日信工業はアルミ製品とブレーキシステムを通じて「環境」「安心」を探究します。

文字サイズ
  • 大
  • 中
  • 小
  • 日本語
  • 英語
  • HOME
  • オンライン 製品カタログ
  • ニュースリリース
  • 企業情報
  • 株主・投資家情報
  • 環境・社会活動
  • 採用情報

MOTER SPORT

HOME > モータ-スポーツ > アルバロ・バウティスタが最終戦バレンシアGPで有終の美を飾る5位入賞!

アルバロ・バウティスタが最終戦バレンシアGPで有終の美を飾る5位入賞!

ブレーキ性能を存分に発揮して年間最終戦を飾る!!

Alvaro BAUTISTA_2 Val3.jpg

 

MotoGP第18戦(11/08~11/10、スペイン・バレンシアサーキット)

 波瀾万丈のレースが続いた2013年シーズンの最終戦第18戦が、スペイン・バレンシアのリカルド・ツアーもサーキットで開催された。右5、左9の計14コーナーからなる当コースは、全長が4005mと短く、中低速コーナーを比較的短い直線がつなぐレイアウトで構成されている。この特性からブレーキの使用頻度は高く、全18戦中でも負荷の大きいコースといえるだろう。勝負どころとしては、ホームストレートから大きく減速する1コーナーやその次のタイトに曲がる2コーナー、バックストレートエンドの8コーナーなどでブレーキングの駆け引きが繰り広げられる。安定した高いコントロール性能に定評があるNISSINブレーキにとっては、その持ち味を存分に発揮できるコース、ということができるだろう。

Alvaro BAUTISTA_ Val2.jpg

 

 

 NISSIN陣営のアルバロ・バウティスタ(GO & FUN Honda Gresini/HONDA)は、その特性を存分に発揮して予選で7番手を獲得。日曜の決勝レースに向けて3列目7番グリッドを獲得した。午後2時にスタートした2013年シーズン最後のレースでは、バウティスタはスタートを決めて序盤からトップグループを構成。ホンダとヤマハのファクトリー勢を相手に真っ向から正々堂々の勝負を繰り広げた。マルケスは得意のブレーキングでバレンティーノ・ロッシ選手のオーバーテイクしっかりとインを閉めてラインを絞る走りで、互角の争いを続けた。最後は5位でチェッカー。シーズン最後の戦いをトップファイブで見事に締めくくった。

 

 Bryan STARING VAL.jpg


 

 

 

 CRT勢のブライアン・スターリング(GO&FUN Honda Gresini/FTR HONDA)は19位でフィニッシュした。

 

 

 

 

Franco MORBIDELLI_1 VAL.jpg

 

 

 

 

フランコ・モルビデッリ

(Thai Honda PTT Gresini Moto2/SUTER) 


 

 

 

 

 

 

 

 

MAHIAS Lucas VAL.jpg

ルカス・マヒアス(Tech3/TECH3) 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Azlan SHAH VAL.jpg

 アズラン・シャー・カマルザマン

(Idemitsu HondaTeam Asia/MORIWAKI)

 

 

 

 

 

 

 

 

Doni Tata PARDELLIDITA VAL.jpg

 ドニ・タタ・プラディタ

(Federal Oil Gresini Moto2/SUTER)

 

 

 

 

 

 

 

 Moto2クラスは、フランコ・モルビデッリ(Thai Honda PTT Gresini Moto2/SUTER)が17位でチェッカーを受けた。ルカス・マヒアス(Tech3/TECH3)は24位、アズラン・シャー・カマルザマン(Idemitsu HondaTeam Asia/MORIWAKI)は25位、ドニ・タタ・プラディタ(Federal Oil Gresini Moto2/SUTER)は27位でそれぞれ完走を果たした。

 

Niccolo ANTONELLI VAL.jpg

ニッコロ・アントネッリ

(GO&FUN Gresini Moto3/FTR HONDA)


 

 

 

 

 

 

 

Hyuga WATANABE_2 VAL.jpg

渡辺陽向(先頭)

(Team LaFonte Tascaracing/FTR HONDA)

 

ロレンツォ・バルダッサーリ

(GO&FUN Gresini Moto3/FTR HONDA)

 

 

 

 

Hafiq AZMI VAL.jpg

ハフィク・アズミ

(Team LaFonte Tascaracing/FTR HONDA)

 

 

 

 

 

 

 

 Moto3クラスは、2列目6番グリッドスタートのニッコロ・アントネッリ(GO&FUN Gresini Moto3/FTR HONDA)が決勝レースでもシングルポジションにつけ、着々と順位アップを狙っていたが、17周目に転倒。その後、再スタートを切って27位でチェッカーを受けた。渡辺陽向(Team LaFonte Tascaracing/FTR HONDA)は19位、ロレンツォ・バルダッサーリ(GO&FUN Gresini Moto3/FTR HONDA)は20位で完走した。ハフィク・アズミ(Team LaFonte Tascaracing/FTR HONDA)は25位でレースを終えた。

 

アルバロ・バウティスタ-GO&FUN Honda Gresini/MotoGP-5位
「今回のレースウィークは、セットアップに課題を抱えていたので一筋縄ではいかなかった。レースに向けてセットアップをさらに見直し、決勝では今季ベストといっていいくらいのスタートを切ることができた。序盤はトップグループについて走ることができ、ロレンソがペースを落としたので前を狙うこともできたけれども、チャンピオン争いのふたりに割って入ることはしたくなかった。リアタイヤにソフト側を選択したので、パフォーマンスが終盤に少し落ちたけれども、ランキング6位で全サテライト陣営でも2番目の順位としてシーズンを終えることができて、とてもハッピーだ。チームとショーワ、NISSIN、ホンダ、そしてタイトルスポンサーのGO & FUNに感謝をしている。明日から、2014年に向けた新たな一歩を踏み出したい」
 

フランコ・モルビデッリ-Thai Honda PTT Gresini Moto2-17位
「この数戦、Moto2で経験を積むことができて本当にうれしく思っています。今回のバレンシアではさらに前進することができて、現状で望める最高の結果を得ることができました。とても楽しい経験で、いつまでも忘れることはないと思います。自分自身の将来にとっても、とても有益な経験になると思います」
 

 

【MotoGP-30laps】
[race result]
コンディション-DRY 路面温度-26℃ 気温-23℃
1 Jorge LORENZO Yamaha Factory Racing 46'10.302
2 Dani PEDROSA Repsol Honda Team +3.934
3 Marc MARQUEZ Repsol Honda Team +7.357
......................................................................
5 Alvaro BAUTISTA GO&FUN Honda Gresini +14.965
5 Stefan BRADL LCR Honda MotoGP +24.399
22 Bryan SRARLING GO&FUN Honda Gresini 1lap

 

[point standings]
M.MARQUEZ  334pt(1st)
J.LORENZO  330pt(2nd)
D.PERDOSA  300pt(2nd)
..................................
A.BAUTISTA  171pt(6th)
S.BRADL  156pt(7th)
B.STARING  2pt(26th)


【Moto2-27laps】
[race result]
コンディション-DRY 路面温度-23℃ 気温-23℃
1 Nicolas TEROL Aspar Team Moto2 SUTER 43'24.972
2 Jordi TORRES Aspar Team Moto2  SUTER +4.047
3 Johann ZARCO Came Iodaracing Peoject SUTER +5.993
......................................................................
17 Franco MORBIDELLI Thai Honda PTT Gresini Moto2 SUTER +35.314
24 Lucas MAHIAS Tech3 TECH3 +50.510
25 Azlan SHAH Idemitsu HondaTeam Asia MORIWAKI +1'04.591
27 Doni Tata PRADITA Federal Oil Gresini Moto2 SUTER +1'05.070


[point standings]
P.ESPARGAO 265pt(1st)
S.REDDING 225pt(2nd)
E.RABAT 215pt(3rd)
............. ....................
L.ROSSI 4pt(25th)
D.PRADITA 1pt(28th)
Y.TAKAHASHI ---
R.WILAIROT ---
T.WAROKORN ---
F.MORBIDELLI ---
A.SHAH ---
D.KRAISART ---
L.MAHIAS


【Moto3-24laps】
[race result]
コンディション-DRY 路面温度-22℃ 気温-19℃
1 Maverick VINALES Team Calvo KTM 40'12.463
2 Jonas FOLGER Mapfre Aspar Team Moto3 KALEX KTM +0.186
3 Alex RINS Estrella Galicia 0,0 KTM +0.187
......................................................................
19 Hyuga WATANABE Team LaFonte Tascaracing FTR HONDA +42.619
20 Lorenzo BALDASSARRI GO &FUN Gresini Moto3 FTR HONDA +43.890
23 JuanFranc GUEVARA CIP Moto3 TSR HONDA +1'12.585
25 Hafiq AZMI Team LaFonte Tascaracing FTR HONDA +1'13.461
27 Niccolo ANTONELLI GO&FUN Gresini Moto3 FTR HONDA 1lap

DNS Alan TECHER CIP Moto3 TSR HONDA


[point standings]
M.VINALES 323pt(1st)
A.RINS 311pt(2nd)
L.SALOM 302 pt(3rd)
.................................
N.ANTONELLI 47pt(16th)
A.TECHER 8pt(23th)
A.TONUCCI 6pt(26th)
H.WATANABE 1pt(28th)
J.GUEVARA ---
L.BALDASSARI ---
H.AZMI  ---


TOP

<__trans phrase="run-periodic-tasks script is running...">