日信工業はアルミ製品とブレーキシステムを通じて「環境」「安心」を探究します。

文字サイズ
  • 大
  • 中
  • 小
  • 日本語
  • 英語
  • HOME
  • オンライン 製品カタログ
  • ニュースリリース
  • 企業情報
  • 株主・投資家情報
  • 環境・社会活動
  • 採用情報

MOTER SPORT

HOME > モータ-スポーツ > 伝統のマン島TTレースでNISSIN陣営が表彰台の頂点に立つ!!

伝統のマン島TTレースでNISSIN陣営が表彰台の頂点に立つ!!

電動バイクのTT Zeroクラスで無限Mugen神電参が1-2フィニッシュ

マン島TTレース・TT Zero クラス(予選:5/31、6/02 決勝:6/04)

Facebook_JM_20140604_110445_A274035.jpg

 英国領マン島で1907年以来連綿と開催されてきた伝統の公道レース、マン島TTレースで今年も熱い戦いが繰り広げられている。レース期間中は、排気量ごとに様々なクラスのレースが行われるが、そのなかのゼロエミッション(排気ガスを排出しない車両で争われる、事実上の電動バイククラス)で、NISSINブレーキを装着したマシンが表彰台の頂点に立った。
 このクラスは2009年にテスト的に開始され、翌2010年から正式カテゴリの「TT Zero」クラスとして位置付けられることになった。環境保全を重視する世界的風潮と歩調を合わせる格好で大学生チームやベンチャー企業なども興味を示し、注目と人気が集まるなか、四輪レース活動等で有名なブランドのMugen(無限/M-TEC)も参戦を表明。オリジナル電動バイク神電(SHINDEN)を開発し、2012年から同カテゴリでの参戦を開始した。
 マン島TTで行われる公道レースは、クローズドサーキットで行われるMotoGPやSBK等のレースと異なり、時間差を開けて一台ずつスタートして規定周回の総ラップタイムを競うタイムトライアル方式で争われる。
 TT Zeroクラスはマウンテンコース(60.725km)を一周し、そのタイムを競う。このクラスに無限神電が参戦を開始したのは2012年。マン島では数々の優勝経験を持ち、コースの特性を隅々まで知り尽くしているレジェンドライダー、ジョン・マックギネスを起用し、必勝態勢を整えた。ほとんどのパーツを日本国産メーカーで固め、伝統の舞台で将来のエコロジー社会に有用な最新技術開発を推進しようとする彼らの志に賛同したNISSINは、この無限神電にブレーキを提供し、挑戦初年度から彼らの足許をしっかりと支えてきた。
 2012年のレースは、初挑戦にもかかわらず2位を獲得。開発初年度のマシンでありながら、平均速度163.544km、最高速260km/hを記録した。電動バイクの常識を凌駕するこのハイパワーな動力性能を、NISSIN製ブレーキの優れた効力とコントロール性が支えぬいたレースだった。
 挑戦2年目となった2013年は、細部に改良を施した神電貳で再挑戦。表彰台の頂点を目指したが、この年も2位で終えた。そして、2014年のマン島に、神電参はNISSINとともに3回目の挑戦を開始した。今度こそ、狙うは表彰台の頂点のみ。ライダーはジョン・マックギネス(ゼッケン#1)とブルース・アンスティ(ゼッケン#3)という2台体制だ。

Facebook_Podium_20140604_112841_B124766.jpg


 TT Zeroクラスは、5月30日、5月31日、6月02日にプラクティスが行われる。5月30日の走行は純粋な練習走行だが、5月31日と6月02日は計時予選で、このいずれか走行で規定ラップタイム(45分)をクリアしなければ決勝へ進むことができない。5月31日の走行で、アンスティはTT Zeroクラスのラップレコードを更新する20分08秒914を叩き出した。マックギネスも20分41秒917で完走し、両名がこの日のタイムでトップ2を占めた。6月02日の走行でも両名は高水準の安定した走りを披露し、04日の決勝レースに駒を進めた。
 6月04日のレースは現地時間午前10時45分にスタート。1台ずつが10秒ごとのインターバルでスタート地点を出発した。プラクティスでも2台の神電参はずば抜けた速さを披露していたが、決勝でも両選手はそのハイパフォーマンスをいかんなく発揮した。
 最初にスタートしたマックギネスは19分17秒300でチェッカー。やや遅れてアンスティも19分40秒625のラップタイムでゴール。自らの記録した既存レコードを大幅に塗り替えながら1-2フィニッシュを飾った神電は、ついに三年目の正直を達成した。今回のレースは、公道レースという場で、電動レーシングバイクの高い性能を存分に引き出すためにブレーキを提供してきたNISSINにとって、その高い信頼性をあらためて世界に広く知らしめる絶好の機会になった。

 

Facebook_Crew_20140604_111815_A274121.jpg


[Race Result]
1 John McGuinness Shinden San/Team Mugen 19:17.300
2 Bruce Anstey  Shinden San/Team Mugen 19:40.625
3 Robert Barber  Buckeye Current RW-2.x/The Ohio State 24:12.230
4 Robert Wilson  Sarolea/Team Sarolea Racing 24:12.600
5 Mark Miller  VercarMoto/VercarMoto 26:22.562


TOP

<__trans phrase="run-periodic-tasks script is running...">