日信工業はアルミ製品とブレーキシステムを通じて「環境」「安心」を探究します。

文字サイズ
  • 大
  • 中
  • 小
  • 日本語
  • 英語
  • HOME
  • オンライン 製品カタログ
  • ニュースリリース
  • 企業情報
  • 株主・投資家情報
  • 環境・社会活動
  • 採用情報

MOTER SPORT

HOME > モータ-スポーツ > 【MotoGP Round14】スペイン・モーターランド アラゴン A・バウティスタが今季5回目のトップ6フィニッシュ!!

【MotoGP Round14】スペイン・モーターランド アラゴン A・バウティスタが今季5回目のトップ6フィニッシュ!!

Moto3クラスでは、N・アントネッリがトップ10!

MotoGP第14戦(9/28~/30, スペイン・モーターランドアラゴン)

ARA Alvaro BAUTISTA_1.jpg

                              安定した走行で6位入賞を果たしたアルバロ・バウティスタ選手(San Carlo Honda Gresini/HONDA) 

                              年間ランキングも6位と同ポイントの7位に位置し更なるランキングUPに期待がかかる。

 シーズン3回目のスペイン開催となるアラゴンGP。戦いの舞台、アラゴンモーターランドは、2010年が初開催で、今年でまだ3年目の全18戦中もっとも新しいサーキットだ。バルセロナやバレンシアから約250kmのスペイン内陸部に位置し、周囲は荒涼とした地域だが、モータースポーツの総合施設としてカートやモトクロス、モタード等の各種コースも併設されている。


 ロードレース用のトラックは全長5078m。左10、右7の計17コーナーで構成されている。前半セクションが上り区間で後半は下り、というレイアウトで、ブレーキに対する要求度では、ツインリンクもてぎに次ぐ難コースだ。特にコース後半の切り返しが続くセクションでは、ブレーキへの信頼感が勝負を左右する大きな要素になる。駆け引きの鍵を握るのは、ライダーの能力をしっかりと支える充分な制動力と、レース周回の終始一貫したコントロール性だ。さらに、今回のレースでは、季節的にも立地的にも外気温がさほど上昇しない、という点にも気を配る必要がある。ブレーキ温度の上昇を考慮したうえで、外気温とのバランスを計りながら最適なセットアップを見つけ出していくことが重要になる。

ARA Alvaro BAUTISTA_2.jpg

 

金曜終日と土曜午前のセッションはウェットコンディションになったが、土曜の予選と日曜のレースはドライコンディションで行われた。快晴に恵まれた日曜日、全23周回で争われたMotoGPクラスの決勝レースでは、NISSIN勢のアルバロ・バウティスタ(San Carlo Honda Gresini/HONDA)が6位でフィニッシュした。
 バウティスタは、土曜の予選で苦戦を強いられて4列目12番グリッドに沈んだが、決勝レースではスタートを成功させ、オープニングラップで9番手に浮上。その後もNISSINブレーキの安定した高性能を引き出しながら2周目には7番手、5周目には6番手へと順位を上げ、最後まで一貫したペースの走行を続けた。23周のレースを終えたバウティスタは、今季5回目の6位チェッカーを受けた。

ARA Stefan BRADL_2.jpg

         今回は残念な結果となった、ステファン・ブラドル選手(LCR Honda MotoGP/HONDA)序盤に3位を走行するなどTOPライダーとしてのポテンシャルを備える

 

5番グリッドスタートのステファン・ブラドル(LCR Honda MotoGP/HONDA)は、序盤から速いペースを刻み、4周目に3番手へ浮上した。が、その矢先に3コーナーで運悪く転倒を喫し、リタイアとなった。CRT勢のミケーレ・ピロ(San Carlo Honda Gresini/FTR)は15位でチェッカーを受け、1ポイントを獲得した。

ARA Xavier SIMEON.jpg

                                  ザビエル・シメオン選手(Tech 3 Racing/TECH3)


 Moto2クラスでは、ジーノ・リー(Federal Oil Gresini Moto2/SUTER)が22位、ラタパーク・ウィライロー(Thai Honda Gresini Moto2/SUTER)は25位でレースを終えた。ザビエル・シメオン(Tech 3 Racing/TECH3)は、15番グリッドからスタートし、レース序盤にはポイント圏内を走行して好結果も期待されたが、4周目に転倒。残念ながらリタイアとなった。

ARA Niccolo ANTONELLI.jpg

                           大集団を率いる、ニッコロ・アントネッリ選手(San Carlo Gresini Moto3/FTR HONDA)


 Moto3の決勝は、10台以上の大集団が激しい攻防を繰り広げた。ニッコロ・アントネッリ(San Carlo Gresini Moto3/FTR HONDA)もそのなかでバトルを続け、最後は10位でフィニッシュ。ダニー・ウェブ(Mahindra Racing/MAHINDRA)は25位、藤井謙汰(Technomag-CIP-TSR/TSR HONDA)は26位でそれぞれチェッカーを受けた。ミロスラフ・ポポフ(Mahindra Racing/MAHINDRA)は、負傷中のリカルド・モレッティの代役として今回のレースにも引き続き参戦したが、マシントラブルのため16周でリタイアを余儀なくされた。

 

アルバロ・バウティスタ-San Carlo Honda Gresini-6位
「予選までの内容を考えれば、6位はいい結果だと思う。もっといい走りができただろうし、ミザノのようなリザルトも目指せたかもしれないので、完璧に満足しているわけではないけれども、今日は総じて難しい一日だった。セカンドグループについていこうとがんばったけれども、それは不可能だったしリスクも高かったので、最後は無理をせずに最大限のポイントを獲得してフィニッシュすることにしたんだ。もっと攻めることのできるバイクに仕上げるためには、フロントの問題を解決する方法を見つけなくてはならない。今日はなんとか乗り切ったけれども、さらにがんばって、チームとともにいい結果をめざしたい」

ニッコロ・アントネッリ-San Carlo Gresini Moto3-10位
「今日は車体のセットアップが完璧で、レース序盤からいいフィーリングでトップグループについていくことができた。加速で少し遅れを取っていたようなので、ここがもう少し良くなれば、今後はさらにいい走りができる。今日は、速い選手たちと互角に走れることを証明できたと思う」
 

【MotoGP-23laps】
[race result]
コンディション-ドライ 路面温度-23℃ 気温-18℃
Winner Dani PEDROSA(Repsol Honda Team)/HONDA 42'10.444
2nd Jorge LORENZO(Yamaha Factory Racing)/YAMAHA +6.472
3rd Andrea DOVIZIOSO(Monster Yamaha TECH3)/YAMAHA +11.047
....................................................................
6th Alvaro BAUTISTA(San Carlo Honda Gresini)/HONDA +28.166
15th Michele PIRRO(San Carlo Honda Gresini)/FTR +1'25.815
retired Stefan BRADL(LCR Honda MotoGP)/HONDA

[point standings]
J.LORENZO  290pt(1st)
D.PEDROSA  257pt(2nd)
C.STONER  186pt(2nd)
..................................
A.BAUTISTA  128pt(7th)
S.BRADL  115pt(8th)
M.PIRRO  25pt(16th)


【Moto2-21laps】
[race result]
コンディション-ドライ 路面温度-22℃ 気温-17℃
Winner Pol ESPARGARO(Pons 40 HP Tuenti)/KALEX 40'25.260
2nd Marc MARQUEZ(Team CalalunyaCaixa Repsol)/SUTER +1.447
3rd Scott REDDING(Marc VDS Racing Team)/Kalex +1.743
..............................................................
22th Gino REA(Federal Oil Gresini Moto2)/SUTER +33.271
25th Ratthapark WILAIROT(Thai Honda PTT Gresini Moto2)/SUTER +38.261
retired Xavier SIMEON(Tech3 Racing)/TECH3

[point standings]
M.MARQUEZ 258pt(1st)
P.ESPARGARO 210pt(2nd)
A.IANNONE 178pt(3rd)
.................................
X.SIMEON 17pt(20th)
M.NEUKIRCHNER 8pt(23th)
R.WILAIROT 8pt(24th)
G.REA 1pt(27th)


【Moto3-20laps】
[race result]
コンディション-ドライ 路面温度-16℃ 気温-15℃
Winner Luis SALOM(RW Racing GP)/KALEX KTM 40'56.391
Winner Sandro CORTESE(Red BullKTM Ajo)/KTM +0.155
3rd Jonas FOLGER(Mapfre Aspar Team Moto3)/KALEX KTM +0.362
...........................................................
10th Niccolo ANTONELLI(San Carlo Gresini Moto3)/FTR HONDA +2.587
25th Danny WEBB(Mahindra Racing)/MAHINDRA +1'02.687
26th Kenta FUJII(Technomag-CIP-TSR)/TSR HONDA +1'18.055
retired Miroslav POPOV(Mahindra Racing)/MAHINDRA

[point standings]
S.CORTESE 245pt(1st)
L.SALOM  194pt(2nd)
M.VINALES 179pt(3rd)
.................................
N.ANTONELLI 69pt(12th)
M.SCHROTTER 4pt(30th)
D.WEBB ---
K.FUJII ---
R.MORETTI---
M.POPOV---


TOP

<__trans phrase="run-periodic-tasks script is running...">