日信工業はアルミ製品とブレーキシステムを通じて「環境」「安心」を探究します。

文字サイズ
  • 大
  • 中
  • 小
  • 日本語
  • 英語
  • HOME
  • オンライン 製品カタログ
  • ニュースリリース
  • 企業情報
  • 株主・投資家情報
  • 環境・社会活動
  • 採用情報

MOTER SPORT

HOME > モータ-スポーツ > セパンサーキットで2014年2回目のプレシーズンテストを実施!

セパンサーキットで2014年2回目のプレシーズンテストを実施!

NISSIN勢のA・バウティスタとS・レディングが快調な走行を披露!!

 

MotoGPプレシーズンテスト(2/26〜/28, マレーシア・セパンサーキット)
Alvaro%20BAUTISTA_4.jpg
 
 
 2014年2回目のプレシーズンテストが、2月26日から28日の3日間、マレーシア・セパンサーキットで行われた。前回のセパンテストで貴重なデータを得たNISSINは、今回のテストでもさらに、2014年シーズンの投入を計画しているマテリアルを投入。ライダーたちも精力的にその評価を行い、有用な評価とフィードバックを得た。
Alvaro%20BAUTISTA_6.jpg
 
〈ファクトリー・オプション〉のアルバロ・バウティスタ(Go & Fun Honda Gresini)は、初日の走行で全選手中トップタイムを記録。今季に向けたニューマテリアルの正しい方向性は、ライダーの走りやタイムで具体的に証明された格好だ。バウティスタはテスト2日目にタイムアタックを実施。2分00秒500という素晴らしいラップタイムを記録した。Hondaファクトリーチームのダニ・ペドロサ選手に0.461秒差という僅差で、全体でも3番手という好タイム。この日は決勝レースを想定したロングランも実施。安定した高水準のタイムを連発し、アベレージの高さも強く印象づけた。
 バウティスタはテスト最終日の三日目でも二日目のタイムアタックに迫る2分00秒506を記録。176周という3日間の総周回数からも、今回の充実したテスト内容は充分に伺える。
 
 
Scott%20REDDING_4.jpg
 
 
 一方、Honda製オープンカテゴリーマシンRCV1000Rを駆るスコット・レディングは、今回のテストでも旺盛な取り組みで精力的に周回を重ね、最高峰クラスとマシンへの順応を続けている。初日の走行を経てブレーキングの安定性を得た二日目には、Honda勢のオープンカテゴリーで2番手につける好内容。3日目はさらにマシンに対する習熟を深め、トップから2.229秒差に迫る好タイムを記録した。3日間のテストで着実にメニューを消化したレディングは、合計で155周を走行した。
 次回のテスト地はカタール。NISSIN陣営の両ライダーは、3月7日から9日まで、開幕戦の舞台・ドーハ郊外のロサイルサーキットで行われるテストに参加する。
 
 
 
Alvaro%20BAUTISTA_1.jpg
アルバロ・バウティスタ
−Go & Fun Honda Gresini−2'00.500/176laps(3days in total)
 
「合計6日間、2回のセパンテストは、コンディションが厳しかったのでたいへんだったけれども、バイクが良くなってフィーリングも向上したので、とてもハッピーだ。初日と二日目にいい取り組みができて、最終日の3日目にはSHOWAのフロントフォークとNISSINブレーキの細かい調整に集中した。電子制御もさらに磨きがかかった。セッション終了間際には路面温度も下がってきて、午前に出したタイムと匹敵する走りができた。これは、セットアップが正しい方向に進んでいて、さらに改善していく余地があるという証拠だね。今回投入したリアサスペンションがいいことは最初の2日間で理解をしていたけど、その効果で、タイヤが摩耗してきてからでもいいリズムで高い水準のラップタイムを刻むことができた。でも、まだセッティングはどんどんよくしていける余地があるんだ。次のカタールテストでは、これをさらに煮詰めて、パフォーマンスを一層向上させてゆきたい」
 
 
 
 
 
Scott%20REDDING_1.jpg
スコット・レディング
−Go & Fun Honda Gresini
−2'02.228/155laps(3days in total)
「今回の3日間のテストには、とても満足しています。3週間前の最初のテストより、かなり状況が良くなりました。いい方向性が見つかって、バイクも乗りやすくなってきています。最初はかなりアグレッシブなライディングをしていましたが、今ではソフトでなめらかなライディングスタイルへ改善するよう努力しています。おかげで、セットアップの面でもだいぶ進むようになりました。今日はブレーキングがだいぶよくなりました。安定してブレーキできるように、さらに努力したいと思います。電子制御にも取り組みました。次のカタールテストへ向けて、だいぶ自信もついてきました。今回のテストで得たデータをもとに、コンディションの異なるサーキットでさらにこの取り組みを進めていきたいと思います」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
[Results in three days total]
1 Valentino ROSSI Yamaha Factory Racing 1'59.999
2 Dani PEDROSA Repsol Honda Team 1'59.999
3 Andorea DOVIZIOZO Ducati Team 2'00.067 +0.068
4 Aleix ESPARGARO NGM Mobile Forward Racing 2'00.101 +0.102
5 Stefan BRADL LCR Honda MotoGP 2'00.164 +0.165
......................................................................
6 Alvaro VAUTISTA GO & FUN Honda Gresini 2'00.500 +0.501
......................................................................
19 Scott REDDING GO & FUN Honda Gresini 2'02.228 +2.229
 

TOP

<__trans phrase="run-periodic-tasks script is running...">