日信工業はアルミ製品とブレーキシステムを通じて「環境」「安心」を探究します。

文字サイズ
  • 大
  • 中
  • 小
  • 日本語
  • 英語
  • HOME
  • オンライン 製品カタログ
  • ニュースリリース
  • 企業情報
  • 株主・投資家情報
  • 環境・社会活動
  • 採用情報

MOTER SPORT

HOME > モータ-スポーツ > バウティスタが灼熱のマレーシアGPで5位入賞を果たす!

バウティスタが灼熱のマレーシアGPで5位入賞を果たす!

ブレーキング勝負を制して、今季6度目のトップファイブ!!

MotoGP第15戦(10/11~10/13、マレーシア・セパンサーキット)

Alvaro BAUTISTA_1 sepang.jpg

 

 2013年シーズン終盤戦も、いよいよアジア環太平洋を巡る恒例の<フライアウェイ>3連戦を迎えた。3週連続開催という厳しいスケジュールの口火を切るのは、マレーシアのセパンサーキット。MotoGPクラスでは毎年プレシーズンテストを行う場所でもあるだけに、各陣営とも豊富なデータを蓄積しており、戦いの厳しさにさらに拍車がかかる。
 1999年から開催されている当サーキットは、全長5,548m。右10左5の計15コーナーから構成されている。長いストレート2本と、高速から低速まで多彩なコーナーが連なるレイアウトで、ライダーたちからの人気も高い。コース幅が広く、パッシングポイントも多いために、ブレーキングでの激しい勝負が繰り広げられ、ブレーキへの負荷は全18戦中でもかなりの高位に位置する。メインストレート後のタイトな1コーナーや、バックストレートから急減速する最終15コーナーでは、高い速度から素早く適切な速度へ減速する高い効力が要求される。その一方、高速コーナーではスピードを保ちながら積極的に曲げてゆくためのコントロール性能も必要だ。つまり、ブレーキにとっては、総合的な高い水準のトータルバランスが要求されるコース、ということができるだろう。

Alvaro BAUTISTA_3 sepang.jpg
 MotoGPクラスでは、NISSIN陣営のアルバロ・バウティスタ(GO & FUN Honda Gresini/HONDA)が金曜午前のフリー走行1回目で4番手、午後のフリー走行2回目でも5番手と、まずまずの滑り出しを見せた。土曜午後の予選は、開始直前ににわか雨が降る難しいコンディションになったが、その状況でも2列目6番グリッドを獲得。決勝への期待が高まった。
 日曜午後4時に始まった決勝レースでは、バウティスタは序盤にトップグループを構成。ホンダやヤマハのファクトリーマシンと互角のラップタイムで周回を重ねた。その後、ヤマハサテライトチームのカル・クラッチロー選手と激しい5位争いを展開した。思いきりの良いライディングスタイルのクラッチロー選手に対して、バウティスタはNISSINのブレーキ特性をフルに引き出す巧みなブレーキ操作でコーナー進入を抑え、2台は熾烈なバトルを繰り広げた。最終ラップの最終コーナーでも、クラッチロー選手を抑えきったバウティスタはホンダのヤマハの両ファクトリー勢に次ぐ5位フィニッシュ。ポイントランキングもひとつ上げて、年間総合6番手につけた。CRT勢のブライアン・スターリング(GO&FUN Honda Gresini/FTR HONDA)は18位でフィニッシュした。

Louis ROSSI sepang.jpg

ルイ・ロッシ(Tech3/TECH3)  : France 

 


 

 

 

 

 

 

Azlan SHAH sepang.jpg

 アズラン・シャー・カマルザマン

(Idemitsu HondaTeam Asia/MORIWAKI)

: Malaysia

 

 

 

 

 

 

 

 

Doni Tata PARDELLIDITA sepang.jpg

 ドニ・タタ・プラディタ

(Federal Oil Gresini Moto2/SUTER)

: Indonesia

 

 

 

 

 

 

 

 

Thitipong  sepangWAROKORN.jpg

 ティティポン・ワロコーン

(Thai Honda PTT Gresini Moto2/SUTER)

: Thailand

 

 

 

 

 

 

 

 Moto2クラスは、オープニングラップの14コーナーでマルチクラッシュが発生して赤旗中断。幸いにも深刻な負傷を負った選手はいなかったが、この遅延の影響によりレースは当初の19周から12周へと変更になった。仕切り直しで争われたこのレースで、ルイ・ロッシ(Tech3/TECH3)が17位フィニッシュ。アズラン・シャー・カマルザマン(Idemitsu HondaTeam Asia/MORIWAKI)は22位。ドニ・タタ・プラディタ(Federal Oil Gresini Moto2/SUTER)は23位。ティティポン・ワロコーン(Thai Honda PTT Gresini Moto2/SUTER)は24位でレースを終えた。

Hyuga WATANABE sepang.jpg

 渡辺陽向

(Team LaFonte Tascaracing/FTR HONDA)


 

 

 

 

 

 

 

 Moto3クラスは、土曜の予選でフロントロー3番グリッドを獲得したニッコロ・アントネッリ(GO&FUN Gresini Moto3/FTR HONDA)が、序盤からトップグループにつける好走を披露。今季ベストリザルトも期待されたが、8周目に転倒を喫し、残念ながらリタイアとなった。渡辺陽向(Team LaFonte Tascaracing/FTR HONDA)は21位、ロレンツォ・バルダッサーリ(GO&FUN Gresini Moto3/FTR HONDA)は23位で完走したが、アレッサンドロ・トヌッチ(Team LaFonte Tascaracing/FTR HONDA)は土曜の予選で転倒して右手橈骨を負傷。日曜の決勝は欠場した。

 

アルバロ・バウティスタ-GO&FUN Honda Gresini/MotoGP-5位
「スタートをうまく決めて、序盤はトップ集団につけて走ることができたけれども、その後、失敗して1コーナーでオーバーランしてしまった。2周ほどすると再びブレーキングのいいリズムを取り戻すことができたが、そのときはすでにトップグループから離れてしまっていた。バレンティーノとのバトルであつくなりすぎてしまったのだと思う。その後、クラッチローとのバトルになり、最後まで負けないように歯を食いしばってがんばりぬいたんだ。トップファイブで終えることができたのは、自分にもチームにも、そしてスポンサーの方々にとっても、いい結果だったと思う」
 


【MotoGP-20laps】
[race result]
コンディション-DRY 路面温度-44℃ 気温-31℃
1 Dani PEDROSA Repsol Honda Team 40'45.191
2 Marc MARQUEZ Repsol Honda Team +2.757
3 Jorge LORENZO Yamaha Factory Racing +6.669
......................................................................
5 Alvaro BAUTISTA GO&FUN Honda Gresini +22.149
18 Bryan SRARLING GO&FUN Honda Gresini +1'52.927

DNS Stefan BRADL LCR Honda MotoGP


[point standings]
M.MARQUEZ  298pt(1st)
J.LORENZO  255pt(2nd)
D.PERDOSA  244pt(2nd)
..................................
A.BAUTISTA  136pt(6th)
S.BRADL  135pt(6th)
B.STARING  2pt(25th)


【Moto2-12laps】
[race result]
コンディション-DRY 路面温度-44℃ 気温-31℃
1 Esteve RABAT Tuenti HP 40 KALEX Rac KALEX 25'45.411
2 Pol ESPARGARO Tuenti HP 40 KALEX +1.563
3 Thomas LUTH Interwetten Paddock Moto2 Rac SUTER +2.910
......................................................................
17 Luis ROSSI Tech3 TECH3 +30.154
22 Azlan SHAH Idemitsu HondaTeam Asia MORIWAKI +40.457
23 Doni Tata PRADITA Federal Oil Gresini Moto2 SUTER +50.037
24 Thitipong WAROKORN Thai Honda PTT Gresini Moto2 SUTER +54.131

DNS Decha KRAISART Singha Eneos Yamaha Tech3 TECH3


[point standings]
S.REDDING 224pt(1st)
P.ESPARGAO 215pt(2nd)
E.RABAT 196pt(3rd)
............. ....................
L.ROSSI 4pt(23th)
Y.TAKAHASHI ---
D.PRADITA ---
R.WILAIROT ---
T.WAROKORN ---
F.MORBIDELLI ---
A.SHAH ---
D.KRAISART ---


【Moto3-18laps】
[race result]
コンディション-DRY 路面温度-40℃ 気温-29℃
1 Luis SALOM Red Bull KTM Ajo KTM 40'42.441
2 Alex RINS Estrella Galicia 0,0 KTM +0.069
3 Miguel OLIVEIRA Mahindra Racing MAHINDRA +0.408
......................................................................
21 JuanFranc GUEVARA CIP Moto3 TSR HONDA +35.572
22 Hyuga WATANABE Team LaFonte Tascaracing FTR HONDA +37.079
23 Lorenzo BALDASSARRI GO &FUN Gresini Moto3 FTR HONDA +41.482

retired Niccolo ANTONELLI GO&FUN Gresini Moto3 FTR HONDA
retired Alan TECHER CIP Moto3 TSR HONDA

DNS Alessandro TONUCCI Team LaFonte Tascaracing FTR HONDA


[point standings]
L.SALOM 284 pt(1st)
A.RINS 270pt(2nd)
M.VINALES 258pt(3rd)
.................................
N.ANTONELLI 32pt(17th)
A.TONUCCI 6pt(23th)
A.TECHER 6pt(24th)
J.GUEVARA ---
H.WATANABE ---
L.BALDASSARI ---


TOP

<__trans phrase="run-periodic-tasks script is running...">