日信工業はアルミ製品とブレーキシステムを通じて「環境」「安心」を探究します。

文字サイズ
  • 大
  • 中
  • 小
  • 日本語
  • 英語
  • HOME
  • オンライン 製品カタログ
  • ニュースリリース
  • 企業情報
  • 株主・投資家情報
  • 環境・社会活動
  • 採用情報

MOTER SPORT

HOME > モータ-スポーツ > 第2戦アメリカズGPでNISSINのK・アブラハムが好パフォーマンスを発揮!!

第2戦アメリカズGPでNISSINのK・アブラハムが好パフォーマンスを発揮!!

激戦のMoto2クラスでもM・シュロッターがトップ15フィニッシュ!

MotoGP第2戦(4/10~/12、アメリカ合衆国・サーキット・オブ・ジ・アメリカズ)

cota_Karel ABRAHAM_6.jpg

 


 2015年シーズンの第2戦はアメリカ大陸へ舞台を移し、アメリカ合衆国テキサス州の州都オースティン郊外にあるサーキット・オブ・ジ・アメリカズで開催された。2012年秋に竣工した当コースは、2013年から毎年この時期にMotoGPが開催され、今年で三年目を迎える。
 5513mの全長は、シーズン18戦のなかでもシルバーストーン(イギリス)、セパン(マレーシア)に次ぐ三番目の長さだ。左11右9からなる計20のコーナーは、いずれも特徴的なレイアウトで構成されている。メインストレート終盤の急激な登りの終端に待ち受ける1コーナーは、折り返すように左へ曲がるブラインドコーナーで、下りながら右へ切り返す2コーナーへと続く。また、ヘアピン状の11コーナーは、長いバックストレートに繋がるアプローチになるため、ここの立ち上がりはトップスピードの伸びに大きく影響する。バックストレートエンドの12コーナーは直角に左方向へ旋回し、そこから最終コーナーまでツイスティな低速コーナーが連続する。以上の説明からも明らかなように、このサーキット・オブ・ジ・アメリカズは、ブレーキの強力なストッピングパワーと積極的にマシンを操るコントロール性能の双方が高いレベルで求められるため、コース攻略同様にブレーキへの難易度は非常に高い。また、その意味では、当地はNISSINにとって優れたブレーキパフォーマンスを発揮する絶好のコースともいえるだろう。

cota_Karel ABRAHAM_8.jpg


 HondaのオープンカテゴリーマシンRC213V-RSで参戦するNISSIN陣営のカレル・アブラハム(ABモトレーシング)は、土曜日の予選で7列目21番手からのスタートとなったが、日曜午後2時(日本時間13日午前4時)にスタートした決勝レースでは、スタートを成功させて周回ごとに着実に前との距離を詰めていった。シーズン2戦目にしてすでにNISSINブレーキの特性を把握しつつあるアブラハムは、ブレーキ操作を利用した積極的なマシンコントロール技術を駆使して前方の選手たちを次々とオーバーテイク。中盤周回でポイント圏内に登り詰めると、さらに前を目指してバトルを続けた。しかし、16周目にマシンに問題が生じたため、次周回でピットへ戻りリタイアを余儀なくされてしまった。

cota_Marcel SCHROTTER_3.jpg


 Moto2クラスでは、マルセル・シュロッター(Tech3 Racing/TECH3)が13位でフィニッシュして3ポイントを獲得。リカルド・カルダス(Tech3 Racing/TECH3)は17位。同じくNISSIN勢のランディ・クルメナッハ(JiR Moto2/KALEX)は21位、ルイ・ロッシ(Tasca Racing Scuderia Moto2/TECH3)は22位で、それぞれ完走を果たした。
 第3戦は舞台を南米に移し、今回との2週連続開催でアルゼンチンGPが開催される。今年が2回目となるテルマス・デ・リオ・オンドサーキットでのアルゼンチンGPは、現地時間の17日(金)午前から、フリー走行1回目がスタートする。


カレル・アブラハム-AB Motoracing-retired
「今日はいいレースをできていたと思う。スタートに成功して、序盤からいい展開になった。15位のポジションを維持しながら、前のニッキーやジャックとの距離もどんどん詰まっていたんだ。でも、ギアボックスのレバーに問題が生じてしまい、リタイヤを余儀なくされてしまった。運が悪かった、のひとことに尽きる」

マルセル・シュロッター-ATech3 Racing/Moto2-13th
「今回はレースウィークを通じていい走りをできていただけに、決勝レースのリザルトには、じつはがっかりしているんだ。レースのスタートはあまり良くなくて、路面はドライのラインの先にウェットパッチがあるような状態だったから、慎重に走ることを余儀なくされて前の選手たちをオーバーテイクするのが難しかった。レース前半はあまりペースを上げることができなかったけれども、終盤になるといいフィーリングで走れるようになってきた。でも、残念ながらその段階では前との差はかなり開いてしまっていた。トップテンフィニッシュもできていた内容だっただけに、それが残念だ。
 とはいえ、チームはとてもいい仕事をしてくれたし、チャンピオンシップポイントを獲得できたのはポジティブなポイントだ。以後のレースでは本来の実力を発揮したい。2週連続開催の第3戦アルゼンチンGPでは、ぜひともいい結果を目指したい。


【MotoGP-21laps】
[race result]
コンディション-Dry 路面温度-36℃ 気温-27℃
1 Marc MARQUEZ Repsol Honda Team 43'47.150
2 Andrea DOVIZIOSO Ducati Team +2.354
1 Valentino ROSSI Movistar Yamaha MotoGP +3.120
......................................................................
retired  Karel ABRAHAM AB Motoracing


[point standings]
V.ROSSI  41pt(1st)
A.DOVIZIOSO  40pt(2nd)
M.MARQUEZ  36pt(3rd)
..................................
K.ABRAHAM  ---

 

【Moto2-19laps】
[race result]
コンディション-Dry 路面温度-23℃ 気温-26℃
1 Sam LOWES Speed Up Racing SPEED UP 41'45.565
2 Johann ZARCO Ajo Motorsport KALEX +1.999
3 Alex RINS Paginas Amarillas HP 40 KALEX +4.622
......................................................................
13 Marcel SCHROTTER Tech3 TECH3 +26.016
17 Ricard CARDUS Tech3 TECH3  +36.405
21 Ranndy KRUMMENACHER JIR Moto2 KALEX +50.471
22 Louis ROSSI Tasca Racing Scuderia Moto2 TECH3 +1'08.825

 

[point standings]
A.RINS  29pt(1st)
J.ZARCO  28pt(2nd)
J.FOLGER 25pt(3rd)
.................................
L.ROSSI 7pt(15th)
M.SCHROTTER 3pt(19th)
R KRUMMENACHER ---
R.CARDUS ---
 


TOP

<__trans phrase="run-periodic-tasks script is running...">