日信工業はアルミ製品とブレーキシステムを通じて「環境」「安心」を探究します。

文字サイズ
  • 大
  • 中
  • 小
  • 日本語
  • 英語
  • HOME
  • オンライン 製品カタログ
  • ニュースリリース
  • 企業情報
  • 株主・投資家情報
  • 環境・社会活動
  • 採用情報

MOTER SPORT

HOME > モータ-スポーツ > リカルド・カルダスが地元カタルーニャGPで大活躍!

リカルド・カルダスが地元カタルーニャGPで大活躍!

ホームGPで自己ベストの7位フィニッシュを達成!!

MotoGP第7戦(6/13~15、スペイン:カタルーニャ・サーキット)

 

Alvaro BAUTISTA_11.jpg


 シーズン2回目のスペイン開催となるカタルーニャGP。戦いの舞台カタルーニャサーキットは、スペイン第二の都市バルセロナ郊外に位置している。サーキット近くには電車の駅もあり、レースウィークには市街からサーキットまでの往復バスも増便されるため、市内からのアクセスは非常に良く、今年も大勢のレースファンが観戦に訪れた。
 全長4,727mで左5右8の計13コーナーで構成される当コースは、メインストレートが1,047mと長く、低速中速高速と多彩なコーナーが配置されているテクニカルなレイアウトだ。メインストレート後の1コーナーは下り勾配でタイトに旋回するため、ブレーキには高い制動力が要求される。また、バックストレートエンドの10コーナーも、ハードなブレーキングから左へ大きく回り込む場所で、決勝レースでは大きな勝負どころのひとつになる。続く11コーナーにかけてコースは上り勾配になり、12コーナーから一気に下りながら高速コーナーの最終13コーナーを経てゴールラインへ向かう。適切な速度域へ一気に減速する制動力と、旋回動作を巧みに操るコントロール性の双方が高いレベルでバランスしていることが勝負を左右するため、ブレーキにとっては全18戦中でもシビアなコースのひとつといえるだろう。
 このカタルーニャサーキットに、今回のレースウィークでは7コーナーのコースサイドにNISSINの広告看板が掲示された。MotoGPを運営するDORNAスポーツ社が今年から開始したアジアタレントカップにNISSINはブレーキを協賛しており、その協賛に対応してDORNAが今回のレースで広告を掲示する運びとなった。この広告により、全力で戦う選手たちを支えるNISSINブレーキのロゴマークは各国のテレビ中継を通じて世界中のMotoGPファンにアピールし、優秀な性能と存在感をあらためて広く周知することになった。

Scott REDDING_2.jpg

 
 15日(日)現地時間午後2時(日本時間午後9時)に始まったMotoGPクラスの決勝レースは25周で争われた。スペイン出身のNISSIN陣営選手、アルバロ・バウティスタ(GO & FUN Honda Gresini/HONDA)は、今回のホームGPで是非ともいい結果を持ち帰るべく、決勝レースに臨んだが、不運にも車両トラブルが発生。4周目にピットへ戻り、無念のリタイアを余儀なくされた。
 オープンカテゴリーのマシン、RCV1000Rを駆るチームメイトのスコット・レディングは、12位でフィニッシュ。RCV1000R勢の最上位でチェッカーを受けた。

Ricky CARDUS_1.jpg

                                                                                                                                リカルド・カルダス(Tech3)
 

 Moto2クラスでは、今回がホームGPとなるスペイン人選手のリカルド・カルダス(Tech3)が大活躍した。カルダスは土曜の予選で7列目20番グリッドスタートと低位を強いられたが、決勝レースでは奮起し、1周目で10番手へ一気にジャンプアップ。その後も、NISSINブレーキの特性を存分に引き出しながら、鋭いブレーキングと安定したマシンコントロールでライバル選手を次々とオーバーテイク。最後はキャリア自己ベストの7位でゴールした。

Lorenzo BALDASSARRI_2.jpg

                                    #7ロレンツォ・バルダッサーリ(Gresini Moto2)    #19ビエル・シメオン(Federal Oil Gresini Moto2) 

 

Tetsuta NAGASHIMA_1.jpg                                                                                                                       長島哲太(Teluru Team JiR Webike)     
 

  ロレンツォ・バルダッサーリ(Gresini Moto2)も8列目24番手という後方からのスタートだったが、高い水準の安定した走りでどんどん順位を上げ、こちらも自己ベストとなる11位でフィニッシュした。
 ザビエル・シメオン(Federal Oil Gresini Moto2)は、18周目に10コーナーの旋回時にフロントを切れこませて転倒。残念ながらリタイアとなった。シメオンの後方では、、前回のイタリアGPからNISSIN陣営に加入した日本人選手の長島哲太(Teluru Team JiR Webike)も同じ場所で同様の転倒を喫したが、長島はマシンを引き起こしてコースへ復帰。23位で完走を果たした。
 次戦オランダGPは、伝統のTTサーキット・アッセンで開催。長年の伝統に従い、6月28日(土)に決勝レースが行われる。

 

アルバロ・バウティスタ-GO&FUN Honda Gresini-リタイア
「わずか3周を走っただけなのに、ストレートでバイクがストップしてしまい、それ以上は走り続けることができなくなった。データを見てみたところ電気系の問題のようだが、詳細はこれから解析する予定だ。昨日は転倒してしまったけれども、今日は全力で決勝レースに臨み、最初の数周はいいフィーリングで走れていただけに、本当に残念だ。いいリザルトを残すことができたと思うけれども、このような事態だけはどうしようもない。明日のテストでしっかりと走りこみ、次のレースに備えたい」

 

リカルド・カルダス-Tech3/Moto2-7位
「なによりも最初に、チームの皆とスポンサー、ポンシャラル監督とTech3の人々に感謝と御礼を言いたい。今回のレースウィークはセッティングをいろいろと試し、問題を解決するためにチームと全力で取り組んだ。いい方向性を見いだせたと思う。少しずつバイクを良くしていくことができたので、決勝レースではとても気持ち良く乗ることができた。スタートを決めて序盤数周はトップグループについていき、最後は7位でチェッカーフラッグを受けた。今日のリザルトは本当にうれしい。後方のグリッドからのスタートで、家族や友人たちの前でいい結果を出せたのだから格別な気分だ。週が明けると、まずここでテストをしてからアラゴンでもテストをする予定だ。いまからバイクにのりたくてうずうずしているんだ。今後のレースでは、さらに自信を持って臨みたい」

 

【MotoGP-25laps】
[race result]
コンディション-DRY 路面温度-34℃ 気温-22℃
1 Marc MARQUEZ Repsol Honda Team 42'56.914
2 Valentino ROSSI Movistar Yamaha MotoGP +0.512
3 Dani PEDROSA Repsol Honda Team +1.844
......................................................................
12 Scott REDDING GO & FUN Honda Gresini +42.921

retired Alvaro BAUTISTA GO & FUN Honda Gresini


[point standings]
M.MARQUEZ  175pt(1st)
V.ROSSI  117pt(2nd)
D.PEDROSA   112pt(3rd)
..................................
A.BAUTISTA  34pt(11th)
S.REDDING  25pt(14th)


【Moto2-23laps】
[race result]
コンディション-DRY 路面温度-45℃ 気温-25℃
1 Esteve RABAT Marc VDS Racing Team KALEX 41.23.197
2 Maverick VINALESsPaginas Amarillas HP 40  KALEX +4.244
3 Johann ZARCO AirAsia Caterham CATERHAM SUTER +11.157
......................................................................
7 Ricard CARDUS Tech3 TECH3 +21.275
11 Lorenzo BALDASSARRI Gresini Moto2 SUTER +33.076
23 Tetsuta NAGASHIMA Teluru Team JiR Webike TSR +1'22.101

retired Xavier SIMEON Federal Oil Gresini Moto2 SUTER


[point standings]
E.RABAT 149pt(1st)
M.KALLIO 115pt(2nd)
M.VINALES 89pt(3rd)
.................................
X.SIMEON 31pt(13th)
R.CARDUS 22pt(16th)
L.BALDASSARRI  5pt(25th)
T.NAGASHIMA ---
 


TOP

<__trans phrase="run-periodic-tasks script is running...">