日信工業はアルミ製品とブレーキシステムを通じて「環境」「安心」を探究します。

文字サイズ
  • 大
  • 中
  • 小
  • 日本語
  • 英語
  • HOME
  • オンライン 製品カタログ
  • ニュースリリース
  • 企業情報
  • 株主・投資家情報
  • 環境・社会活動
  • 採用情報

MOTER SPORT

HOME > モータ-スポーツ > 2014年SBKの年間最終戦でJ・レイが年間総合3位を獲得!

2014年SBKの年間最終戦でJ・レイが年間総合3位を獲得!

NISSINブレーキの特性を存分に発揮して表彰台に登り、一年を締めくくる!!

SBK第12戦(10/31~11/02、カタール:ロサイルサーキット)

7733_R12_Qatar_Rea_GB38653.jpg

 

 SBKの2014年シーズンもいよいよ今回の第12戦で最終戦を迎えた。戦いの舞台は、中東カタールの首都ドーハ郊外にあるロサイルサーキット。MotoGPでは毎年、開幕戦が開催される場所としても知られている。ウィークの走行スケジュールは、MotoGPと同様に日没後で、砂漠の中でコースを明るく照らし出すライトアップの効果もあって華やかさがいっそう際立つレースだ。
 このロサイルサーキットは、右10左6の計16コーナーから構成される全長5380mのコースで、全体的に起伏のほとんどないフラットな構造ながら、高速コーナーから低速コーナーまで多彩なコーナーが連続し、メインストレートも1068mと非常に長い。つまり、これらのコーナーをリズム良く駆け抜けて最終コーナーをうまく立ち上がり、直線では高いトップスピードをマークして1コーナーの鋭いブレーキングで効率的な旋回動作に入るライディングと、それを可能にするバランスの良いセッティングが、当サーキットの勝負を大きく左右する。
 NISSIN陣営のJ・レイ(PATA Honda World Superbike Team:Honda CBR1000RR)は、金曜のフリープラクティス1回目で早速トップタイムを記録し、好調な走り出しを見せた。土曜のフリープラクティス3回目でも切れ味鋭い走りで、トップと0.1秒差の2番手タイム。高いレベルのラップタイムを刻む一方で、決勝レースに向けたセットアップも順調に煮詰め、3列目7番グリッドから日曜夜の決勝レースを迎えることになった。
 日没後の現地時間午後7時(日本時間11月3日午前1時)に始まった第1レースでは、レイはスタートを成功させてオープニングラップでは2番手につけた。その後もリズム良く安定したラップタイムで周回を続け、17周の戦いを終えて4位でゴール。2014年の最後のレースとなる第2レースに備え、さらに闘争心を高めていった。

4176_R12_Qatar_Rea_GB33887.jpg


 午後10時(日本時間11月3日午前4時)にスタートした第2レースでも、レイは高い戦闘力を発揮した。序盤周回では2周目にトップに立つと、NISSINブレーキの特性を知り尽くした円熟のライディングでレースをリード。コーナー進入での鮮やかなブレーキングと、柔軟で高いコントロール性能を活かした高い旋回性でライバル選手たちを圧倒した。レース中盤になっても、レイは闘志溢れる走りでファクトリーマシンを駆るライバルたちと互角以上の戦いを披露し、最後は2位でチェッカーフラッグを受けた。この2位表彰台により、レイは2014年シーズンのランキング3位という素晴らしい結果を獲得した。また、この第2レースの結果、アプリリアファクトリーのシルヴァン・ギュントーリ選手が年間チャンピオンの座に就いた。

4176_R12_Qatar_Rea_GB49064.jpg


 その他のNISSIN陣営の選手たちは、ブライアン・スターリング(IRON BRAIN Gillini Kawasaki SBK Team:Kawasaki ZX-10R:EVO)が第1レースで15位、第2レースでは13位を獲得した。ジェレミー・ガルノーニ(MRS Kawasaki:Kawasaki ZX-10R:EVO)は第1レースで16位、第2レースは転倒リタイア。シェリダン・モライス(IRON BRAIN Gillini Kawasaki SBK Team:Kawasaki ZX-10R:EVO)は土曜日のFP4で転倒し、以後の走行をキャンセルした。


ジョナサン・レイ-PATA Honda World Superbike Team-4th/2nd
「カタールの夜を照らし出す灯りに照らされて表彰台に登壇し、シーズンを締めくくることができて本当にハッピーだ。サーキットでは素晴らしい雰囲気を楽しめたし、ホテルでは日中にプールでリラックスしながら、自分が今の仕事をできて、今ここにいる幸運さを噛みしめているんだ。今シーズン、全力を尽くして戦ってくれたチームに感謝をしたい。本当に乗り心地のいいバイクに仕上げてくれたし、今年一年を通じてCBRの開発を大きく進めることができたと思う。今シーズンは何回も表彰台を獲得し、最後はランキング3位で終えることができたので、とても幸せに感じている。来シーズンも、この調子でがんばってゆきたい」

 

【Race1-17laps】
[race result]
コンディション-DRY 路面温度-30℃ 気温-27℃
1 S.GUINTORLI Aprilia Racing Team 33'46.738
2 L.BAZ  KAWASAKI  Racing Team +2.650
3 T.SYKES  KAWASAKI  Racing Team +3.955
......................................................................
4 J.REA PATA Honda World Superbike +4.805
15 B.STARING IRON BRAIN Grillini Kawasaki +43.360
16 J.GUARNONI MRS Kawasaki  +46.260

 

【Race2-17laps】
[race result]
コンディション-DRY 路面温度-28℃ 気温-26℃
1 S.GUINTORLI Aprilia  Racing Team 33'41.803
2 J.REA PATA Honda World Superbike +3.568
3 T.SYKES  KAWASAKI  Racing Team +5.092
......................................................................
13 B.STARING IRON BRAIN Grillini Kawasaki +46.248
retired J.GUARNONI MRS Kawasaki

 

[point standings]
S.GUINTOLI 416pt(1st)
T.SYKES  410pt(2nd)
J.REA  334pt(3rd)
..................................
J.GUARNONI  45pt(14th)
S.MORAIS  24pt(18th)
B.STARING  18pt(22th)
M.FABRIZIO   2pt(32th)


TOP

<__trans phrase="run-periodic-tasks script is running...">