日信工業はアルミ製品とブレーキシステムを通じて「環境」「安心」を探究します。

文字サイズ
  • 大
  • 中
  • 小
  • 日本語
  • 英語
  • HOME
  • オンライン 製品カタログ
  • ニュースリリース
  • 企業情報
  • 株主・投資家情報
  • 環境・社会活動
  • 採用情報

MOTER SPORT

HOME > モータ-スポーツ > 【MotoGP Round17】オーストラリアGP フィリップアイランドでNISSIN勢が手に汗握る大激戦を展開。

【MotoGP Round17】オーストラリアGP フィリップアイランドでNISSIN勢が手に汗握る大激戦を展開。

A・バウティスタが5位フィニッシュ! S・ブラドルも6位でチェッカー!!

MotoGP第17戦(10/26~/28, オーストラリア・フィリップアイランドサーキット)

Alvaro vs Stefan_2.jpg

   大観衆の中、息詰まるデットヒートを繰り広げた、アルバロ・バウティスタ(San Carlo Honda Gresini/HONDA)とステファン・ブラドル(LCR Honda MotoGP/HONDA)

 

 第17戦オーストラリアGPの舞台は、同国南部のフィリップアイランドサーキット。南半球の季節はこれから春に向かうが、当地は緯度の高い地域に位置するために、サーキットの温度条件はむしろ冬に近い。また、海に面していることもあって強風にさらされ、天候の変化が激しいことも大きな特徴だ。
 全長4,448mのコースは、1コーナーや3コーナー、最終12コーナーなどのハイスピードコーナーが大きな特徴で、全18戦中でもっとも平均速度が高い。低速のヘアピンがコース前半と後半の二箇所に存在するが、コース全体として見ればブレーキ効力への負荷が他のコースよりも低い分、コントロール性が重要になる。また、低い温度条件へ対応するための工夫も必要だ。具体的には、フロントブレーキのカーボンディスク温度を適正な作動温度域へ保つために工夫をしてレースに臨む 。 金曜と土曜に行われたフリープラクティスと予選は、強風や突然の雨により難しいコンディションになったが、日曜午後のレースは3クラスともドライコンディションで行われた。

 Alvaro BAUTISTA_1 pi.jpgのサムネール画像

                                      アルバロ・バウティスタ  アグレッシブな走りで、観客を魅了。  

Stefan BRAD_2 pi.jpgのサムネール画像

                               ステファン・ブラドル   元気の良さと冷静さを合わせ持つ   

Michele PIRRO pi.jpgのサムネール画像

                           ミケーレ・ピロ(San Carlo Honda Gresini/FTR)  完走したレースはすべてポイント獲得

 全27周回で争われたMotoGPクラスの決勝は、NISSIN勢のアルバロ・バウティスタ(San Carlo Honda Gresini/HONDA)とステファン・ブラドル(LCR Honda MotoGP/HONDA)が序盤から激しいバトルを繰り広げた。両選手はスタートを成功させ、レース開始直後からライバル陣営の選手たちを相手に真っ向から激突。何度もポジションを入れ替えながら、NISSINブレーキの優れたコントロール性を存分に引き出して、最終ラップまで一歩も引かない果敢な走りを披露した。最後はバウティスタが5位、ブラドルは僅差の6位でチェッカーを受けた。CRT勢のミケーレ・ピロ(San Carlo Honda Gresini/FTR)は14位でゴール。6戦連続で入賞を果たした。

 Xavier SIMEON pi.jpgのサムネール画像

                          ザビエル・シメオン(Tech 3 Racing/TECH3)  大混戦のMoto2クラスで確実にポイント獲得
 

 Moto2クラスでは、ザビエル・シメオン(Tech 3 Racing/TECH3)がレース序盤から入賞圏内で激しいバトルを展開。最後は14位でチェッカーを受け、2ポイントを獲得した。ラタパーク・ウィライロー(Thai Honda Gresini Moto2/SUTER)は19位、ジーノ・リー(Federal Oil Gresini Moto2/SUTER)21位でそれぞれフィニッシュした。また、このレースで3位に入ったマルク・マルケス選手が2012年のMoto2クラスチャンピオンを確定させた。
 Moto3の決勝では、藤井謙汰(Technomag-CIP-TSR/TSR HONDA)23周のレースを22位で完走。リカルド・モレッティ(Mahindra Racing/MAHINDRA)は2周目にピットインし、リタイアを喫した。ニッコロ・アントネッリ(San Carlo Gresini Moto3/FTR HONDA)は、土曜午前のフリープラクティスの転倒で負傷し、決勝レースの出場を見合わせた。また、ダニー・ウェブ(Mahindra Racing/MAHINDRA)は、金曜午前のフリープラクティス1回目にマシントラブルが発生。海外転戦が連続したために交換部品が間に合わず、以降の走行をキャンセルした。

 

アルバロ・バウティスタ-San Carlo Honda Gresini-5位
「今日は目標を達成できたけれども、もしダニがクラッシュしていなかったら、きっと6位に終わっていただろう。この数戦のダニはすごいレースばかりだったけれども、今日のレースでは2周目でチャンピオン争いを逃してしまった。残念だね。今朝のウォームアップ走行ではクラッチロー選手のペースが自分たちよりも良かったので、ダニのクラッシュを目の当たりにした後は、ロレンソ選手の後ろのグループに食らいついていこうとベストを尽くしたんだ。表彰台を狙えるかも、とも思ったけれども、直線が伸びなかった。ストレートでやられては他の場所で取り返すことをずっと繰り返したけれども、ドヴィツィオーゾ選手やステファンとバトルをするのは楽しかった。何度もオーバーテイクしあって、あっという間にレースが過ぎていった気分だ。最後に勝負を仕掛けたけど、ドヴィツィオーゾ選手にまたしてもストレートで追い抜かれて、その後はきっちりとインを閉められた。でも、前向きなリザルトだったのでチームの皆には感謝をしている。バレンシアではランキング5位の座を確定させて、最終戦を終えたいね」
 

ステファン・ブラドル-LCR Honda MotoGP-6位
「初日のプラクティスでは苦労を強いられて、今日の決勝レースでこんなに激しい4位争いをできるとは思っていなかっただけに、チーム全員がとてもハッピーです。(リア用に)ハードタイヤで臨み、ライバルたちより少しアドバンテージがあったから4位を獲れると思っていたので、それを逃してしまったのが残念です。とはいえ、他の選手たちは別の面で有利で、それぞれのプラスマイナスを考えれば似たようなレベルだったと思います。最終ラップにはアルバロに前をふさがれ、ドヴィツィオーゾ選手に抜かれてしまいました。ぼくはいつもならこういうバトルでは負けないのですが、それでも自分たちのペースを今回もしっかり披露できたのだから満足です。今回のレースウィークで素晴らしい仕事をしてくれたチームに、感謝をしたいと思います」


Alvaro vs Stefan_4.jpg

 

【MotoGP-27laps】
[race result]
コンディション-Dry 路面温度-26℃ 気温-15℃
Winner Casey STONER(Repsol Honda Team)/HONDA 41'01.324
2nd Jorge LORENZO(Yamaha Factory Racing)/YAMAHA +9.223
3rd Cal CRUTCHLOW(Monster Yamaha TECH3)/YAMAHA +14.570
....................................................................
5th Alvaro BAUTISTA(San Carlo Honda Gresini)/HONDA +23.432 
6th Stefan BRADL(LCR Honda MotoGP)/HONDA +23.467
14th Michele PIRRO(San Carlo Honda Gresini)/FTR 1lap


[point standings]
J.LORENZO  350pt(1st)
D.PEDROSA  307pt(2nd)
C.STONER  238pt(3rd)
..................................
A.BAUTISTA  165pt(5th)
S.BRADL  135pt(8th)
M.PIRRO  32pt(15th)


【Moto2-25laps】
[race result]
コンディション-Dry 路面温度-26℃ 気温-15℃
Winner Pol ESPRGARO(Tuenti Movil HP 40)KALEX +39'26.486
2nd Anthony WEST(QMMF Racing Team)/SPEED UP +16.811
3rd Marc MARQUEZ(Team Catalunya Caixa Repsol)/SUTER +16.837
..............................................................
14th Xavier SIMEON(Tech3 Racing)/TECH3 +38.220
19th Ratthapark WILAIROT(Thai Honda PTT Gresini Moto2)/SUTER +52.487
21th Gino REA(Federal Oil Gresini Moto2)/SUTER +52.707


[point standings]
M.MARQUEZ 299pt(1st)
P.ESPARGARO 260pt(2nd)
A.IANNONE 188pt(3rd)
.................................
X.SIMEON 21pt(19th)
G.REA 17pt(22th)
M.NEUKIRCHNER 8pt(26th)
R.WILAIROT 8pt(27th)


【Moto3-23laps】
[race result]
コンディション-Dry 路面温度-22℃ 気温-14℃
Winner Sandro CORTESE(Red BullKTM Ajo)/KTM 38'20.014
2nd Miguel OLIVEIRA(Estella Galicia 0.0)/SUTER HONDA +2.108
3rd Arthur SISSIS (Red Bull KTM Ajo)/KTM +5.031
...........................................................
22th Kenta FUJII(Technomag-CIP-TSR)/TSR HONDA +1'08.908
retired Riccardo MORETTI(Mahindra Racing)/MAHINDRA
--- Niccolo ANTONELLI(San Carlo Gresini Moto3)/FTR HONDA
--- Danny WEBB(Mahindra Racing)/MAHINDRA

[point standings]
S.CORTESE 305pt(1st)
L.SALOM  208pt(2nd)
M.VINALES 199pt(3rd)
.................................
N.ANTONELLI 74pt(14th)
M.SCHROTTER 4pt(31th)
D.WEBB ---
K.FUJII ---
R.MORETTI---
M.POPOV---


TOP

<__trans phrase="run-periodic-tasks script is running...">