日信工業はアルミ製品とブレーキシステムを通じて「環境」「安心」を探究します。

文字サイズ
  • 大
  • 中
  • 小
  • 日本語
  • 英語
  • HOME
  • オンライン 製品カタログ
  • ニュースリリース
  • 企業情報
  • 株主・投資家情報
  • 環境・社会活動
  • 採用情報

MOTER SPORT

HOME > モータ-スポーツ > A・バウティスタがチェコGPでトップファイブの5位フィニッシュ!

A・バウティスタがチェコGPでトップファイブの5位フィニッシュ!

NISSINブレーキの特性を活かして激しいバトルで観客を魅了!!

MotoGP第11戦(8/23~/25、チェコ共和国・ブルノサーキット)

Alvaro BAUTISTA_3CZ.jpg

                                                                                 アルバロ・バウティスタ選手(GO & FUN Honda Gresini/HONDA)の豪快な走行シーン


 

 第11戦チェコGPは、シーズン全戦でも一、二を争う観客動員数を誇る大会として知られている。今年も金曜から日曜までの三日間で22万人を越えるファンが観戦に訪れた。戦いの舞台ブルノ・マサリクサーキットは、チェコ第二の都市ブルノ郊外の森林に1987年に建設されたテクニカルなコースだ。
 自然の高低差を活かして前半区間は下り、後半が上りというはっきりしたレイアウトで、右8左6の計14コーナーから構成されている。前半区間のコーナーは下りながら旋回し、後半区間は加速しながらコーナーに進入するため、マシンの前後重量配分に応じたブレーキセッティングが重要になる。総合的に、ストッピングパワーに比してコントロール性が重視されるコース、といっていいだろう。また、ストレート区間で高い速度を出すためには、それに先んじるコーナーでの巧みなブレーキングと旋回が必要になる。上手に曲がって迅速に立ち上がる、メリハリの効いたライディングには、NISSINブレーキの効力と繊細なコントローラビリティが、ライダーたちにとってなによりも頼もしい武器となる。

Alvaro BAUTISTA_6CZ.jpg

                                    予選からの好調を継続し、息詰まる4位争いを展開
 

 このアドバンテージを最大限に発揮したNISSIN陣営のアルバロ・バウティスタ(GO & FUN Honda Gresini/HONDA)は、土曜午後の予選でフロントロー2番グリッドを獲得。今季ペストポジションから日曜の決勝を迎えた。午後1時に始まったレースでは、序盤周回から上位集団を走行。22周回の最終ラップまで、終始して、バレンティーノ・ロッシ選手(ヤマハ)たちを相手に、激しいバトルを繰り広げた。オーバーテイクされても、巧みなブレーキ操作でふたたびコーナー進入で前に出る落ち着いた走りで、バウティスタは14万2000人の大観衆を大いに沸かせ、最後は僅差の5位フィニッシュ。11ポイントを加算した。CRT勢のブライアン・スターリング(GO&FUN Honda Gresini/FTR HONDA)は、20位でレースを終えた。

Yuki TAKAHASHI CZ.jpg

高橋裕紀

(Idemitsu HondaTeam Asia/MORIWAKI)
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 タイムスケジュールの関係で決勝日最初のレースになったMoto2クラスは、午前11時20分にスタート。高橋裕紀(Idemitsu HondaTeam Asia/MORIWAKI)が18位、ルイ・ロッシ(Tech3/TECH3)は20位で、それぞれチェッカーを受けた。ドニ・タタ・プラディタ(Federal Oil Gresini Moto2/SUTER)は24位。世界選手権2戦目のティティポン・ワロコーン(Thai Honda PTT Gresini Moto2/SUTER)は、25位で完走を果たした。

Niccolo ANTONELLI CZ.jpg

ニッコロ・アントネッリ

(GO&FUN Gresini Moto3/FTR HONDA) 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

Alessandro TONUCCI CZ.jpg

 アレッサンドロ・トヌッチ

(Team LaFonte Tascaracing/FTR HONDA)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Moto3クラスは、ニッコロ・アントネッリ(GO&FUN Gresini Moto3/FTR HONDA)が大人数の第2集団のなかで激しい順位争いを繰り広げた。最後は10位でチェッカー。アレッサンドロ・トヌッチ(Team LaFonte Tascaracing/FTR HONDA)も、同じグループ内で戦い、12位。渡辺陽向(Team LaFonte Tascaracing/FTR HONDA)は29位、ロレンツォ・バルダッサーリ(GO&FUN Gresini Moto3/FTR HONDA)は12周目に転倒して残念ながらリタイアとなった。


アルバロ・バウティスタ-GO&FUN Honda Gresini/MotoGP-5位

Alvaro BAUTISTA_4CZ.jpg
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「今回もロッシ選手とのバトルになって、最後は僅差の0.07秒差でチェッカーを受けた。とはいえ、決勝ではプラクティスよりもいいペースで走れたし、良いレースになったので満足はしている。今日は、バイクの感触がとても良かった。ロッシ選手とのバトルも、最後までとても楽しめた。彼は僕を相手にして、最後まで手こずったと思うよ。2戦前のラグナセカから進めてきた方向性が順調に進んでいるのは、とてもいいことだと思う。昨年のブルノはあまりいいフィーリングではなかったけれども、今年は非常にうまく進めることができた。どんどん良くなってきているので、今後もこの調子で戦っていきたい。チーム、ホンダ、ショーワ、GO&FUN、そしてNISSINとともに、いい走りを続けていくよ」


ニッコロ・アントネッリ-GO&FUN Gresini Moto3-10位
「納得できるレースでした。もうちょっと上位でフィニッシュできたかもしれませんが、リスクを冒すのは避けたかったので、しっかり走りきってレースを終えることが重要だと思い、慎重になるように心がけました。次につながるレースだっと思うので、次戦ではもっといい結果につなげたいと思います」

【MotoGP-22laps】
[race result]
コンディション-DRY 路面温度-23℃ 気温-17℃
1 Marc MARQUEZ Repsol Honda Team 42'50.729
2 Dani PEDROSA Repsol Honda Team +0.313
3 Jorge LORENZO Yamaha Factory Racing +2.277
......................................................................
5 Alvaro BAUTISTA GO&FUN Honda Gresini +10.178
6  Stefan BRADL LCR Honda MotoGP +19.807
20 Bryan SRARLING GO&FUN Honda Gresini +1'50.024


[point standings]
M.MARQUEZ  213pt(1st)
D.PERDOSA  187pt(2nd)
J.LORENZO  169pt(3rd)
..................................
S.BRADL  103pt(6th)
A.BAUTISTA  92pt(8th)
B.STARING  2pt(25th)


【Moto2-20laps】
[race result]
コンディション-DRY 路面温度-17℃ 気温-25℃
1 Mika KALLIO Marc VDS Racing Team KALEX 41'11.828
2 Takaaki NAKAGAMI Italtrans Racing Team KALEX +0.590
3 Thomas LUTHI Interwetten Paddock Moto2 Rac SUTER +0.799
......................................................................
18 Yuki TAKAHASHI Idemitsu HondaTeam Asia MORIWAKI +29.530
20 Luis ROSSI Tech3 TECH3 +35.853
24 Doni Tata PRADITA Federal Oil Gresini Moto2 SUTER +59.011
25 Thitipong WAROKORN Thai Honda PTT Gresini Moto2 SUTER +1'35.752


[point standings]
S.REDDING 167pt(1st)
P.ESPARGAO 146pt(2nd)
E.RABAT 122pt(3rd)
............. ....................
L.ROSSI 4pt(23th)
Y.TAKAHASHI ---
D.PRADITA ---
R.WILAIROT ---
T.WAROKORN ---

【Moto3-19laps】
[race result]
コンディション-DRY 路面温度-22℃ 気温-17℃
1 Luis SALOM Red Bull KTM Ajo KTM 40'58.770
2 Marverick VINALES Team Calvo KTM +0.507
3 Jonus FOLGER Mapfre Aspar Team Moto3 KALEX KTM +1.015
......................................................................
10 Niccolo ANTONELLI GO&FUN Gresini Moto3 FTR HONDA +21.516
12 Alessandro TONUCCHI Team LaFonte Tascaracing FTR HONDA +22.654
19 Alan TECHER CIP Moto3 TSR HONDA +39.795
29 Hyuga WATANABE Team LaFonte Tascaracing FTR HONDA +1'06.151

retired Lorenzo BALDASSARRI GO &FUN Gresini Moto3 FTR HONDA
retired JuanFranc GUEVARA CIP Moto3 TSR HONDA


[point standings]
L.SALOM 208pt(1st)
M.VINALES 194pt(2nd)
A.RINS 180pt(3rd)
.................................
N.ANTONELLI 19pt(17th)
A.TONUCCHI 6pt(22th)
A.TECHER 6pt(23th)
J.GUEVARA ---
H.WATANABE ---
L.BALDASSARI ---


TOP

<__trans phrase="run-periodic-tasks script is running...">