日信工業はアルミ製品とブレーキシステムを通じて「環境」「安心」を探究します。

文字サイズ
  • 大
  • 中
  • 小
  • 日本語
  • 英語
  • HOME
  • オンライン 製品カタログ
  • ニュースリリース
  • 企業情報
  • 株主・投資家情報
  • 環境・社会活動
  • 採用情報

MOTER SPORT

HOME > モータ-スポーツ > スズキ耐久チーム・SERTが卓越した安定度と経験で4位チェッカー!

スズキ耐久チーム・SERTが卓越した安定度と経験で4位チェッカー!

2013年鈴鹿8耐はウィークを通してNISSIN勢が高水準の走りを披露!!

2013 FIM世界耐久選手権シリーズ第2戦
“コカコーラゼロ”鈴鹿8時間耐久ロードレース 第36回大会
7月25日(木)~28日(日)
天候:フリー走行(木)-ドライ
   予選(金)-ドライ
   トップテントライアル(土)-ドライ
   決勝(日)-ドライ

No_1_1.jpg

<予選・トップ10トライアル>
No.7 MONSTER ENERGY YAMAHA-YART中須賀克行が2年連続ポールポジションを獲得!

 日本の真夏を彩る鈴鹿8耐が今年も三重県鈴鹿サーキットで開催された。1978年から連綿と続き、今年で36回目を迎えるこのイベントは、日本のロードレースのなかでも最も知名度の高いレースといっていいだろう。8時間の長丁場を、2~3名の選手が約1時間ずつ交替で走り最多周回を競う8耐は、選手の体力と能力に加え、ライダー交替の際に行うタイヤ交換や燃料補給の息の合ったチームワーク、そしてマシンの耐久性など、様々な厳しい条件を乗り切らなければならない苛酷なレースだ。
 8時間に及ぶこの耐久レースは、体力の限界まで絞り尽くすライダーたちが数々の感動的なドラマを生む一方で、マシンにとっては厳しい使用状況下で耐久性を試される場でもある。だが、それは同時に、高品質な製品性能を強くアピールすることのできる絶好の機会である、ともいえるだろう。
 NISSINは、この鈴鹿8耐で長年にわたり連綿とチャンピオンチームの走りを文字どおり足下から支えてきた実績を持ち、今回の鈴鹿8耐36回大会では、NISSINは計13チームにブレーキを提供した。
 ライダー交替の際に迅速な前後タイヤの交換を行えるよう、8耐ではブレーキも耐久仕様のパッケージを投入しているが、そこに要求される性能はスプリントレースとまったく同様だ。むしろ、スプリントレースで必要なブレーキのコントロール性と効力が、長時間の使用状況でも変化することなく最初から最後まで維持されていなければならない。世界耐久選手権にフル参戦する多くのチームはNISSINブレーキを使用しているという事実が、NISSINの優れた品質をなによりも雄弁に物語っている。
 金曜に行われた計時予選では、NISSIN陣営のNo7.MONSTER-ENERGY YAMAHA-YART(中須賀克行/B・パークス/J・ウォーターズ:YZR-M1)の中須賀が、2分07秒629のトップタイムを記録した。このチームを筆頭に、計時予選の上位10チームで争われる土曜日のトップ10トライアルには、NISSIN勢7チームが進出し、優勢を大きくアピールした。

No_7_1.jpg
 土曜のトップ10トライアルは、雨が近づいているとの予報から、ライダーが順次タイムアタックを行うスーパーポール方式をとりやめて、40分間の計時セッションに改められた。このセッションで、またもや中須賀がトップタイムを記録。昨年を上回る2分06秒817をマークして、チームは2年連続となるポールポジションを獲得した。
「これだけのラップタイムが出ると思わなかった。走行中には手応えをあまり実感できなかったので、ピットに戻ってきて自分の出したタイムを知り、ほっとした。明日の決勝レースでは皆で8時間をしっかり走りきって、最後によろこびを分かち合いたい」
 そしてそのためにも、まずは自分の仕事をきっちりとこなしたい、と中須賀は翌日の決勝レースに向けた抱負を語った。

 

No_7_2.jpg


 

 

見事ポールポジションからスタートするNo7.MONSTER-ENERGY YAMAHA-YART(中須賀克行/B・パークス/J・ウォーターズ:YZR-M1

 

 

 

 

 

 

 

<決勝レース>
波瀾万丈の8時間を終え、NISSIN勢がトップテンの50%を占拠。

No_11_5.jpg

レース序盤、TOPを快走するNo11.F.C.C. TSR Honda(J・レイ/清成龍一)

 

日曜の鈴鹿サーキットは朝から好天で、決勝時刻に向けて気温がぐんぐん上昇。「真夏の祭典」とも呼ばれるイベントにまさに相応しい雰囲気で、午前11時30分のスタート時刻を迎えた。
 ルマン式スタートで始まった36回目の決勝レースは、ポールポジションスタートのNo7.MONSTER-ENERGY YAMAHA-YART(中須賀克行/B・パークス/J・ウォーターズ:YZR-M1)パークスとNo99.BMW MOTORRAD FRANCE TEAM THEVENT(E・ニゴン/J・プリドモア)ら4台がトップグループを構成。序盤の数周で、一気に後続の選手たちを突き放した。

No_99_2.jpg


 

No99.BMW MOTORRAD FRANCE TEAM THEVENT(E・ニゴン/J・プリドモア)

 

 

 

 

 

 

 

No11.F.C.C. TSR Honda(J・レイ/清成龍一)は清成がスタートライダーを務めたが、スタートで出遅れて、このトップ集団から遅れをとってしまう。しかし、予選段階からレースラップを想定した走行を重ねてきた清成は、着々とギャップを縮めてゆき、15周目に同じNISSIN勢のパークスをオーバーテイクして、4番手に浮上した。清成は高水準の走りでトップを追い詰め続け、周回毎にタイム差を削り取って前に迫っていった。17周目には3番手に、そして18周目には2番手に浮上。この段階でトップを走行する選手は独走状態に入っていたが、可能な限りの差を縮めた清成は25周を走行してピットへ戻り、レイにマシンを託した。

No_11_4.jpg


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レイは、清成が詰めたトップ走者との差をさらに短縮してゆき、あっという間にテールトゥノーズの戦いに持ち込んだ。そして39周目の1コーナー進入でNISSINブレーキのコントロール性を存分に発揮して鮮やかにオーバーテイク。ついにトップへ浮上した。
 先頭に立ったレイは、これまでのフラストレーションを一気に晴らすかのような走りで2分09秒台の安定したラップタイムを刻み続け、後ろとの差を開いていった。そして、28周の走行を終えてピットへ戻ってきたときには、すでに20秒のアドバンテージを築いていた。マシンを降りたレイは、清成とハイタッチを交わしてマシンを預けた。清成がコースイン。このまま、F.C.C. TSR Hondaは優勢を築いていくかのように見えた。
 しかし、8耐では常に、予想もしない出来事が発生する。
 交替後、4周目のデグナーカーブ二個目の出口で、清成は運悪く転倒。マシンは大破してしまう。転倒の瞬間は、その場でリタイアになるかとも見えたが、清成はエンジンを始動させてコース脇の芝生上を走行し、チームのガレージへマシンを戻した。チームは復帰に向けて作業を開始しようとするが、選手が負傷していることもあり、マシンにカバーかかけられて無念のリタイア。3連覇の夢は14時21分についえた。

 

No_39_2.jpg


 

No39.Sweets Labo Motorrad39 with HOKKAIDO SABEDER(BMW:酒井大作/辻村猛/武石伸也) 

 

 

 

 

 

 

 

15時直前には、No39.Sweets Labo Motorrad39 with HOKKAIDO SABEDER(BMW:酒井大作/辻村猛/武石伸也)のベテラン、武石伸也が今日2度目の転倒。このチームは午前のウォームアップ走行でチームオーナーで第一ライダーの酒井大作が転倒し、マシンが大破していた。酒井は決勝レースの走行を見合わせ、また、スペアバイクがないために、決勝まで必死のマシン修復を行ってレースは辻村と武石の2名で走ることになった。武石は決勝開始後の早い時間にも一度転倒を喫していたが、この2回目の転倒のために残念ながらレースを終えることになってしまった。


 やがて折り返し地点の15時30分を経過する頃になると、激しい順位の変動や転倒劇などの波瀾は落ち着きを見せ、各チームとも着々と周回を重ねた。
 その一方で、No28.Team Honda Technical College(古澤基樹/児玉勇太)は15時40分にレースを終えた。転倒後、ライダーがマシンを押してピットへ戻ってきたものの、エンジンが始動せず、67周の走行を記録してリタイアとなった。完走こそならなかったものの、ホンダ学園ホンダテクニカルカレッジ関西の学生たちからなるこのチームは、学校の教室では学ぶことのできないたくさんのことを、この夏に吸収した。

 

No_28.jpg


 

No28.Team Honda Technical College(古澤基樹/児玉勇太

 

 

 

 

 

 

この時間帯に、No104.TOHO Racing with MORIWAKI(山口辰也/伊藤真一/渡辺一馬)では渡辺が走行。順位は6番手につけ、トップ走者からは周回遅れとなっていたが、渡辺は23歳の若さに相応しい溌剌としたライディングを続けた。今大会の話題として大きな注目を集めるケヴィン・シュワンツ選手とも何度か位置を入れ替える果敢さを見せ、渡辺は伝説のライダーから多くを吸収し、学び取った。

 

No_104_5.jpg


 

No104.TOHO Racing with MORIWAKI(山口辰也/伊藤真一/渡辺一馬)

 

 

 

 

 

 

 

これらの激動のドラマの中で、No1.SUZUKI ENDURANCE RACING TEAM(V・フィリップ/A・デルホール/J・ダ・コスタ)は、世界耐久選手権のフル参戦チームらしい総合力を発揮。ミスのない着々とした走りで、表彰台を伺う位置につけていた。選手たちは使い慣れたNISSINブレーキのパワーを遺憾なく発揮し、次々に目の前に現れる周回遅れを巧みに交わしながら周回を重ねていった。

 

No_5.jpg


 

No5.TEAM SUGAI RACING JAPAN(DUCATI:須貝義行/蒲谷朋大

 

 

 

 

 

 

 

時間は刻々と過ぎ、17時を過ぎた頃、No5.TEAM SUGAI RACING JAPAN(DUCATI:須貝義行/蒲谷朋大)は16番手を走行。予選では50番手と低位に沈んだが、ベテランらしい走りで確実にラップを刻み続けた。しかし、その後、クラッチトラブルが発生。ピット作業での修復に時間を要し、大きく順位を下げてしまう。

No_22_4.jpg


 

No.22HondaTeamAsia(玉田誠/A・シャー・カマルザマン/高橋裕紀)

 

 

 

 

 

 

 

 また、No.22HondaTeamAsia(玉田誠/A・シャー・カマルザマン/高橋裕紀)も、安定した走りでシングルポジションをキープ。このチームは、第1ライダーを務める玉田が金曜の計時予選で転倒し、負傷。残りのセッションを高橋とカマルザマンの2名で挑むことになった。両選手は、玉田への思いを乗せて決勝に挑んだ。途中、黄旗無視でカマルザマンが30秒のピットストップペナルティを受けるなどの出来事もあったが、MotoGPのMoto2クラスを戦う高橋とアジア選手権を走るカマルザマンは、ともに豊かな経験を存分に発揮。使い慣れたNISSINブレーキを巧みにコントロールして、安定した周回を継続した。

No_77.jpg


 

No77.Honda TT Legends(S・アンドリュース/M・ルター/J・マクギネス)

 

 

 

 

 

 

 

17時15分頃にはNo77.Honda TT Legends(S・アンドリュース/M・ルター/J・マクギネス)のルターが、チームベストとなる2分11秒7のタイムを記録。ここまでの6時間近い展開の中では、マシンがスローダウンするなどの出来事で一時は40番手前後まで順位を落としたが、「レジェンド」という名のとおりベテランらしいしぶとさを見せ、着々と位置を回復していった。

No_71.jpg


 

No71.Honda DREAM RT SAKURAI HONDA(J・スタファー/J・フック)

 

 

 

 

 

 

 

 レースも残り1時間半となった17時55分には、No71.Honda DREAM RT SAKURAI HONDA(J・スタファー/J・フック)のフックがデグナーカーブ二個目の出口で転倒。マシンは大きなダメージを受けた。選手にも疲労が蓄積し、わずかに周囲が暗くなりはじめる夕刻は、まさに鈴鹿8耐の「魔の時間帯」といえるだろう。


 夜間走行のライトオンが18時20分に提示され、マシンにヘッドライトを灯した各チームは最後のライダー交替へ向かう。ところが、この時間帯になって西コースから雨がぱらつき始めたとの報告があり、雨はほどなくコース全域を覆い始めた。スリックタイヤのまま走行を継続するか、あるいはウェット用タイヤへ交換するかという難しい判断を迫られるなか、SUZUKI ENDURANCE RACING TEAMのフィリップは経験豊富なベテランらしい判断でウェットタイヤへ交換するためにピットイン。ピットアウト後、フィリップは表彰台へ向けて激しい追走を開始する。最後は表彰台にわずかに及ばなかったが、213周を走行して4位でチェッカーを受けた。

No_33.jpg

 

No33.Honda Kumamoto Racing(吉田光弘/小島一浩/徳留和樹)

 

 

 

 

 

 

 

Honda Team Asiaは6位、TOHO Racing with MORIWAKIは7位、MONSTER ENERGEY YAMAHA-YARTは8位。また、No33.Honda Kumamoto Racing(吉田光弘/小島一浩/徳留和樹)は8耐優勝経験のある徳留が、チームの雰囲気をうまくまとめ上げながら、堅実な走りで9位に入った。

No_34.jpg


No34.Honda Ryokuyoukai Kumamoto Racing(北折淳/大橋靖洋/森健祐) 

 

 

 

 

 

 

 

No_112.jpg

No112.Honda EG Racing(栗林剛/本田恵一)

 

 

 

 

 

 

 

 

No34.Honda Ryokuyoukai Kumamoto Racing(北折淳/大橋靖洋/森健祐)は199周という高度に安定した内容で、18位。No112.Honda EG Racing(栗林剛/本田恵一)は、途中で転倒に見舞われながらも困難を乗り越えて163周を走行し、53位で完走を果たした。
 8時間におよぶ苛酷なレースを終えて、全参戦63チーム中でNISSIN陣営は1/5程度の14チームという占有率ながら、トップテンに入ったチームの50%をNISSIN勢が占めるという素晴らしい成績を残した。

 

<レース結果>
4位 SUZUKI ENDURSNCE RACING TEAM 213LAP 8:01'59.054 
6位 Honda Team Asia 211LAP 8:01'14.788
7位 TOHO Racing with MORIWAKI(HONDA) 211LAP 8:01'31.797
8位 MONSTER ENERGEY YAMAHA-YART 210LAP 8:01'33.226
9位 Honda Kumamoto Racing 208LAP 8:00'52.695
18位 Honda Ryokuyoukai Kumamoto Racing 199LAP 8:00'38.553
22位 HONDA TT LEGENDS 199LAP 8:02'41.969
36位 TEAM SUGAI RACING JAPAN(DUCATI) 192LAP 8:01'00.412
48位 Honda DREAM RT SAKURAI HONDA 166LAP 8:02'41.292
50位 Honda EG Racing 163LAP 8:00'20.873
Not Clssified:
 BMW MOTORRAD FRANCE TEAM THEVENT 92LAP
 Team Honda Technical College 67LAP
 F.C.C.TSR Honda 58LAP
 Sweets Labo Motorrad39 with HOKKAIDO SABEDER(BMW) 48LAP


TOP

<__trans phrase="run-periodic-tasks script is running...">