日信工業はアルミ製品とブレーキシステムを通じて「環境」「安心」を探究します。

文字サイズ
  • 大
  • 中
  • 小
  • 日本語
  • 英語
  • HOME
  • オンライン 製品カタログ
  • ニュースリリース
  • 企業情報
  • 株主・投資家情報
  • 環境・社会活動
  • 採用情報

MOTER SPORT

HOME > モータ-スポーツ > A・バウティスタがイギリスGPで5位入賞!

A・バウティスタがイギリスGPで5位入賞!

2戦連続のトップファイブフィニッシュを達成!!

MotoGP第12戦(8/30~9/01、イギリス・シルバーストーンサーキット)

Alvaro BAUTISTA_4 sil.jpg

                       今回もロッシ選手(ヤマハ)と激しい4位争いとなった、#19アルバロ・バウティスタ(GO & FUN Honda Gresini/HONDA)


 第12戦イギリスGPが、シルバーストーンサーキットで開催された。ドニントンパークから当地へ舞台を移して今年で4年目。2年目と3年目は、スタートライン位置が変更(フォーミュラワンと同様の場所)されたが、今年は2010年と同じスタートラインから行われることになった。
 全長5900mとシーズン18戦でも最長のシルバーストーンサーキットは、右10、左8の計18コーナーで構成されている。フラットな土地に建設されていることもあって全体的に起伏が乏しく、4本のストレートをハイスピードコーナーが繋いで行くレイアウトになっている。平均速度もシーズン屈指の高さで、コース幅が広いためにラインの自由度は高いが、そのぶん、最適なラインを探し出すことが難しいともいえるだろう。ブレーキングポイントの見極めや、路面のバンプ(凹凸)を巧みに避ける走行、路面追従性の高いセットアップも重要だ。
 これらの特徴から、コース攻略に必要なブレーキ性能はストッピングパワーの効力と同様かそれ以上に、高水準のコントロール性や安定性が求められる。昨年のレースでは、NISSIN勢のアルバロ・バウティスタがその優れたブレーキ性能を存分に引き出す走りで、自身初のポールポジションを獲得したことは記憶に新しい。

Alvaro BAUTISTA_1 sil.jpg

                             アルバロ・バウティスタ選手(GO & FUN Honda Gresini/HONDA)のブレーキングシーン


 

 今年も、アルバロ・バウティスタ(GO & FUN Honda Gresini/HONDA)は日曜の決勝レースで目の醒めるような速さと巧みなマシンコントロールを披露した。予選で獲得したグリッドは3列目8番手、と比較的中位からのスタートになったが、決勝レースではしたたかでしぶといバトルを続けて、NISSINブレーキの高いパフォーマンスを存分に引き出した。バウティスタは第10戦や第11戦同様、バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)選手との一騎打ちを繰り広げ、ブレーキ技術に定評のあるロッシ選手を相手に一歩も引かず勇敢な戦いを見せた。レース終盤には、バウティスが鋭いブレーキングでロッシ選手の前を奪うと、ロッシ選手も意地を見せて抜き返し、再びバウティスタが即座にオーバーテイクする、という手に汗握る展開が続いた。最後は僅差の0.065差で5位チェッカー。チャンピオンシップポイントでも総合7位に浮上した。
 CRT勢のブライアン・スターリング(GO&FUN Honda Gresini/FTR HONDA)は21位で完走を果たした。

 

Yuki TAKAHASHI_2 sil.jpg

高橋裕紀

(Idemitsu HondaTeam Asia/MORIWAKI)


 

 

 

 

 

 

 

Louis ROSSI sil.jpg

ルイ・ロッシ(Tech3/TECH3)

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回も、タイムスケジュールの関係で決勝日最初のレースになったMoto2クラスは、午前11時20分にスタート。高橋裕紀(Idemitsu HondaTeam Asia/MORIWAKI)が23位でフィニッシュした。ルイ・ロッシ(Tech3/TECH3)は24位。ドニ・タタ・プラディタ(Federal Oil Gresini Moto2/SUTER)とティティポン・ワロコーン(Thai Honda PTT Gresini Moto2/SUTER)はそれぞれ26位と27位で完走を果たした。

 

Niccolo ANTONELLI sil.jpg

ニッコロ・アントネッリ

(GO&FUN Gresini Moto3/FTR HONDA)

 

 

 

 

 

 

 

Lorenzo BALDASSARRI sil.jpg

 

ロレンツォ・バルダッサーリ

(GO&FUN Gresini Moto3/FTR HONDA) 

 

 

 

 

 

 

 Moto3クラスは、ニッコロ・アントネッリ(GO&FUN Gresini Moto3/FTR HONDA)が13位で3ポイントを獲得。ロレンツォ・バルダッサーリ(GO&FUN Gresini Moto3/FTR HONDA)は18位完走を果たし、渡辺陽向(Team LaFonte Tascaracing/FTR HONDA)は23位でレースを終えた。アレッサンドロ・トヌッチ(Team LaFonte Tascaracing/FTR HONDA)は13周目に転倒を喫し、リタイアした。


アルバロ・バウティスタ-GO&FUN Honda Gresini/MotoGP-5位
「今回もバレンティーノに負けてしまったのは残念だけど、バトルはとても楽しかった。最終ラップは抜きつ抜かれつの戦いになっていい争いができたと思うけど、わずか0.065秒差で勝つことができなかったよ。もちろん悔しいけれども、バイクのフィーリングが今回さらによくなってきたことはハッピーだ。ここ数戦のいい流れを今回も発揮できて、レース序盤から好位置で争うことができた。さらにもうワンステップ、戦闘力を向上させてゆくために、いい方向に進んでいると思う。次はチームのホームGPなので、今回以上にいいレースをしたい」 

ニッコロ・アントネッリ-GO&FUN Gresini Moto3-13位
「満足はしていますが、でも完璧にハッピーというわけではありません。完走してポイントを獲得することは重要ですが、できればもっと上位で終えたかったというのが本当のところです。序盤で大きく順位を下げてしまい、その間に開いた距離を詰めることができませんでした。バイクのフィーリングは完璧ではなかったのですが、それでも全力を尽くしました。次のミザノではもっといい走りをしたいと思います!」 


【MotoGP-20laps】
[race result]
コンディション-DRY 路面温度-29℃ 気温-18℃
1 Jorge LORENZO Yamaha Factory Racing 40'52.515
2 Marc MARQUEZ Repsol Honda Team +0.081
3 Dani PEDROSA Repsol Honda Team +1.551
......................................................................
5 Alvaro BAUTISTA GO&FUN Honda Gresini +13.298
6  Stefan BRADL LCR Honda MotoGP +20.227
21 Bryan SRARLING GO&FUN Honda Gresini +2'00.635


[point standings]
M.MARQUEZ  233pt(1st)
D.PERDOSA  203pt(2nd)
J.LORENZO  194pt(3rd)
..................................
S.BRADL  113pt(6th)
A.BAUTISTA  103pt(7th)
B.STARING  2pt(25th)


【Moto2-18laps】
[race result]
コンディション-DRY 路面温度-24℃ 気温-16℃
1 Scott REDDING Marc VDS Racing Team KALEX 38'22.897
2 Takaaki NAKAGAMI Italtrans Racing Team KALEX +1.066
3 Thomas LUTHI Interwetten Paddock Moto2 Rac SUTER +1.170
......................................................................
23 Yuki TAKAHASHI Idemitsu HondaTeam Asia MORIWAKI +51.003
24 Luis ROSSI Tech3 TECH3 +51.526
26 Doni Tata PRADITA Federal Oil Gresini Moto2 SUTER +1'24.159
27 Thitipong WAROKORN Thai Honda PTT Gresini Moto2 SUTER +1'25.074


[point standings]
S.REDDING 192pt(1st)
P.ESPARGAO 154pt(2nd)
E.RABAT 135pt(3rd)
............. ....................
L.ROSSI 4pt(23sth)
Y.TAKAHASHI ---
D.PRADITA ---
R.WILAIROT ---
T.WAROKORN ---

【Moto3-17laps】
[race result]
コンディション-DRY 路面温度-30℃ 気温-18℃
1 Luis SALOM Red Bull KTM Ajo KTM 38'17.291
2 Alex RNS Estrella Galicia 0,0 KTM +0.049
3 Alex MARQUEZ Estrella Galicia 0,0 KTM +0.698
......................................................................
13 Niccolo ANTONELLI GO&FUN Gresini Moto3 FTR HONDA +26.612
18 Lorenzo BALDASSARRI GO &FUN Gresini Moto3 FTR HONDA +42.427
23 Hyuga WATANABE Team LaFonte Tascaracing FTR HONDA +49.528

retired Alessandro TONUCCHI Team LaFonte Tascaracing FTR HONDA
retired JuanFranc GUEVARA CIP Moto3 TSR HONDA
retired Alan TECHER CIP Moto3 TSR HONDA


[point standings]
L.SALOM 233pt(1st)
M.VINALES 207pt(2nd)
A.RINS 200pt(3rd)
.................................
N.ANTONELLI 22pt(17th)
A.TONUCCHI 6pt(22th)
A.TECHER 6pt(23th)
J.GUEVARA ---
H.WATANABE ---
L.BALDASSARI ---


TOP

<__trans phrase="run-periodic-tasks script is running...">