日信工業はアルミ製品とブレーキシステムを通じて「環境」「安心」を探究します。

文字サイズ
  • 大
  • 中
  • 小
  • 日本語
  • 英語
  • HOME
  • オンライン 製品カタログ
  • ニュースリリース
  • 企業情報
  • 株主・投資家情報
  • 環境・社会活動
  • 採用情報

MOTER SPORT

HOME > モータ-スポーツ > 2013年プレシーズンテストがセパンサーキットでスタート! 

2013年プレシーズンテストがセパンサーキットでスタート! 

NISSINライダーたちはそれぞれ充実のテスト内容で好発進!!

MotoGPプレシーズンテスト(2/05~/07, マレーシア・セパンサーキット)

Stefan BRADL_21sep.jpg

                            多くのテストメニューをこなしながら、順調にタイムを削り取り好調をアピールしたStefan BRADL( LCR Honda  )

 赤道直下のマレーシア・セパンサーキットで、2013年のMotoGPプレシーズンテストが始まった。今シーズンはプロトタイプマシン勢が3メーカー7チームの12台。CRT勢も12台で、合計24台のマシンと選手が参戦する予定だ。
 NISSIN勢は、プロトタイプ勢が昨年と同様のラインナップで、Go & Fun Honda Gresiniのアルバロ・バウティスタとLCR Hondaのステファン・ブラドル。CRTにはGo & Fun Honda Gresiniに今年から加わったブライアン・スターリングという三名の選手で新たなシーズンの戦いに臨む。
 今年のプロトタイプマシンに関するレギュレーションは昨年から若干の変更が加えられ、2012年よりもマシン重量が3kg重い160kgになった。この重量増加は、ブレーキシステムにとっても大きな意味を持つ。量産車の場合、ブレーキは信号や交差点などで車輌を安全に停止させるための重要な部品だが、レーシングマシンの場合にはむしろ、コーナーへ進入する際の減速コントロール等を担当する<ライダーがマシンを積極的に操作するための部品>としての意味合いが大きいからだ。重量が増えれば、当然ながら、マシンをコントロールするためのブレーキにかかる負荷も大きくなる。したがって、今回のセパンテストでは、NISSINはこの2013年仕様マシンに対応した新たなマテリアルを投入している。選手たちはその優れたコントローラビリティを存分に引き出しながら、精力的にテストを重ねていった。

Alvaro BAUTISTA_3 13sep.jpg                             2012年2度の3位表彰台を獲得したAlvaro VAUTISTA (GO & FUN Honda Gresini ) 2013年は更なる飛躍が期待される 

 )) 
 今回、三日間にわたって行われたセパンテストでは、上記のフル参戦24選手に加え、ホンダとヤマハのテストライダーが各2名ずつ加わり、走行選手数は28名という大人数になった。NISSIN勢の選手たちは初日から順調にメニューを消化しながら、タイム面でも存在感を発揮。ブラドルは初日にトップと0.6秒差の5番手タイム。バウティスタも安定した走りで初日、二日目、と7番手の順位につけた。
 三日間のテストを終えて、ブラドルは計133周、バウティスタは153周、と精力的に走り込んだ。両選手は、コントロール性に定評のあるNISSINブレーキの性能を存分に発揮して、テストメニューを着実に消化していった。三日間の総合ラップタイムでは、ブラドルがトップタイム(ダニ・ペドロサ:レプソル・ホンダ・チーム:2'00.100)から0.903秒差の2分01秒003で6番手。バウティスタは1.402秒差の2分01秒502で7番手。ともに2013年の大活躍を予感させる内容で、充実の三日間を締めくくった。
 また、今年からCRT勢として参戦するブライアン・スターリングは、三日間で一度も転倒することなく115周を消化。着実にMotoGPクラスへ順応をしている。
 次回のテストは、2月26日からの三日間。今回と同じく、このセパンサーキットで行われる。

Bryan STARING_3 13sep.jpg

                                  MotoGP CRTクラスのニューカマー Bryan SRARLING (GO & FUN Honda Gresini )潜在能力は未知数 )


Stefan BRADL_1 13sep.jpgステファン・ブラドル-LCR Honda-2'01.003/133laps(3days)
「この三日間のテスト結果は、非常に有意義なものでした。次のテストに向けて、多くのデータを収集するという仕事も完璧に達成できました。テスト三日目の今日も、トラクションコントロールからサスペンションやブレーキにいたるまで膨大なメニューを消化し、ブリヂストンの持ってきてくれた新しいハードタイヤのテストも行いました。今日は43周を走行して、バイクに対する自信がさらに深まりました。開幕戦に向けて、やることはまだ山のようにありますが、いい下地を作って一回目のセパンテストを締めくくることができたと思います」

 



 

Alvaro BAUTISTA_1 13sep.jpgアルバロ・バウティスタ-Go & Fun Honda Gresini-2'01.384/153laps(3days)
「テスト期間中は暑くて、コースで仕事をしてゆくのが大変だったけれども、スケジュールを進めていくことに対しての悪影響はなかったし、ショーワ製サスペンションのセットアップを積み上げてゆくこともできた。着実に前進をしているけれども、やるべきことはまだたくさんある。目標はあくまでも、開幕戦のカタールに向けて万全の準備を整えることだからね。月末に行われる次回のセパンテストに向けて、貴重なデータをたくさん収集することができた三日間だったよ」

 

 

 

 

Bryan STARING_1 13sep.jpgブライアン・スターリング-Go & Fun Honda Gresini-2'05.970/115laps(3days)

「学ぶべきことは山積しているけれども、チームのおかげで正しい方向へ進めていると思う。皆が、とても積極的に技術的なソリューションを探してくれるから、バイクの乗り方への順応に集中できるんだ。セパンはコースの全長が長くラインを憶えるのもたいへんなので、MotoGPデビューの場所として最適とはいえないかもしれないけれども、僕の気力は充実している。今日は昨日よりもラップタイムを更新できたし、戦闘力もきっとすぐに向上していくと思う

 

 

 

[Results]
1 Dani PEDROSA Repsol Honda Team 2'00.100
2 Jorge LORENZO Yamaha Factory Racing 2'00.429 +0.329
3 Valentino ROSSI Yamaha Factory Racing 2'00.542 +0.442
4 Marc MARQUEZ Repsol Honda Team 2'00.636  +0.536
5 Cal CRUTCHLOW Monster Yamaha Tech3 2'00.734 +0.634
6  Stefan BRADL LCR Honda  2'01.003 +0.903
8 Alvaro VAUTISTA GO & FUN Honda Gresini 2'01.384 +1.402
......................................................................
28 Bryan SRARLING GO & FUN Honda Gresini 2'05.970 +5.870 


TOP

<__trans phrase="run-periodic-tasks script is running...">