日信工業はアルミ製品とブレーキシステムを通じて「環境」「安心」を探究します。

文字サイズ
  • 大
  • 中
  • 小
  • 日本語
  • 英語
  • HOME
  • オンライン 製品カタログ
  • ニュースリリース
  • 企業情報
  • 株主・投資家情報
  • 環境・社会活動
  • 採用情報

MOTER SPORT

HOME > モータ-スポーツ > 【MotoGP Round13】サンマリノ共和国・ミサノサーキット A・バウティスタが3位表彰台を獲得!!

【MotoGP Round13】サンマリノ共和国・ミサノサーキット A・バウティスタが3位表彰台を獲得!!

S・ブラドルも健闘の6位でNISSIN勢が大活躍!

MotoGP第13戦(9/14~/16, イタリア・ミザノサーキット)

Alvaro BAUTISTA_3.jpg

                                 見事、Gresiniチームの本拠地であるMISANOで表彰台を獲得した、A・バウティスタ選手

 第13戦サンマリノGPが、ミザノサーキットで開催された。このサーキットは地理区分でいえばアドリア海沿岸の観光地ミザノ内陸部に位置しているものの、大会名として"サンマリノ"という名称が冠せられていることからもわかるとおり、サンマリノ共和国からも指呼の距離にある。


 ミザノサーキットは、2007年に1993年以来14年ぶりにカレンダー復活を果たし、その際に従来とは逆方向の時計回りで周回するようになった。全長は4226mで、右10左6のコーナーから構成されている。総じて中低速コーナーが多く、平均速度も昨年のポールポジション実績で163.345km/h、と全18戦中でもけっして高いほうではない。ただし、ブレーキに関しては全コース中でも上位に属する高負荷コースだ。また、コース幅が広くないためにオーバーテイクできる箇所が少なく、ブレーキのコントロール性や安定性も勝負を大きく左右する重要なポイントになる。


 このサーキットはブレーキ面であまり休む場所がないコース特性のために、ブレーキ温度も高くなる傾向がある。同じイタリアでもムジェロサーキットの場合は長い直線が多いぶんブレーキを使わない時間も長くなるが、このサーキットではしじゅうブレーキ操作を要求されるため、負荷も大きくなる。つまり、ブレーキ温度の上昇は、大気や路面温度の状態よりもむしろ、コース特性に大きく影響される、といっていうわけだ。

Stefan BRADL misano.jpg

                        レース終盤まで2位争いを演じ、好パフォーマンスを発揮したS・ブラドル選手(LCR Honda MotoGP/HONDA)
 

今回のレースウィークは、金曜から土曜午前にかけて不安定な天候でウェットセッションになったが、土曜午後には改善。各クラスともドライコンディションに恵まれ、NISSIN勢の選手たちはブレーキパフォーマンスを存分に引き出して、高いグリッド位置を獲得した。
 MotoGPクラスでは、ステファン・ブラドル(LCR Honda MotoGP/HONDA)が2列目4番グリッド、アルバロ・バウティスタ(San Carlo Honda Gresini/HONDA)も同じく2列目5番グリッドから日曜の決勝レースを迎えた。両選手ともレース序盤からトップグループにつける好走を披露。ブラドルは終盤周回までバレンティーノ・ロッシ選手の直後で3番手を走行し、MotoGP初年度の初表彰台も期待させた。最後は6位でフィニッシュ、シーズン終盤戦にさらなる高い期待を抱かせるリザルトを得た。

Alvaro BAUTISTA_1.jpg

                      巧みなマシンコントロールでホンダ勢最上位の3位を獲得。A・バウティスタ選手(San Carlo Honda Gresini/HONDA)
 

 バウティスタは中盤周回から3位集団に追いつき、前を走る選手たちに巧みにプレッシャーをかけ続けた。MotoGPクラスで積み重ねた技術を発揮してNISSINブレーキのコントロール性を最大限に引き出し、最終ラップの最終コーナーで僅差の3位争いを制した。チームのホームGPで、NISSINの今季初表彰台を獲得するという快挙を達成した。
 CRT勢のミケーレ・ピロ(San Carlo Honda Gresini/FTR)は、10位でチェッカーを受けた。

Ratthapark WILAIROT misano.jpg

                               Moto2クラス:ラタパーク・ウィライロー選手(Thai Honda Gresini Moto2/SUTER) 
 

 Moto2クラスは、ラタパーク・ウィライロー(Thai Honda Gresini Moto2/SUTER)が予選8番手を獲得。高パフォーマンスが期待されたが、午前のウォームアップ走行で転倒して左脚を強打。さらに、決勝レースでは3周目の最終コーナーでジーノ・リー(Federal Oil Gresini Moto2/SUTER)のマシンがオイルを噴いてリタイア。その影響でレースは赤旗中断し、14周で再スタートすることになった。再開後のレースで、ウィライローは19位でゴールした。ザビエル・シメオン(Tech 3 Racing/TECH3)は7周目に転倒リタイア。マックス・ノイキルヒナー(Keifer Racing/KALEX)は前回のレースで負傷したため、今回の大会を欠場した。

Niccolo ANTONELLI misano.jpg

                             Moto3クラス8位 : ニッコロ・アントネッリ選手(San Carlo Gresini Moto3/FTR HONDA) 
 

 Moto3クラスでは、ニッコロ・アントネッリ(San Carlo Gresini Moto3/FTR HONDA)が自己ベストタイのフロントロー3番グリッドを獲得。序盤周回から、トップグループの中で激しいバトルを繰り広げ、最後は8位でフィニッシュした。前回のレースを負傷で欠場したダニー・ウェブ(Mahindra Racing/MAHINDRA)は、今回から復帰。26番グリッドから決勝レースに臨んだが、1周目のマルチクラッシュに巻き込まれて残念ながらリタイアとなった。前戦チェコGPでウェブの代役として参戦したミロスラフ・ポポフ(Mahindra Racing/MAHINDRA)は今回、負傷欠場のリカルド・モレッティの代役として参戦。19位でチェッカーを受けた。藤井謙汰(Technomag-CIP-TSR/TSR HONDA)は22位でフィニッシュを果たした。


Alvaro BAUTISTA_2.jpgアルバロ・バウティスタ-San Carlo Gresini-3位
「表彰台を獲得するのは常にうれしいものだけれども、今日はMotoGPクラスの初表彰台なので格別な気分だよ。特に今回の第13戦は、僕にとってもチームにとっても思い出深いあのマルコ(・シモンチェッリ)を名前を冠したサーキットでのレースだったから、とりわけ意義が大きいんだ。
 この数戦は厳しいレースが続いたけれども、今回はしっかりと組み立てて最後まで表彰台争いができた。マルコはどこからでも僕たちを支えてくれるので、チームのためにもマルコのためにも、とてもいいレースができた。今日は自分の肩にマルコが手をかけてくれているような気がして、最後はレザースーツから僕の名前が消えてしまったような気もした。今日は、マルコがずっと僕たちと一緒にいてくれたんだね。
 今日は本当に特別な一日だった。スタート直後は危うく転倒しそうになったけど、右肘でなんとか引き起こして回避したんだ。僕を信じてくれたすべての人たちに感謝している。彼らにも、今日のこの特別な表彰台を捧げたい」

ステファン・ブラドル-LCR Honda MotoGP-6位
「決勝で2回もスタートをするのは変な気持ちですね。レース序盤からフロントには完全な自信がなかったのですが、状況はだんだん悪くなっていきました。レースの終盤では、フロントの調子が良くない事を感じながら走っていたのですが、はっきりとした原因はわかっていません。エンジニアたちと一緒にデータを検証する必要があります。レースを終えてガーレジに戻ってから、フロントタイヤの空気圧がとても低かった事がわかりました。これも調査するつもりです。このような状況だったので、だんだんと順位を落とす事になってしまいました。いい調子で走ることができていたので、とてもフラストレーションが溜まりました。MotoGP初表彰台を獲得できると思っていました。それでも週末を通してのポジティブな面を見て行こうと思います。アラゴンではまたベストを尽くします。ここでも素晴らしい仕事をしてくれたチームの皆に感謝をしています。今週は彼らにとっても非常に忙しいグランプリでしたからね」
 

【MotoGP-27laps】
[race result]
コンディション-ドライ 路面温度-36℃ 気温-23℃
Winner Jorge LORENZO(Yamaha Factory Racing)/YAMAHA 42'49.836
2nd Valentino ROSSI(Ducati Team)/DUCATI +4.398
3rd Alvaro BAUTISTA(San Carlo Honda Gresini)/HONDA +6.055
....................................................................
6th Stefan BRADL(LCR Honda MotoGP)/HONDA +13.272
10th Michele PIRRO(San Carlo Honda Gresini)/FTR +1'13.605

[point standings]
J.LORENZO  270pt(1st)
D.PEDROSA  232pt(2nd)
C.STONER  186pt(2nd)
..................................
A.BAUTISTA  118pt(7th)
S.BRADL  115pt(8th)
M.PIRRO  24pt(16th)


【Moto2-14laps】
[race result]
コンディション-ドライ 路面温度-30℃ 気温-22℃
Winner Marc MARQUEZ(Team CalalunyaCaixa Repsol)/SUTER 23'11.278
2nd Pol ESPARGARO(Pons 40 HP Tuenti)/KALEX +0.359
3rd Andrea IANNONE(Speed Master)/SPEED UP +1.634
..............................................................
19th Ratthapark WILAIROT(Thai Honda PTT Gresini Moto2)/SUTER +30.003
retired Xavier SIMEON(Tech3 Racing)/TECH3

 

[point standings]
M.MARQUEZ 238pt(1st)
P.ESPARGARO 185pt(2nd)
A.IANNONE 165pt(3rd)
.................................
X.SIMEON 17pt(18th)
M.NEUKIRCHNER 8pt(22th)
R.WILAIROT 8pt(23th)
G.REA 1pt(27th)


【Moto3-23laps】
[race result]
コンディション-ドライ 路面温度-16℃ 気温-20℃
Winner Sandro CORTESE(Red BullKTM Ajo)/KTM 40'22.100
2nd Luis SALOM(RW Racing GP)/KALEX KTM +0.467
3rd Romano FENATI(Team Italia FMI)/FTR HONDA +0.937
...........................................................
8th Niccolo ANTONELLI(San Carlo Gresini Moto3)/FTR HONDA +3.983
19th Miroslav POPOV(Mahindra Racing)/MAHINDRA +59.685
22th Kenta FUJII(Technomag-CIP-TSR)/TSR HONDA +1'22.961
retired Danny WEBB(Mahindra Racing)/MAHINDRA


[point standings]
S.CORTESE 225pt(1st)
M.VINALES 179pt(2nd)
L.SALOM  169pt(3rd)
.................................
N.ANTONELLI 63pt(10th)
M.SCHROTTER 4pt(30th)

D.WEBB ---
K.FUJII ---
R.MORETTI---
M.POPOV---
 


TOP

<__trans phrase="run-periodic-tasks script is running...">