日信工業はアルミ製品とブレーキシステムを通じて「環境」「安心」を探究します。

文字サイズ
  • 大
  • 中
  • 小
  • 日本語
  • 英語
  • HOME
  • オンライン 製品カタログ
  • ニュースリリース
  • 企業情報
  • 株主・投資家情報
  • 環境・社会活動
  • 採用情報

MOTER SPORT

HOME > モータ-スポーツ > 中東カタールで2014年シーズンがいよいよ開幕

中東カタールで2014年シーズンがいよいよ開幕

NISSIN陣営のS・レディング が7位フィニッシュ!!

MotoGP第1戦(3/20~/23、カタール・ロサイルインターナショナルサーキット)

Alvaro BAUTISTA_5 14QR.jpgのサムネール画像

 

 恒例のカタールGPで、2014年のMotoGPシーズンが幕を開けた。2008年以来、毎年ナイトレースとして行われるこのグランプリは、今年で初開催からちょうど11年目になる。
 当地はドーハ郊外の砂漠に建設されているため、セッション初日にはコースが砂埃等で汚れていることが多く、それがラップタイムにも大きく影響するが、今年は開幕戦に先だつ3月7日から9日までMotoGPクラスのサテライトチームやプライベートチームが事前テストを実施していた関係で、路面は比較的クリーンな状態でレースウィークを迎えた。
 このカタールGPはナイトレースとなる関係上、通常のタイムスケジュールとは異なり、木曜日から走行を開始するが、最初のセッションのFP1では、Honda RC213Vを駆るNISSIN陣営のアルバロ・バウティスタ(GO & FUN Honda Gresini/HONDA)がこの日の暫定トップから僅差の2番手タイムを記録。好調な走り出しを見せた。このロサイルインターナショナルサーキットは1068mのメインストレートを持つ全長5380mのコースで、ストレートエンドではハードブレーキングを要求される一方で、右10左6の計16コーナーをリズム良く旋回すること、すなわち、巧みなブレーキコントロールがラップタイムに大きく影響する。つまり、バウティスタの走りは、長年使い慣れたNISSINブレーキのアドバンテージである優れたコントロール性とストッピングパワーの双方を存分に引き出した結果といえる。

Alvaro BAUTISTA_2 14QR.jpg

                         予選2位を獲得し、チームメンバーと喜びを共有するアルバロ・バウティスタ(GO & FUN Honda Gresini/HONDA) 
 

 

 金曜にはFP2とFP3の2回のフリープラクティスを行い、バウティスタはFP2、FP3ともトップと僅差の3番手タイムを記録し、土曜の予選で上位12グリッドを決めるQP2への進出を果たした。そのQP2でも存分に速さを発揮してPPは確実かとも見えたが、セッションの最後にRepsol Honda Teamのマルク・マルケス選手が0.057秒上回り、バウティスタはフロントロー2番グリッドからのスタートになった。
 決勝レースでは、バウティスタがスタートに失敗してやや後方に下がってしまったが、序盤周回のうちにブレーキング勝負で次々と前をゆく選手たちをオーバーテイクしてトップグループに追いついた。その後、表彰台圏内でトップを見据える位置につけて周回を続けたが、ラスト2周でフロントタイヤを切れこませて転倒。表彰台、あるいは優勝さえも射程圏内に入れたレースだったが、残念ながらリタイアとなった。

Scott REDDING_4 14QR.jpgのサムネール画像のサムネール画像


 オープンカテゴリーのマシンHonda RCV1000Rで参戦するスコット・レディング(GO & FUN Honda Gresini/HONDA)は、土曜の予選で16番グリッドを獲得。MotoGPクラス初レースとなる決勝では、持ち前の闘争心と高いライディング能力を発揮して、最後はRCV1000R勢のトップに立ち、7位でフィニッシュする大健闘の走りを見せた。

 

Ricky CARDUS 14QR.jpgのサムネール画像のサムネール画像

 リカルド・カルダス

(Tech3)

 

 


 

 

 

 

 

 

 

Xavierx SIMEON  14QR.jpgのサムネール画像のサムネール画像

 

 ザビエル・シメオン

(Federal Oil Gresini Moto2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Lorenzo BALDASSARR 14QR.jpgのサムネール画像のサムネール画像

 ロレンツォ・バルダッサーリ(Gresini Moto2) 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 Moto2クラスは、今シーズンは3名のNISSIN陣営の選手が参戦する。ザビエル・シメオン(Federal Oil Gresini Moto2)、ロレンツォ・バルダッサーリ(Gresini Moto2)、アレックス・マリネラレナ(Tech3)の3名だが、マリネラレナはプレシーズンのプライベートテストで負傷をして今回のレースは欠場しており、リカルド・カルダスがその代役を務めている。カルダスは代役参戦とは思えない高い安定感の走りで、13位のチェッカーを受け、3ポイントを獲得した。バルダッサーリはポイント圏内で走行を続けていたが、残念ながら最終ラップで転倒を喫し、残念ながらノーポイント。シメオンはウィークを通して上位タイムで走行し、好結果も期待されたものの、決勝レースの一周目で他車の転倒に巻き込まれてしまい、その後、再スタートを切ったが、完璧ではないマシンの状態では、25位で完走することが精一杯だった。


Scott REDDING_1 14QR.jpgのサムネール画像のサムネール画像

スコット・レディング-GO & FUN Honda Gresini-7位
「とてもハッピーです! ヘイデン選手にしばらくついて行けるだろうとは思っていましたが、まさか最後まで食い下がって、しかも追い抜けるなんて思ってもいませんでした。レース序盤はソフトタイヤの利点を最大限に活かそうと思って、かなりプッシュしました。ヘイデン選手について走るうちに、彼は僕を前に出してあとで抜き返そうとしているのかなという気がしました。でも、自分のほうが速く走れているような気がしたので、自分のほうが速いポイントでオーバーテイクを仕掛けて、ラスト2周は全力で走ったんです。オープンクラスのホンダ最上位という目標を達成できて、とても満足しています」



 

 

Alvaro BAUTISTA_1 14QR.jpgアルバロ・バウティスタ-GO & FUN Honda Gresini-リタイア
「幸い怪我はしなかったけど、とても奇妙な転倒だった。それまでの周回と同じように2コーナーに入っていったのに、突然フロントが切れこんでしまった。いずれにせよ、チームには本当に申し訳ないことをした。転倒するまではトップ争いのバトルを楽しめていたんだ。スタートでは出遅れたけど、そこからどんどん順位を回復していけた。気がついたら2番手を走行していて、表彰台は確実に狙うことができていた。それだけに、レースをフィニッシュできなかったのはとても残念だ。チームとファンの人々に謝りたい。次のレースこそ、いい結果を獲得したい」

 

 

 

 

【MotoGP-22laps】
[race result]
コンディション-Dry 路面温度-18℃ 気温-20℃
1 Marc MARQUEZ Repsol Honda Team 42'40.561
2 Valentino ROSSI Yamaha Factory Racing +0.259
3 Dani PEDROSA  Repsol Honda Team +3.370
......................................................................
7  Scott REDDING GO & FUN Honda Gresini +32.593

retired Alvaro BAUTISTA GO & FUN Honda Gresini

[point standings]
M.MARQUEZ  25pt(1st)
V.ROSSI  20pt(2nd)
D.PEDROSA  16pt(3rd)
..................................
S.REDDING  9pt(7th)
A.BAUTISTA ---


【Moto2-20laps】
[race result]
コンディション-Dry 路面温度-19℃ 気温-20℃
1 Esteve RABAT Marc VDS Racing Team KALEX 40'20.963
2 Takaaki NakagamiIdemitsu Honda Team Asia KALEX +0.040
3 Mika KALLIO Marc VDS Racing Team KALEX +1.059
......................................................................
13 Ricard CARDUS Tech3 TECH3 +26.914
25 Xavier SIMEON Federal Oil Gresini Moto2 SUTER +1'52.446

retired Lorenzo BALDASSARRI Gresini Moto2 SUTER


[point standings]
E.RABAT 25pt(1st)
T.NAKAGAMI 20pt(2nd)
M.KALLIO 16pt(3rd)
.................................
R.CARDUS 3pt(13th)
X.SIMEON ---
L.BALDASSARRI ---
 


TOP

<__trans phrase="run-periodic-tasks script is running...">