日信工業はアルミ製品とブレーキシステムを通じて「環境」「安心」を探究します。

文字サイズ
  • 大
  • 中
  • 小
  • 日本語
  • 英語
  • HOME
  • オンライン 製品カタログ
  • ニュースリリース
  • 企業情報
  • 株主・投資家情報
  • 環境・社会活動
  • 採用情報

MOTER SPORT

HOME > モータ-スポーツ > アルバロ・バウティスタがフランスGPで3位表彰台を獲得!!

アルバロ・バウティスタがフランスGPで3位表彰台を獲得!!

ストップ&ゴーのル・マンサーキットで高いブレーキ性能を発揮!

MotoGP第5戦(5/16~/18、フランス:ル・マン・サーキット)

Alvaro BAUTISTA_5 LM.jpg


 第5戦フランスGPの舞台は、ル・マン・サーキット。レイアウトは短い直線を中低速コーナーやシケインなどで繋ぐ典型的なストップ&ゴータイプだ。平均速度は160km/h少々と、けっしてハイスピードコースではないが、しっかりと減速して短い直線の加速につなげていくことが要求される。そのために、選手はブレーキレバーをほぼコース全域にわたって操作し続けることになるため、ブレーキにとっては全18戦中でも厳しいコースのひとつといえるだろう。性能面では、コーナー手前でのすばやく安定性の高い減速と、速度を調節するマシンコントロールの両面で、高い効力とコントロール性の両立が要求される。また、当地は首都パリから南西へ200kmほど離れたロワール地方に位置しており、レースが行われる5月中旬は雨に悩まされることが多い。ウェットコンディションでのブレーキセットアップが毎年のように必須となるが、今年はレースウィークを通じて好天に恵まれ、週末を通じてドライセッションで推移した。

Alvaro BAUTISTA_2 LM.jpg
 現地時間日曜午後2時にスタートし、全28周回で争われた決勝レースでは、NISSIN陣営の(GO & FUN Honda Gresini/HONDA)が、長年愛用するNISSINブレーキのポテンシャルを最大に引き出してライバル勢を圧倒。3位でチェッカーを受け、今季初表彰台を獲得する活躍を披露した。

Alvaro BAUTISTA_3 LM.jpg
 金曜のフリープラクティスで3番手だったバウティスタだが、土曜の予選は7番手のタイムで終え、3列目7番グリッドから日曜の決勝レースを迎えた。レース序盤は一時、スタート順位よりも低い8番手まで下げてしまったが、それでもけっして焦ることなく冷静に周囲の状況を確認しながら、バウティスタは順位を回復していった。落ち着いたブレーキ操作とメリハリの効いたスロットルコントロールでバウティスタは前の選手を着実に追い抜いてゆき、全周回の半ばを迎える14周目には4番手まで位置を回復していた。その後も追撃の手を緩めることなく、鋭いブレーキングとクイックな立ち上がりという持ち前の武器を存分に使いこなして、18周目には3番手に浮上。全28周の戦いを終え、マルケス選手とロッシ選手というホンダとヤマハのファクトリーチーム勢に次ぐ3位でチェッカーフラッグを受けた。

Scott REDDING_3 LM.jpg
 チームメイトで、オープンカテゴリーマシンのRCV1000Rを駆るスコット・レディングは12位でフィニッシュし、チャンピオンシップポイントでもさらに4点を加算した。

 

Lorenzo BALDASSARRI LM.jpg

ロレンツォ・バルダッサーリ(Gresini Moto2)

 

 

 

 

 

 

 

 

Ricky CARDUS LM.jpg


リカルド・カルダス(Tech3)

 

 

 

 

 

 

 

 Moto2クラスでは、。ロレンツォ・バルダッサーリ(Gresini Moto2)が20位、リカルド・カルダス(Tech3)が26位で完走し、ともにチェッカーフラッグを受けた。ザビエル・シメオン(Federal Oil Gresini Moto2)は、オープニングで転倒し、残念ながらリタイアを余儀なくされた。

 

Alvaro BAUTISTA_4 LM.jpg


アルバロ・バウティスタ-GO & FUN Honda Gresini-3位
「今日は素晴らしい一日になった。今シーズンは序盤数戦で結果を残すことができず、苦しいスタートになったけれども、絶対に諦めずにがんばり続けてきた。今回のレースウィークでも、チームは全力を尽くしてくれた。心から感謝をしたい。いつもずば抜けた走りをするマルク(・マルケス:レプソル・ホンダ・チーム)を別にすれば、ぼくはプラクティスで他のトップ勢に迫るタイムを出せていたから、決勝でもいいレースができると思っていたんだ。レースではスタートはうまくいったけれども、序盤は他の選手たちにひっかかってしまった。それでも焦らずに少しずつペースを上げて、順位を確実に回復していったんだ。3番手に浮上してからは、ロッシ選手(ヤマハ)を追いかけようとしたけれども、距離が開いていたのでそれを詰めることはできなかった。シーズン序盤に苦労をしていた頃からずっと支えて続けてくれるスポンサーとチームの皆には本当に感謝をしている」


【MotoGP-28laps】
[race result]
コンディション-DRY 路面温度-42℃ 気温-23℃
1 Marc MARQUEZ Repsol Honda Team 44'03.925
2 Valentino ROSSI Movistar Yamaha MotoGP +1.486
3 Alvaro BAUTISTA GO & FUN Honda Gresini +3.144
......................................................................
12 Scott REDDING GO & FUN Honda Gresini +43.830

[point standings]
M.MARQUEZ  125pt(1st)
D.PEDROSA  83pt(2nd)
V.ROSSI   81pt(3rd)
..................................
A.BAUTISTA  26pt(10th)
S.REDDING  18pt(14th)


【Moto2-26laps】
[race result]
コンディション-DRY 路面温度-40℃ 気温-23℃
1 Mika KALLIO Marc VDS Racing Team KALEX 42.41.696
2 Simone CORSI NGM Forward Racing  KALEX +1.015
3 Esteve RABATMarc VDS Racing Team KALEX +1.303
......................................................................
20 Lorenzo BALDASSARRI Gresini Moto2 SUTER +48.654
26 Ricard CARDUS Tech3 TECH3 +1'21.355

retired Xavier SIMEON Federal Oil Gresini Moto2 SUTER

 

[point standings]
E.RABAT 99pt(1st)
M.KALLIO 92pt(2nd)
M.VINALES 62pt(3rd)
.................................
X.SIMEON 29pt(9th)
R.CARDUS 13pt(16th)
L.BALDASSARRI ---


TOP

<__trans phrase="run-periodic-tasks script is running...">