日信工業はアルミ製品とブレーキシステムを通じて「環境」「安心」を探究します。

文字サイズ
  • 大
  • 中
  • 小
  • 日本語
  • 英語
  • HOME
  • オンライン 製品カタログ
  • ニュースリリース
  • 企業情報
  • 株主・投資家情報
  • 環境・社会活動
  • 採用情報

MOTER SPORT

HOME > モータ-スポーツ > 全日本ロードレース選手権・ツインリンクもてぎでNISSIN勢が大活躍!

全日本ロードレース選手権・ツインリンクもてぎでNISSIN勢が大活躍!

J-GP2の高橋裕紀が2連勝、J-GP3クラスでは表彰台を占拠する!!

MFJ SUPERBIKE 全日本ロードレース選手権(5/24・25、栃木県:ツインリンクもてぎ)

高橋裕紀s.jpg

                                    初戦から2連勝を達成 高橋裕紀(MORIWAKI RACING:MORIWAKI-MD600) 

 

 2014年シーズンの全日本ロードレース選手権が栃木県のツインリンクもてぎで開催された。今回は、最高のJSBクラスがシーズン3戦目、J-GP2クラスが2戦目となる。最小排気量のJ-GP3クラスは、土曜日に2戦目の決勝、日曜に3戦目の決勝を行うダブルヘッダー方式で開催された。
 

山口辰也s.jpg

                                 抜群のコーナリングスピードを見せる 山口辰也(TOHORacingwithMORIWAKI:Honda-CBR1000RR) 

 

 日本のロードレース最高峰JSBクラスは、土曜の午後にノックアウト方式の予選を実施。50分間で行うQP1の上位タイム記録者10名が上位に進出してトップグリッドを競う。NISSIN陣営の山口辰也(TOHORacingwithMORIWAKI:Honda-CBR1000RR)は、クラス内でも屈指の実力選手だけに、QP1は危なげない高水準の走りを披露し、着実にQP2進出への切符を手中に収めた。続くQP2では、トップタイムこそ逃したものの、ポールポジションタイムから0.893秒差で2列目6番グリッドを確保した。

酒井大作s.jpg

                                いつも熱い走りで観客を魅了する酒井大作(Flex D.R.E. Motorrad39:BMW-S1000RR)

 日曜の決勝レースでスタートを成功させた山口は、オープニングラップからトップグループを構成。激しい先頭争いのバトルを冷静に見極めながら、3周目には3番手につけるクレバーな走りを見せた。その後も戦況とタイヤライフを見定めながら安定した高水準の走りを続け、5位でチェッカーを受けた。酒井大作(Flex D.R.E. Motorrad39:BMW-S1000RR)は7位でフィニッシュした。
須貝義行s.jpg

                                   少数派のDUCATIで健闘 須貝義行(チームスガイレーシングジャパン:Ducati-1199PanigaleR)

 吉田光弘(Honda熊本レーシング:Honda-CBR1000RR)は12位、須貝義行(チームスガイレーシングジャパン:Ducati-1199PanigaleR)は13位。山中正之(HondaQCT明和レーシング:Honda-CBR1000RR)は16位と、NISSIN勢は以上の5選手が今回の大会でポイントを獲得した。本田恵一(HondaEGレーシング:Honda-CBR1000RR)は24位。大橋靖洋(HondaブルーヘルメットMSC熊本:Honda-CBR1000RR)は27位で完走を果たした。森健祐(HondaブルーヘルメットMSC熊本:Honda-CBR1000RR)は、残念ながら土曜の予選を通過せず、決勝レースへの進出はならなかった。


 J-GP2クラスでは、世界の頂点MotoGPで何度も表彰台を獲得してきた高橋裕紀(MORIWAKI RACING:MORIWAKI-MD600)が、その実力をいかんなく発揮。前戦のオートポリスでも圧倒的な速さを見せつけたが、今回もその高い能力を存分に見せつけた。土曜の予選ではポールポジションをあっさりと獲得。日曜の決勝レースはライバル選手たちと熾烈なバトルを繰り広げた。

高橋裕紀レース1s.jpg
 序盤周回から先頭集団を構成した高橋は、NISSINブレーキのコントロール性能をフルに発揮してライバルたちをコーナー進入のブレーキ勝負で差し、走行ラインをきっちりと抑え込むコントロール性の高さを引き出す優れた技術を披露。迫り来るライバルたちを相手に、一歩も退かない戦いを展開した。緊張感に満ちた激しい攻防が続いたレースだったが、高橋は緻密かつ大胆な走りでライバル選手たちをみごとにしのぎきり、今回も優勝のチェッカーフラッグを受けた。高橋は前戦に引き続き、これで2連勝を達成。

 

渡辺一馬s.jpg

                            地元栃木県出身 渡辺一馬(テルル&EM★KoharaRT:KALEX)
 

 渡辺一馬(テルル&EM★KoharaRT:KALEX)は6位、野田弘樹(テルル&EM★KoharaRT:TSR-TSR2)は13位でそれぞれチェッカーを受け、ともにチャンピオンシップポイントを獲得した。また、MotoGPのMoto2クラスを戦う長島哲太は、今回のレースに、‘Bラリーアート&テルル TSR’(TSR2)チームからスポット参戦。10位でチェッカーを受けた。

 GP3レース1s.jpg

                                  J-GP3クラス Race1 NISSINユーザーが表彰台を独占 左から 2位山田 優勝 鳥羽 3位水野
 

 最小排気量のJ-GP3クラスは、今回の大会にエントリーした39台のうち25台がNISSINライダーという激戦クラス。全体に占めるNISSINの割合は、65パーセントという高占拠率だ。今大会では、土曜と日曜の2回、決勝レースが行われたが、いずれも手に汗握る激しいバトルが繰り広げられた。
 土曜日のシーズン第2戦決勝では、鳥羽海渡(TEC2&TDA&NOBBY:Honda-NSF250R)とポールポジションスタートの山田誓己(リベルトPLUSONE & ENDURANCE:Honda-NSF250R)が、真っ向勝負を展開した。序盤から最終ラップまで緊迫感に満ちたバトルを続けた両選手は、16周の戦いを終えて鳥羽がまっさきにチェッカーフラッグを受けた。山田は0.042秒の僅差で惜しくも2位フィニッシュ。3位には、水野涼(MuSASHi RTハルクプロ:Honda-NSF250R)が入り、NISSIN勢が表彰台を独占した。
 岡田義治(PLUSONE&渉太郎&48)が4位、関野海斗(P.mu 7C HARC)7位、作本輝介(Club PARIS RSC)8位、小室旭(テルル&EM★KoharaRT)10位、と、トップテンフィニッシュのうち中7台がNISSINライダーだった。

山田誓己s.jpg                                鋭いコーナー進入を見せる! 山田誓己(リベルトPLUSONE & ENDURANCE:Honda-NSF250R) 
 

 日曜のシーズン第3戦では、山田が再びポールポジションからのスタートとなり、激しいトップ争いを制して今季初優勝。水野が3位でNISSIN陣営が1-3フィニッシュとなった。
 岡田義治4位、作本輝介6位、澁田晨央(ウイダーHot Racing.iF)7位、小室旭8位、栗原佳祐(CLUB HARC-PRO)9位、伊藤和輝(Kohara Racing)10位、と、このレースでもNISSIN陣営の強さが圧倒的に目立つ結果になった。

岡崎静夏s.jpg                             注目の女性ライダー岡崎静夏(KoharaRT:Honda-NSF250R ) 18位入賞  もんもも1818
 

 

 次戦の全日本ロードレース選手権は、6月28/29日に宮城県のスポーツランドSUGOで開催される。

 


【JSB1000-19laps】
[race result]
コンディション-DRY
1 高橋巧 MuSASHi RTハルクプロ 34'57.934
2 中須賀克行 ヤマハYSPレーシングチーム +1.529
3 津田拓也 ヨシムラスズキシェルアドバンス +7.000
......................................................................
5 山口辰也 TOHORacingwithMORIWAKI +9.648
7 酒井大作 Flex D.R.E. Motorrad39 +50.136
12 吉田光弘 Honda熊本レーシング +1'31.636
13 須貝義行 チームスガイレーシングジャパン +1'34.407
15 山中正之 HondaQCT明和レーシング +1'51.459
24 本田恵一 HondaEGレーシング 1lap
27 大橋靖洋 HondaブルーヘルメットMSC熊本 1lap

[point standings]
高橋巧   72pt(1st)
中須賀克行  69pt(2nd)
津田拓也  52pt(3rd)
..................................
山口辰也  46pt(6th)
酒井大作  25pt(9th)
吉田光弘  25pt(10th)
須貝義行  17pt(14th)
小島一浩  13pt(17th)
山中正之   5pt(23th)
森健祐    3pt(30th)
大橋靖洋   2pt(32th)


【J-GP2-18laps】
[race result]
コンディション-DRY
1 高橋裕紀 MORIWAKI RACING 34'12.837
2 生形秀之 エスパルスドリームレーシング +0.449
3 井筒仁康 WILL-RAISE&RS-I +4.523
......................................................................
6 渡辺一馬 テルル&EM★KoharaRT +15.026
10 長島哲太 Bラリーアート&テルル TSR +26.190
13 野田弘樹 テルル&EM★KoharaRT +56.324

[point standings]
高橋裕紀  50pt(1st)
生形秀之  42pt(2nd)
Decha KRAISART  38pt(3rd)
..................................
渡辺一馬  15pt(11th)
野田弘樹  12pt(13th)
長島哲太  11pt(14th)


【J-GP3-16laps】(2014年シーズン第2戦)
[race result]
コンディション-DRY
1 鳥羽海渡 TEC2&TDA&NOBBY 32'31.979
2 山田誓己 リベルトPLUSONE & ENDURANCE +0.042
3 水野涼 MuSASHi RTハルクプロ +9.104
......................................................................
4 岡田 義治 PLUSONE&渉太郎&48 +9.427
6 徳留真紀 Tome Team PLUSONE +9.526
7 関野海斗 P.mu 7C HARCC +16.706
8 作本輝介 Club PARIS RSC +16.954
10 小室 旭 テルル&EM★KoharaRT +24.779

【J-GP3-18laps】(2014年シーズン第3戦)
[race result]
コンディション-DRY
1 山田誓己 リベルトPLUSONE & ENDURANCE 36'30.912
2 大久保光 HotRacing +1.050
3 水野涼 MuSASHi RTハルクプロ +1.227
......................................................................
4 岡田 義治 PLUSONE&渉太郎&48 +9.427
6 作本輝介 Club PARIS RSC +23.167
7 澁田晨央 ウイダーHot Racing.iF +25.863
8 小室 旭 テルル&EM★KoharaRT +32.940
9 栗原佳祐 CLUB HARC-PRO +32.982
10 伊藤和輝 Kohara Racing +33.644


[point standings]
山田誓己  69pt(1st)
大久保光  58pt(2nd)
水野涼   58pt(3rd)
..................................
鳥羽海渡  50pt(4th)
岡田義治  36pt(5th)
徳留真紀  34pt(6th)
岩戸亮介  31pt(7th)
作本輝介  28pt(8th)
澁田晨央  26pt(10th)


TOP

<__trans phrase="run-periodic-tasks script is running...">