日信工業はアルミ製品とブレーキシステムを通じて「環境」「安心」を探究します。

文字サイズ
  • 大
  • 中
  • 小
  • 日本語
  • 英語
  • HOME
  • オンライン 製品カタログ
  • ニュースリリース
  • 企業情報
  • 株主・投資家情報
  • 環境・社会活動
  • 採用情報

MOTER SPORT

HOME > モータ-スポーツ > 2015年MotoGP開幕戦カタールGPが、恒例のナイトレースでスタート!!

2015年MotoGP開幕戦カタールGPが、恒例のナイトレースでスタート!!

NISSIN陣営のL・ロッシがMoto2クラスでシングルフィニッシュ!

MotoGP第1戦(3/26~/29、カタール・ロサイルインターナショナルサーキット)

Karel ABRAHAM_13.jpg

 中東の地カタールで、2015年のMotoGPシーズンが幕を開けた。当地は初開催の2004年以来、今年で12回目の開催となるが、2008年以降は毎年ナイトレースとして開催されている。今回の開幕戦に先だつ3月14日から16日まで、MotoGPクラスの公式プレシーズンテストが行われていたこともあり、レースウィーク初日も路面コンディションは比較的良好な状態でスタートした。
 ロサイルインターナショナルサーキットは1068mのメインストレートを持つ全長5380mのコースで、右10左6の計16コーナーから構成されている。長いストレートエンドの1コーナー進入ではハードブレーキングを要求される一方で、2コーナー以降は高速から低速まで多彩なコーナーが続き、ブレーキの高いコントロール性も要求される。HondaのオープンカテゴリーマシンRC213V-RSで参戦するNISSIN陣営のカレル・アブラハム(ABモトレーシング)は、当地のプレシーズンテストでファクトリーマシンを凌ぐラップタイムで、最速を記録した選手から0.858秒差という優れたパフォーマンスを発揮しており、今回の開幕戦にも高い期待が集まった。

Karel ABRAHAM_21.jpg


 レースウィークを通じて、ホンダオープン勢のなかでも常に上位につけていたアブラハムは土曜の予選で7列目20番グリッドを獲得し、日曜の決勝日を迎えた。現地時間午後9時に始まったレースで、アブラハムはスタートを決めると少しずつ順位を上げ、ポイント圏内を伺うしたたかな走りを続けた。しかし、最終ラップで残念ながら転倒を喫し、残念ながらリタイアを余儀なくされた。開幕戦のレースでは良いリザルトこそ残せなかったが、ホンダオープン勢の上位で走行し続けた今回のパフォーマンスを見れば、次戦以降のレースで彼の走りが良い結果に結びつくことは間違いない。

Louis ROSSI_3.jpg

                           ルイ・ロッシ(Tasca Racing Scuderia Moto2/TECH3)    
 

 

 Moto2クラスは、何名もの選手が序盤周回から次々に転倒を喫する波瀾の展開になったが、NISSIN陣営の選手たちは、コントロール性に優れたブレーキ性能を巧みに引き出しながら安定した走行を続けた。リカルド・カルダス(Tech3 Racing/TECH3)はスタート直後から好位置につけて、終盤には同じNISSIN勢のルイ・ロッシ(Tasca Racing Scuderia Moto2/TECH3)とスリリングなバトルを展開した。ロッシは9位でチェッカーを受けたが、カルダスは最終ラップで残念ながら転倒。リタイアとなった。マルセル・シュロッター(Tech3Racing/TECH3)は16位、ランディ・クルメナッハ(JiR Moto2/KALEX)は17位でチェッカーを受けた。

Qa.Marcel SCHROTTER_3.jpg

 マルセル・シュロッター(Tech3Racing/TECH3)

 

 

 

 


 

 

 

 

Randy KRUMMENACHER_2.jpgのサムネール画像

 ランディ・クルメナッハ(JiR Moto2/KALEX)

 

 

 

 

 

 

 

 

Qa.Ricky CARDUS_3.jpg

リカルド・カルダス(Tech3 Racing/TECH3) 

 

 

 

 

 

 

 

 

 また、今回のカタールGPでは、アジアタレントカップがサポートレースとして開催された。アジア太平洋地域から将来のMotoGPライダーを発掘し育成しようという主旨に賛同するNISSINは、ブレーキシステムの協賛という形で昨年からこのプロジェクトを支えている。今季のアジアタレントカップに参戦する日本人選手は7名。開幕戦と第2戦は3月21日と22日に、タイで開催されたスーパーバイク世界選手権のサポートレースとして行われ、今回は第3戦と第4戦が行われた。

ASIA_6.jpg


 シーズン第3戦目の第1レースは土曜午後4時にスタート。14周で争われたレースは、6台が0.090差でチェッカーを受ける接戦だったが、ATC参戦2年目の國峰琢磨が優勝、タイのソムキアット・チャントラが二位。佐々木歩夢が三位を獲得した。第4戦目の第2レースは、日曜13時50分にスタート。同じく14周で争われ、前日同様の激しい接戦を制したインドネシアのアンディ・イズディハルが優勝。佐々木が二位で2日連続の表彰台。三位はタイのナカリン・アティラップゥワパットが獲得した。
 ランキングは、4戦すべてで表彰台に登壇した佐々木が76ポイントで首位、アティラップゥワパットが62ポイントで二位、ソムキアット・チャントラが58ポイントでランキング3番手につけている。

ASIA_8.jpg

 


Karel ABRAHAM_17.jpgカレル・アブラハム-AB Motoracing-retired
「今回はオープンカテゴリーの選手たちにとって厳しいレースになった。オープン勢でポイントを獲得できた選手はほとんどいなかったからね。レース序盤はうまく走れたけれども、バイクのグリップが落ちてきてからはブラドル選手と同じペースで走ってバトルすることができなくなった。最終ラップでミラー選手が無理なオーバーテイクを仕掛けてきて、その結果、転倒してしまった。バイクは大破して、僕も打撲を負ってしまった。ミラー選手は自分のミスを認めて、レース後には謝りに来てくれた。ポイント圏内を走行していなかったことが、不幸中の幸いだね」

 

 

 

 

ASIA_11.jpgのサムネール画像Asia Talent Cup Race-1の表彰台の様子

左から

2位: ソムキアット・チャントラ(タイ)

1位: 國峰琢磨(日本)

3位: 佐々木歩夢(日本)

 (日((
 

 

【MotoGP-22laps】
[race result]
コンディション-Dry 路面温度-28℃ 気温-22℃
1 Valentino ROSSI Movistar Yamaha MotoGP 42'35.717
2 Andrea DOVIZIOSO Ducati Team +0.174
3 Andrea IANNONE Ducati Team +2.250
......................................................................
retired  Karel ABRAHAM AB Motoracing


[point standings]
V.ROSSI  25pt(1st)
A.DOVIZIOSO  20pt(2nd)
A.IANNONE  16pt(3rd)
..................................
K.ABAHAM  ---

 

【Moto2-20laps】
[race result]
コンディション-Dry 路面温度-29℃ 気温-22℃
1 Jonas FOLGER AGR Team KALEX 40'18.532
2 Xavier SIMEON Federal Oil Gresini Moto2 KALEX +5.051
3 Thomas LUTHI Derendinger Racing Interwetten KALEX +12.123
......................................................................
9  Louis ROSSI Tasca Racing Scuderia Moto2 TECH3 +20.914
16 Marcel SCHROTTER Tech3 TECH3 +34.561
17 Ranndy KRUMMENACHER JIR Moto2 KALEX +36.850

retired Ricard CARDUS Tech3 TECH3


[point standings]
J.FOLGER 25pt(1st)
X.SIMEON 20pt(2nd)
T.LUTHI  16pt(3rd)
.................................
L.ROSSI 7pt(9th)
M.SCHROTTER ---
R KRUMMENACHER ---
R.CARDUS ---


【ATC-14laps】
[Race-1 result]
コンディション-Dry 路面温度-38℃ 気温-28℃
1 Takuma KUNIMINE JPN 31'04.888
2 Somkiat CHANTRA THA +0.030
3 Ayumu SASAKI JPN +0.036
 
[Race-2 result]
コンディション-Dry 路面温度-49℃ 気温-28℃
1 Andi IZDIHAR INA 31'04.077
2 Ayumu SASAKI JPN +0.029
3 Nakarin ATIRATPHUVAP THA +0.058

[point standings]
A.SASAKI 76pt(1st)
N.ATIRATPHUVAP 62pt(2nd)
S.CHANTRA 58pt(3rd)


TOP

<__trans phrase="run-periodic-tasks script is running...">