日信工業はアルミ製品とブレーキシステムを通じて「環境」「安心」を探究します。

文字サイズ
  • 大
  • 中
  • 小
  • 日本語
  • 英語
  • HOME
  • オンライン 製品カタログ
  • ニュースリリース
  • 企業情報
  • 株主・投資家情報
  • 環境・社会活動
  • 採用情報

MOTER SPORT

HOME > モータ-スポーツ > 【MotoGP Round18】スペイン・バレンシアGP  2012年最終戦はNISSIN勢の大活躍でシーズンの幕を閉じる!

【MotoGP Round18】スペイン・バレンシアGP  2012年最終戦はNISSIN勢の大活躍でシーズンの幕を閉じる!

A・バウティスタが4位フィニッシュ! M・ピロも5位でチェッカー!!

MotoGP第18戦(11/09~/11, スペイン・リカルドトルモサーキット)

Alvaro BAUTISTA VAL.jpgのサムネール画像

                         不安定なコンディションの中、果敢に走行するアルバロ・バウティスタ選手(San Carlo Honda Gresini/HONDA)

 2012年シーズンの最終戦第18戦が、スペイン・バレンシア郊外のリカルドトルモサーキットで行われた。このサーキットはコース外側をスタジアム形式の観客席が取り囲むレイアウトで、全長は4005m。全18戦中で3番目に距離の短いコースだ。右5、左9の計14個のコーナーは中低速が主体で、メインストレートとバックストレートの2本の直線も他のサーキットほど長くない。ブレーキにとっては、休みどころがないコースといえるだろう。ギア選択も1速や2速まで落とすコーナーが多く、この点を見てもブレーキに対する要求度の高さがよくわかる。晩秋という季節柄、レースウィークの気温と路面温度は総じて低めで推移するが、上記の理由によりブレーキディスクの温度は上昇しやすい傾向がある。

 天候は、ウィークを通じて雨模様となり、金曜午前のフリープラクティス1回目から土曜午前のフリープラクティス3回目までがウェットセッション。この状況に伴い、選手たちはスチール製のブレーキディスクを装着したウェットタイヤでセッションに挑んだ。土曜午後の予選でようやくドライコンディションの走行となったが、日曜は再び雨。全30周で争われたMotoGPの決勝レースが始まる時刻は、ラインが乾き始めるかどうかという難しいコンディションでのレースになった。ウェットレースが宣言されたレースだったが、コンディション変化を予測してスリックタイヤで臨む選手と、ウェットタイヤのマシンからレース中にピットインしてスリックタイヤのマシンへ乗り換える選手が入り乱れる波瀾のレース展開になった。

Michele PIRRO_1 VAL.jpg

                      車両規格が違うCRT勢として、今期最高順位を獲得したミケーレ・ピロ選手(San Carlo Honda Gresini/FTR) 


 NISSIN勢のアルバロ・バウティスタ(San Carlo Honda Gresini/HONDA)は、スタート直前にスリックタイヤのマシンで走ることを決意し、ピットレーンからのスタートとなった。序盤数周こそ低位に沈んだが、徐々に乾き始める路面に対応したスリックタイヤとカーボンブレーキの特性を存分に活かして安定したラップタイムを刻み、少しずつ順位を上げていった。30周のレースを終えて、バウティスタは4位でチェッカー。13ポイントを加算して、年間ランキング5位でシーズンを終えた。このランキング5位は、2002年以降のMotoGP時代で、ケニー・ロバーツJr (2006年:6位)、マルコ・シモンチェッリ(2011年:6位)を上回る最高順位になった。
 CRT勢のミケーレ・ピロ(San Carlo Honda Gresini/FTR)は5位でチェッカー。今季のCRT勢最上位というすばらしいリザルトで、最終戦を締めくくった。

Stefan BRADL VAL.jpg

                     ステファン・ブラドル選手(LCR Honda MotoGP/HONDA)  転倒に終わったが、レース序盤は2位走行し観客を沸かせた
 

 ステファン・ブラドル(LCR Honda MotoGP/HONDA)は、レース序盤から上位を走行し、10周目には3番手へ浮上した。しかしその後に転倒を喫し、残念ながらリタイアとなった。


 また、今回のレースでは、ベン・スピース選手の代役として参戦した中須賀克行選手(ヤマハ・ファクトリー・レーシング)が2位を獲得する快挙を達成。日本人選手が表彰台を獲得するのは、2006年オランダGPの中野真矢選手(2位)以来という記念すべき一日になった。

Gino REA VAL.jpg

                                       ジーノ・リー選手(Federal Oil Gresini Moto2/SUTER)

Xavier SIMEON VAL.jpg

                                        ザビエル・シメオン選手(Tech 3 Racing/TECH3)  


 Moto2クラスでは、7列目スタートのジーノ・リー(Federal Oil Gresini Moto2/SUTER)が序盤周回で巧みに順位を上げ、表彰台争いを展開したが、16周目に転倒。その後、レースに復帰して追い上げを開始。最後は12位でフィニッシュした。ザビエル・シメオン(Tech 3 Racing/TECH3)も序盤周回に表彰台圏内を争ったが、惜しくも転倒。レースに復帰して27位で終えた。ラタパーク・ウィライロー(Thai Honda Gresini Moto2/SUTER)は24位で完走した。

Niccolo ANTONELLI VAL.jpg

                            ニッコロ・アントネッリ選手(San Carlo Gresini Moto3/FTR HONDA) ポイントを獲得しシーズンを終了      
   

 Moto3の決勝では、ニッコロ・アントネッリ(San Carlo Gresini Moto3/FTR HONDA)が周回ごとに着実に順位を上げて最後は13位でフィニッシュし、3ポイントを獲得。藤井謙汰(Technomag-CIP-TSR/TSR HONDA)は23位で完走してチェッカーを受けた。また、リカルド・モレッティに変わって最終戦に参戦したミロスラフ・ポポフ(Mahindra Racing/MAHINDRA)は10周目にリタイア、ダニー・ウェブ(Mahindra Racing/MAHINDRA)も19周目にピットへ戻ってリタイアとなった。


アルバロ・バウティスタ-San Carlo Honda Gresini-4位
「今日のレースは、今年でいちばん難しかった。ウォームアップラップで路面が少しずつ乾いてきているように見えたので、ピットへ戻ってスリックタイヤのバイクに交換しようと決めたんだ。年間ランキング5位の座をなんとしても獲得したかったから、この路面状況とレース展開を乗り切ろうと全力を尽くしたんだ。でも、今回のレースでもフロントまわりのフィーリングがあまり良くなかったのは少し残念だ。とはいえ、シーズン全戦を終えて獲得したランキングと、年間を通じて成し遂げてきた進歩には満足をしている。チームとファウスト・グレシーニ、そして僕たちを支えてくれたスポンサー各位に感謝をしている。これからは2013年に向けて走り出すことになるけれど、今シーズンと同じチームで、懸命に働いてくれたスタッフたちと来年も仕事をできるのは心強い。既にいいベースがあるので、来年はこれをさらに良くしていきたい」
 

ミケーレ・ピロ-San Carlo Honda Gresini-5位
Michele PIRRO_2 VAL.jpgのサムネール画像「素晴らしい一日だったよ! 今日のCRT勢最上位、しかもそのCRT勢でもシーズン最高順位の5位という結果を得て、最高の気分だ。大変なレースだったけれども、ぎりぎりの勝負をしながら攻め続けたんだ。去年のバレンシアGPの際にMoto2クラスのレースで勝ったときもそうだったけど、今回もマルコの力が自分の両肩にかかっているのを感じ取ることができた。その力が僕をプッシュしてくれたんだ。僕はこのレース限りでチームを去るけど、最高の締めくくりになったと思う。このチームで過ごした2年間は、自分自身のレース人生にとってとても意義深い日々だった。チームのひとりひとりに、感謝の意を表したい。昨年のバレンシアGPで優勝したときの思い出と、今日の素晴らしいリザルトを、僕はきっといつまでも忘れることがないだろうし、レースの歴史にもわずかな一章を追加することもできたと思う。本当に皆に感謝をしている」
 

 

 

 

 

 

【MotoGP-30laps】
[race result]
コンディション-Wet 路面温度-15℃ 気温-13℃
Winner Dani PEDROSA(Repsol Honda Team)/HONDA 48'23.819
2nd Katsuyuki NAKASAGA(Yamaha Factory Racing)/YAMAHA +37.661
3rd Casey STONER(Repsol Honda Team)/HONDA +1'00.633
....................................................................
4th Alvaro BAUTISTA(San Carlo Honda Gresini)/HONDA +1'02.811
5th Michele PIRRO(San Carlo Honda Gresini)/FTR +1'26.608
retired Stefan BRADL(LCR Honda MotoGP)/HONDA

[point standings]
J.LORENZO  350pt(1st)
D.PEDROSA  332pt(2nd)
C.STONER  254pt(3rd)
..................................
A.BAUTISTA  178pt(5th)
S.BRADL  135pt(8th)
M.PIRRO  43pt(15th)

 

【Moto2-27laps】
[race result]
コンディション-Wet 路面温度-15℃ 気温-13℃
Winner Marc MARQUEZ(Team Catalunya Caixa Repsol)/SUTER 48'50.706
2nd Julian SIMON(Blusens Avintia)SUTER +1.256
3rd Nicolas TEROL(Mapfre Aspar Team Moto2)/SUTER +11.372
..............................................................
12th Gino REA(Federal Oil Gresini Moto2)/SUTER +41.197
24th Ratthapark WILAIROT(Thai Honda PTT Gresini Moto2)/SUTER +1'16.201
27th Xavier SIMEON(Tech3 Racing)/TECH3 +1'26.234

[point standings]
M.MARQUEZ 324pt(1st)
P.ESPARGARO 268pt(2nd)
A.IANNONE 193pt(3rd)
.................................
X.SIMEON 21pt(22th)
G.REA 21pt(22th)
M.NEUKIRCHNER 9pt(26th)
R.WILAIROT 9pt(27th)

 

【Moto3-24laps】
[race result]
コンディション-Wet 路面温度-12℃ 気温-12℃
Winner Danny KENT(Red BullKTM Ajo)/KTM 45'05.891
2nd Sandro CORTESE(Red BullKTM Ajo)/KTM +0.056
3rd Zulfahmi KHAIRUDDIN (AirAsia-SIC-Ajo)/KTM +0.114
...........................................................
13th Niccolo ANTONELLI(San Carlo Gresini Moto3)/FTR HONDA +31.255
23th Kenta FUJII(Technomag-CIP-TSR)/TSR HONDA +1'47.977
retired Danny WEBB(Mahindra Racing)/MAHINDRA
retired Miroslav POPOV(Mahindra Racing)/MAHINDRA

[point standings]
S.CORTESE 325pt(1st)
L.SALOM  214pt(2nd)
M.VINALES 207pt(3rd)
.................................
N.ANTONELLI 77pt(14th)
M.SCHROTTER 4pt(33th)
D.WEBB ---
K.FUJII ---
R.MORETTI---
M.POPOV---


TOP

<__trans phrase="run-periodic-tasks script is running...">