語
  • HOME
  • オンライン 製品カタログ
  • ニュースリリース
  • 企業情報
  • 株主・投資家情報
  • 環境・社会活動
  • 採用情報

MOTER SPORT

HOME > モータ-スポーツ > 第4戦スペインGPでNISSIN陣営が粘り強い走りを披露

第4戦スペインGPでNISSIN陣営が粘り強い走りを披露

Moto2クラスでM・シュロッターがトップテンフィニッシュ! 

MotoGP第4戦(5/01~/03、スペイン・ヘレスサーキット)

Je_Marcel SCHROTTER_2.jpg

 

 2015年シーズンは欧州ラウンドを迎え、いよいよ本格的な戦いの火蓋が切って落とされた。第4戦スペインGPの舞台は、イベリア半島南部の温暖なアンダルシア地方に位置するヘレスサーキット。1987年の初開催以来、数々の熱戦や名勝負が繰り広げられ、シーズン中でも最も盛り上がる大会のひとつだ。
 全長4,423mの当コースは、左5右8の計13コーナーで構成されている。ストレートが最長607mと短いぶん、コース上の各コーナーでライダーたちは激しい競り合いを展開する。メインストレート後の1コーナーやバックストレートエンドの6コーナー、連続する左コーナーから切り返して右へ旋回する9コーナー、そして、最後の勝負どころとなるタイトな13コーナーなどは特に、ブレーキ性能が勝負を大きく左右する区間だ。安定した高い制動力と柔軟なコントロール性を備えるNISSINブレーキにとって、このヘレスサーキットは、その高品質な性能を存分に発揮できる絶好の舞台といえるだろう。ただし、このヘレスサーキットは路面温度が上昇すると非常にすべりやすくなることでも有名なコースだ。アンダルシア地方の強い陽射しが路面に降り注ぐと、レースはタイヤのグリップ力をいかに引き出し、維持するかという戦いになる。

Je_Karel ABRAHAM_4.jpg


 NISSIN陣営で最高峰のMotoGPクラスを戦うカレル・アブラハム(ABモトレーシング)が駆るHondaのオープンカテゴリーマシン・RC213V-RSは、動力性能と操縦性が高次元で両立する優れたマシンとして高い定評がある。そのポテンシャルを存分に引き出しながら、ブレーキ性能を巧みに操作してライバルたちを凌駕してゆくことがヘレスサーキットにおける勝負の鍵となる。
 日曜午後2時(日本時間午後9時)にスタートした決勝レースは全27周という長丁場。アブラハムは20番グリッドにつき、序盤から周囲のライダーと駆け引きを繰り広げながらオーバーテイクして前へ出る機会をうかがっていたが、その矢先に運悪う転倒を喫し、リタイアを余儀なくされてしまった。

Je_Randy KRUMMENACHER_1.jpg


 Moto2クラスでは、マルセル・シュロッター(Tech3 Racing/TECH3)が、もともと滑りやすい路面で、さらにこの暑さで難しいコンディションのレースでも、安定したラップタイムで最後まで安定したペースで最後まで走行を続け、トップテンフィニッシュとなる10位でチェッカーフラッグを受けた。ランディ・クルメナッハ(JiR Moto2/KALEX)は14位でフィニッシュし、2ポイントを獲得した。リカルド・カルダス(Tech3 Racing/TECH3)は12周目に転倒を喫して残念ながらリタイア。ルイ・ロッシ(Tasca Racing Scuderia Moto2/TECH3)は、土曜の予選で転倒して右手第四中手骨を骨折。決勝レースを欠場した。
 次の第5戦は、フランス・ロワール地方のル・マンサーキットで開催される。5月15日(金)の午前9時55分(日本時間午後4時55分)にMotoGPのフリー走行一回目がスタートし、10時55分(日本時間午後5時55分)からMoto2クラスのフリー走行が行われる。

 


Marcel SCHROTTER_1.jpgマルセル・シュロッター-Tech3 Moto2-10th
「ヘレスでトップテンフィニッシュを達成できてとてもうれしい。もちろん、もっとリザルトを目指していけれども、ここ数戦苦しいレースが続いていただけに、少しホッとしているのが正直なところなんだ。自分にもチームにも、いい結果になったと思う。結果も良かったけれども、今回はレースで少しずつ順位を上げて行けたので、内容としても良かった。チームのおかげでいい方向に進むことができている。チームの努力を無駄にしないためにもレース序盤からプッシュして果敢に攻め続けたんだ。トップスピードでは必ずしも有利だったわけじゃないし、腕上がりという問題も抱えていたけれども、からだをいたわりながらブレーキングも工夫するようなライディングを心がけた。今ようやくスタート地点に立ったつもりで、ここからさらにがんばっていきたい。」

 

 

【MotoGP-27laps】
[race result]
コンディション-Dry 路面温度-30℃ 気温-27℃
1 Jorge LORENZO Movistar Yamaha MotoGP 44'57.246
2 Marc MARQUEZ Repsol Honda Team +5.576
3 Valentino ROSSI Movistar Yamaha MotoGP +11.586
......................................................................

retired  Karel ABRAHAM AB Motoracing 


[point standings]
V.ROSSI  82pt(1st)
A.DOVIZIOSO  67pt(2nd)
J.LORENZO  62pt(3rd)
..................................
K.ABRAHAM  ---

 

【Moto2-26laps】
[race result]
コンディション-Dry 路面温度-32℃ 気温-27℃
1 Jonas FOLGER AGR Team KALEX 45'01.873
2 Johann ZARCO Ajo Motorsport KALEX +1.931
3 Tito RABAT EG 0.0 Marc VDS KALEX +2.222
......................................................................
10 Marcel SCHROTTER Tech3 TECH3 +21.958
14 Ranndy KRUMMENACHER JIR Moto2 KALEX +27.946


retired Ricard CARDUS Tech3 TECH3
DNS Louis ROSSI Tasca Racing Scuderia Moto2 TECH3

 

[point standings]
J.ZARCO  73pt(1st)
J.FOLGER 57pt(2nd)
A.RINS  49pt(3rd)
.................................
M.SCHROTTER 9pt(18th)
L.ROSSI  7pt(20th)
R KRUMMENACHER 2pt(22th)
R.CARDUS ---


TOP

<__trans phrase="run-periodic-tasks script is running...">