日信工業はアルミ製品とブレーキシステムを通じて「環境」「安心」を探究します。

文字サイズ
  • 大
  • 中
  • 小
  • 日本語
  • 英語
  • HOME
  • オンライン 製品カタログ
  • ニュースリリース
  • 企業情報
  • 株主・投資家情報
  • 環境・社会活動
  • 採用情報

MOTER SPORT

HOME > モータ-スポーツ > SBK第2戦でNISSIN陣営のJ・レイが好リザルト!

SBK第2戦でNISSIN陣営のJ・レイが好リザルト!

表彰台を獲得し、ランキング4位へ浮上!!

 

SBK第2戦(4/11〜/13、スペイン・モーターランドアラゴン)
 
0981_02_Aragon_Rea_GB33105.jpg
 
 
 2014年のスーパーバイク世界選手権(SBK)第2戦が、レースの本場欧州へ舞台を移し、スペインのモーターランドアラゴンで開催された。当地は2011年からSBKのカレンダーに組み込まれており、今年で4年目となる。MotoGPでは秋に当地でのレースが行われるのに対してSBKでは春の開催となっているが、両レースではコースレイアウトが若干異なっている。1コーナーから15コーナーまでは同じだが、SBKの場合は15コーナーを立ち上がったあとの下りの裏ストレートが長く、16コーナーが低速ヘアピン、その後の最終17コーナーが左コーナーでメインストレートに戻る。したがって、コースの全長もSBKの場合はMotoGPよりやや長い5,344mになっている。
 
6364_02_Aragon_Rea_GB30389.jpg
 
 金曜午前からフリープラクティスが始まり、選手たちはそれぞれ着実にセットアップを積み上げていった。このセッションでは、NISSIN陣営の#65ジョナサン・レイ(PATA Honda World Superbike Team:Honda CBR1000RR)がトップタイムを記録。午後のFP2でもレイはトップタイムをマーク。初日から好調な走りをアピールした。土曜も好調さを維持してFP4でふたたびトップタイムに立つと、午後のスーパーポールで2列目5番グリッドを確保。決勝を見据えて着実なスタート位置についた。
 日曜のレース1で、レイは序盤周回から表彰台グループの直後につける着実な走りを続け、最終ラップでクレバーなオーバーテイクを披露して3番手に入り、表彰台を獲得した。
 続くレース2でもレイは安定したラップタイムで序盤から上位グループを争ったが、最後は惜しくも表彰台を逃し、5位でチェッカーを受けた。
 
0053_P02_Morais_action.jpg
 
0100_P02_Fabrizio_action.jpg
 
 
 その他のNISSIN勢の選手たちは、#32シェリダン・モライス(IRON BRAIN Gillini Kawasaki SBK Team:Kawasaki ZX-10R:EVO)がレース1で15位、レース2ではさらに上げて13位でチェッカーを受け、2レースともにポイントを獲得した。チームメイトの#84ミシェル・ファブリツィオ(IRON BRAIN Gillini Kawasaki SBK Team:Kawasaki ZX-10R:EVO)は両レースともリタイア、ジェレミー・ガルノーニ(MRS Kawasaki:Kawasaki ZX-10R:EVO)はレース1を14位で終え2ポイントを獲得したが、レース2は残念ながらリタイアとなった。
クリスチャン・イドン(Team ALSTARE:Bimota BB3:EVO)とアイルトン・バドビーニ(Team ALSTARE:Bimota BB3:EVO)は、ともに初日のフリープラクティスから決勝日第2レースまで走行をしたが、正式リザルトはマシンのホモロゲーション審査待ちという状況だ。
 SBK第3戦は、オランダのTTアッセンで開催され、決勝は4月27日(日)に行われる。
 
 
 
 

1092_02_Aragon_GB45994.jpg

ジョナサン・レイ−PATA Honda World Superbike Team−3th/5th
 
 
「シーズン序盤に表彰台に登壇できて、いいレースウィークになった。開幕戦の調子がいまひとつだったから、今回の結果で皆のモチベーションはさらに上がるよ。この結果をさらに良くしていきたいね。今回のレースウィークはバイクに乗ること自体がとても楽しく、それがフィリップアイランドから大幅に改善できたことにもつながった。レース1ではレース後半にタイヤに少し問題を抱えることになってしまったけど、レース2ではソフト側のタイヤを選択したんだ。他の選手も似たような傾向だったね。タイヤは良く作動してくれたけれど、高い温度条件下でフロントにもソフト側のコンパウンドでいたので、それが残念ながら少し裏目に出てしまった。エンジンブレーキに少し問題があって、低速コーナーがやや走りづらく、フロントのフィーリングがあまりよくなかった。レース中盤ではいやな感触があったので、慎重に行くことにした。それでも両レースともトップファイブで走り終えたし、次のアッセンに向けていい勢いをつけることができたと思う。アッセンはバイクとの相性もいいコースで走っていても楽しいから、いいレースをしたいね」
 
 
【Race1-17laps】
[race result]
コンディション−DRY 路面温度−16℃ 気温−16℃
1 T.SYKES Kawasaki Racing Team 33'38.583
2 L.BAZ Kawasaki Racing Team +4.275
3 J.REA PATA Honda World SUperbike +8.418
......................................................................
14 J.GUARNONI MRS Kawasaki +46.721
15 S.MORAIS IRON BRAIN Grillini Kawasaki +56.619
 
retired M.FABRIZIO IRON BRAIN Grillini Kawasaki
STH A.BADOVINI Team Alstare
STH C.IDDON Team Alstare
 
 
【Race2-17laps】
[race result]
コンディション−DRY 路面温度−32℃ 気温−19℃
1 T.SYKES Kawasaki Racing Team 33'37.223
2 L.BAZ Kawasaki Racing Team +0.338
3 M.MELANDRI Aprilia Racing Team +0.470
......................................................................
5 J.REA PATA Honda World SUperbike +8.861
13 S.MORAIS IRON BRAIN Grillini Kawasaki +1'02.587
 
retired M.FABRIZIO IRON BRAIN Grillini Kawasaki
retired J.GUARNONI MRS Kawasaki
 
STH A.BADOVINI Team Alstare
STH C.IDDON Team Alstare
 
 
[point standings]
S.GUINTOLI 51pt(1st)
L.BAZ 51pt(2nd)
T.SYKES 50pt(3rd)
..................................
J.REA 37pt(4th)
J.GUARNONI 4pt(17th)
S.MORAIS 4pt(18th)

TOP

<__trans phrase="run-periodic-tasks script is running...">