日信工業はアルミ製品とブレーキシステムを通じて「環境」「安心」を探究します。

文字サイズ
  • 大
  • 中
  • 小
  • 日本語
  • 英語
  • HOME
  • オンライン 製品カタログ
  • ニュースリリース
  • 企業情報
  • 株主・投資家情報
  • 環境・社会活動
  • 採用情報

MOTER SPORT

HOME > モータ-スポーツ > 全日本ロードレース選手権オートポリスでNISSIN勢が大活躍!

全日本ロードレース選手権オートポリスでNISSIN勢が大活躍!

高橋裕紀がポールトゥウィン、J-GP3ではNISSIN陣営が表彰台独占!!

MFJ SUPERBIKE 全日本ロードレース選手権(4/25・26、大分県:オートポリスサーキット)

RACE_1.jpg

                                                                            J-GP2クラス優勝  高橋裕紀(MORIWAKI RACING:MORIWAKI-MD600)        

 

 日本のオートバイロードレースの最高峰・全日本ロードレース選手権が大分県オートポリスサーキットで開催された。最重量級のJSB1000クラスは先週の鈴鹿サーキットで2&4レースとしてシーズン開幕戦が行われたが、J-GP2とJ-GP3は今回のレースが2015年のオープニングラウンドとなる。


 今シーズンの全日本をNISSIN陣営で戦うライダーは、各クラスいずれも強力な選手たちがそろった。
 JSB1000は、

   吉田光弘(Honda熊本レーシング:Honda-CBR1000RR)

   須貝義行(チームスガイレーシングジャパン:Ducati-1098R)

  小島一浩(Honda熊本レーシング:Honda-CBR1000RR)

  ジョシュ・フック(F.C.C.TSR Honda:Honda-CBR1000RR)

  武石伸也(CONFIA Flex Motorrand39:BMW-S1000RR)

  酒井大作(CONFIA Flex D.R.E. Motorrad39:BMW-S1000RR)

  森 健祐(HondaブルーヘルメットMSC熊本:Honda-CBR1000RR)

  渡辺一馬(au&テルル・Kohara RT:Honda-CBR1000RR)

  中津原尚宏(オートテクニックスポーツPGR::Honda-CBR1000RR)

  秋吉 耕佑(au&テルル・Kohara RT:Honda-CBR1000RR)

  山口辰也(TOHORacingwithMORIWAKI:Honda-CBR1000RR)

  寺本幸司(Team Tras 135HP:BMW-S1000RR)

  児玉勇太(Team Tras 135HP:BMW-S1000RR)という布陣だ。

 
 J-GP2クラスは、

  高橋裕紀(MORIWAKI RACING:MORIWAKI-MD600)

  渥美心(au&テルル・Kohara RT:TSR-TSR2)

  日浦大治朗(MORIWAKI RACING:MORIWAKI-MD600)

  作本輝介(Team高武 RSC:Honda-CBR600RR)という力強い顔ぶれ。


 また、ベテランから若手まで多くの選手がしのぎを削る激戦区・J-GP3クラスには

  菊池寛幸(TEAM TEC2 & NOBBY:Honda-NSF250R)

  岡崎静夏(Y!mobile&Kohara RT:Honda-NSF250R)

  関野海斗(P.MU 7C HARC:Honda-NSF250R)

  ゲリー・サリム(Astra Honda Racing Team:Honda-NSF250R)

  真崎一輝(Team RSC:Honda-NSF250R)

  三原壮紫(Team NOBBY & TEC2:Honda-NSF250R)

  國峰啄磨(P.MU 7C HARC:Honda-NSF250R)

  水野涼(MuSASHi RTハルクプロ::Honda-NSF250R)

  栗原佳祐(MuSASHi RT Jr.:Honda-NSF250R)と、多彩な選手がそろった。

 

山口 辰也.jpg

                       JSB1000クラス4位 山口辰也(TOHORacingwithMORIWAKI:Honda-CBR1000RR)


Josh Hook.jpg

                        JSB1000クラス 7位  ジョシュ・フック(F.C.C.TSR Honda:Honda-CBR1000RR)

 

 JSB1000クラスのレースは土曜の予選で2列目5番グリッドを獲得した山口が、レース序盤から果敢な攻めでトップグループを構成した。中盤周回以降もしっかりと順位をキープし、惜しくも表彰台を逃したものの4位でチェッカーフラッグを受けた。また、ジョシュ・フックは7位、酒井大作11位、秋吉耕祐12位、寺本幸司14位、渡辺一馬15位、吉田光弘17位、小島一浩18位、児玉勇太19位、武石伸也20位と、以上の選手たちがポイントを獲得した。


RACE_2.jpg

 J-GP2クラスは、2014年チャンピオンの高橋裕紀が予選までの全セッションで終始高い安定感を発揮してポールポジションを獲得。決勝レースでもNISSINブレーキの持ち味を知り尽くした強みを存分に見せつけ、完璧にレースをコントロールした。圧倒的なリードを築いた高橋は昨年同様に開幕戦のポールトゥウィンを達成した。日浦大治朗は5位、渥美心は7位とそれぞれシングルフィニッシュを達成した。

真崎 一輝.jpg

                               J-GP3クラス 優勝  真崎一輝(Team RSC:Honda-NSF250R)


國峰 啄磨.jpg

                          J-GP3クラス 2位  國峰啄磨(P.MU 7C HARC:Honda-NSF250R)

 

 激戦のJ-GP3は、NISSIN陣営の真崎一輝が全日本ロードレースデビュー戦ながら、地元九州出身の強みを発揮してポールポジションを獲得。決勝レースでは、同じくNISSIN陣営の國峰啄磨と一騎打ちを繰り広げ、若さあふれる鋭く激しいブレーキング勝負で最終ラップまでバトルを繰り広げた。最後は百分の四秒差で真崎が先にコントロールラインを通過して優勝。国峰は2位表彰台。また、栗原が三位表彰台を獲得し、NISSIN陣営の選手たちが表彰台を独占する快挙を達成した。また、菊池寛幸は5位、水野涼6位、三原壮紫10位、関野海斗11位、ゲリー・サリム13位、岡崎静夏14位でポイントを獲得。


 NISSINブレーキの卓越した制動力とコントローラビリティは、最大排気量から最軽量クラスに至るNISSINライダーたちが今回の厳しいレース環境で発揮した優秀な成績によって見事に証明されたといえるだろう。
 次回の全日本ロードレース選手権は、5月30~31日に栃木県のツインリンクもてぎで開催される。


【JSB1000-19laps】
[race result]
コンディション-DRY 気温-20℃
1 中須賀克行 YAMAHA FACTORY RACING TEAM  34'35.132
2 渡辺一樹 TeamGREEN    +0.437
3 高橋巧  MuSASHi RTハルクプロ   +3.383
......................................................................
4 山口辰也 TOHORacingwithMORIWAKI   +9.606
6 ジョシュ・フック  F.C.C.TSR Honda   + 22.821
11 酒井大作 CONFIA Flex Motorrad39   +1'03.787
12 秋吉耕佑 au&テルル・Kohara RT   +1'06.951
14 寺本幸司 Team Tras 135HP    +1'12.201
15 渡辺一馬 au&テルル・Kohara RT   +1'16.792
17 吉田光弘 Honda熊本レーシング   +1'19.722
18 小島一浩 Honda熊本レーシング    +1'28.803
19 児玉勇太 Team Tras 135HP    +1'38.150
20 武石伸也 CONFIA Flex Motorrad39   +1'57.912


[point standings]
中須賀克行  47pt(1st)
渡辺一樹  42pt(3rd)
高橋巧   41pt(2nd)
..................................
山口辰也  32pt(5th)
ジョシュ・フック 29pt(6th)
秋吉耕祐  19pt(11th)
酒井大作  16pt(13th)
渡辺一馬  13pt(14th)
寺本幸司  12pt(15th)
小島一浩   6pt(18th)
吉田光弘   5pt(20th)
児玉勇太   2pt(22th)
武石伸也   1pt(24th)

 

【J-GP2-17laps】
[race result]
コンディション-DRY 気温-19℃
1 高橋裕紀 MORIWAKI RACING   32'05.744
2 生形秀之 エスパルスドリームレーシング +5.635
3 岩田悟  NTST.ProProject   +5.875
......................................................................
5 日浦大治朗 MORIWAKI RACING   +18.394
7 渥美心    au&テルル・Kohara RT +25.793

 

[point standings]
高橋裕紀  25pt(1st)
生形秀之  22pt(2nd)
岩田悟   20pt(3rd)
..................................
日浦大治朗  16pt(5th)
渥美心   14pt(7th)

 

【J-GP3-15laps】
[race result]
コンディション-DRY 気温-19℃
1 真崎一輝 Team RSC 29'24.957
2 國峰啄磨 P.MU 7C HARC +0.047
3 栗原佳祐 MuSASHi RT Jr. +18.650
......................................................................
5 菊池寛幸 TEAM TEC2 & NOBBY +18.981
6 水野涼  MuSASHi RTハルクプロ +19.048
10 三原壮紫 Team NOBBY & TEC2 +33.010
11 関野海斗 P.MU 7C HARC  +33.759
13 ゲリー・サリム Astra Honda Racing Team +33.918
14 岡崎静夏 Y!mobile&Kohara RT +34.076


[point standings]
真崎一輝  25pt(1st)
國峰啄磨  22pt(2nd)
栗原佳祐  20pt(3rd)
..................................
菊池寛幸  16pt(5th)
水野涼   15pt(6th)
三原壮紫  11pt(10th)
関野海斗  10pt(11th)
ゲリー・サリム  8pt(13th)
岡崎静夏  7pt(14th)
 


TOP

<__trans phrase="run-periodic-tasks script is running...">