日信工業はアルミ製品とブレーキシステムを通じて「環境」「安心」を探究します。

文字サイズ
  • 大
  • 中
  • 小
  • 日本語
  • 英語
  • HOME
  • オンライン 製品カタログ
  • ニュースリリース
  • 企業情報
  • 株主・投資家情報
  • 環境・社会活動
  • 採用情報

MOTER SPORT

HOME > モータ-スポーツ > 【MotoGP Round-12】チェコ・ブルノGP S・ブラドルが今季3度目の5位チェッカー!!

【MotoGP Round-12】チェコ・ブルノGP S・ブラドルが今季3度目の5位チェッカー!!

A・バウティスタも6位でNISSIN勢が大活躍!

MotoGP第12戦(8/24~/26, チェコ共和国・ブルノサーキット)

Stefan BRADL_2 brn.jpgのサムネール画像

 第12戦チェコGPの舞台ブルノサーキットは、同国第2の都市ブルノ郊外の広大な森の中に位置している。チェコスロバキア時代は現在地よりもやや市街地寄りの公道を使用してレースが行われていたが、1987年に現在のコースが建設されて以来、現在のコースで開催されるようになった。
 ブルノサーキットは全長5403m。左6右8の14個のコーナーで構成され、自然の地形を利用して前半区間は下り、後半区間で一気に坂を駆け上がるという高低差の豊かな作りになっている。ブレーキングも下りながら、あるいは上りながら行うことになり、オーバーテイクを狙う際などには特に、ブレーキのコントロール性が重要になるといっていいだろう。このサーキットはコース幅が広いためにラインの自由度も高く、パッシングを狙えるポイントが多い。また、ブレーキ操作を駆使した激しいバトルが繰り広げられることにより、特に決勝レースではブレーキ温度が上昇しやすい傾向にある。予選までにその負荷を見極めて、レースで使う仕様を決めることも重要なポイントだ。

Alvaro BAUTISTA_1 brn.jpg


 決勝が行われる日曜日の天候は早朝から雨模様となったものの、午前中に雨は上がり、MotoGPクラスのレースはドライコンディションで行われた。NISSIN勢の選手は、ステファン・ブラドル(LCR Honda MotoGP/HONDA)とアルバロ・バウティスタ(San Carlo Honda Gresini/HONDA)がともに健闘し、それぞれ5位と6位でチェッカーを受けた。7番グリッドスタートのブラドルは、スタートでも順位を落とさずにトップグループにピタリとつける好走を披露。やがて直前のバウティスタをパス。さらには、その前を走るバレンティーノ・ロッシ選手をマークし、9周目に巧みなブレーキングでオーバーテイク、5番手に浮上した。ブラドルは最終ラップまで順位を落とさずに走り抜き、今季3回目の5位チェッカーを受けた。

Stefan BRADLvsAlvaro BAUTISTA brn.jpg


 バウティスタは、ブラドルに前を許したものの、その後は追い上げを開始してロッシ選手を追い抜き、6位でフィニッシュ。10ポイントを加算した。CRT勢のミケーレ・ピロ(San Carlo Honda Gresini/FTR)は14位でゴール。ここ数戦はマシントラブル等のためにリタイアを余儀なくされるレースが続いたが、今回は5戦ぶりにフィニッシュを果たし、貴重な2点を獲得した。ちなみに、ピロは完走したレースではすべてポイントを獲得している。


 Moto2クラスのレースでは、21番グリッドスタートのザビエル・シメオン(Tech 3 Racing/TECH3)が、周回ごとに順位を上げてポイント圏内に食い込む走りを見せたが、12周目に転倒を喫して惜しくもリタイア。ジーノ・リー(Federal Oil Gresini Moto2/SUTER)も同じ周回で転倒したものの、レースに復帰。最後尾から追い上げて24位でチェッカーを受けた。ラタパーク・ウィライロー(Thai Honda Gresini Moto2/SUTER)は21位でフィニッシュ。マックス・ノイキルヒナー(Keifer Racing/KALEX)は金曜日の走行中に転倒して右手を骨折。以後のセッションは走行を見合わせて、決勝レースも出走をしなかった。


 Moto3クラスでは、前戦のインディアナポリスGPで右手を負傷したダニー・ウェブ(Mahindra Racing/MAHINDRA)が今回のレースを欠場。しかし、その代役で参戦したチェコ人選手のミロスラフ・ポポフが素晴らしい走りを披露した。29番グリッドのポポフは、ロケットスタートで序盤に3番手へ浮上。以後もポイント圏内で奮闘したが、15周目の最終コーナーで他車と接触。転倒を喫して残念ながらリタイアを強いられた。4番グリッドスタートで決勝を期待されたニッコロ・アントネッリ(San Carlo Gresini Moto3/FTR HONDA)は23位、藤井謙汰(Technomag-CIP-TSR/TSR HONDA)は26位でレースを終えた。リカルド・モレッティ(Mahindra Racing/MAHINDRA)は、金曜日のフリープラクティスで負傷したために、決勝レースを欠場した。



ステファン・ブラドル-LCR Honda MotoGP-5位

Stefan BRADL3 brn.jpg「抱えていた課題を解決してレース用のいいセットアップを見つけることができたので、とてもハッピーだね。昨日は思いどおりに攻めることができなくて、今朝のウォームアップもウェットセッションになったから最後の微調整を試すことができなかったのだけど、チームがとても素晴らしい仕事をしてくれたおかげで、今回もいいレースができたよ。レース中は自信を持って、懸命に走ることができた。スタートをうまく決めて、序盤はロッシが目の前にいたけれども、彼に突然メカニカルな問題が発生したみたいで、マフラーから白煙が上がったんだ。おそらくエンジンにトラブルを抱えているのだろうと考えていると、バイザーにオイルが付着して、何が起こったのかと思い少しタイムをロスしてしまった。スピースもペースが落ちていたね。バウティスタに抜かれてしまったけれども、その後は自分のペースで走れるようになった。少し周回数を要したけれどもバウティスタとロッシを抜き返して、自分なりのレース運びを進めていった。後続よりもペースよく走れていたので、序盤の展開が少し悔やまれるけれど、それでも自分なりに精一杯走ることができた。チームのがんばりと努力には、本当に感謝をしている」

 

アルバロ・バウティスタ-San Carlo Gresini-6位

Alvaro BAUTISTA_3 brn.jpg

「残念だね。昨日から今日に駆けてコンディションが変化したために、フロントにチャタリングを抱えるようになり、何度か転びそうになってしまった。リアに関しても、硬めのタイヤで走っているかのようなスライドが発生する問題を抱えていた。思いどおりに攻めることができず、いいレースにならなかった。明日の事後テストでは、この問題を解決したいと思う」
 
 

 

 

 

 

 

【MotoGP-22laps】
[race result]
コンディション-ドライ 路面温度-23s℃ 気温-18℃
Winner    Dani PEDROSA(Repsol Honda Team)/HONDA    42'51.570
2nd    Jorge LORENZO(Yamaha Factory Racing)/YAMAHA    +0.178
3rd    Cal CRUTCHLOW(Monster Yamaha Tech3)/YAMAHA    +12.343
....................................................................
5th    Stefan BRADL(LCR Honda MotoGP)/HONDA    +25.582
6th    Alvaro BAUTISTA(San Carlo Honda Gresini)/HONDA    +29.451
14th    Michele PIRRO(San Carlo Honda Gresini)/FTR    +1'36.165
[point standings]
J.LORENZO        245pt(1st)
D.PEDROSA        232pt(2nd)
C.STONER        186pt(2nd)
..................................
S.BRADL        105pt(6th)
A.BAUTISTA        102pt(7th)
M.PIRRO        18pt(16th)


【Moto2-20laps】
[race result]
コンディション-ドライ 路面温度-21℃ 気温-19℃
Winner    Marc MARQUEZ(Team CalalunyaCaixa Repsol)/SUTER    41'19.178
2nd    Thomas LUTHI(Interwetten-Paddock)/SUTER    +0.061
3rd    Pol ESPARGARO(Pons 40 HP Tuenti)/KALEX    +0.440
..............................................................
21th    Ratthapark WILAIROT(Thai Honda PTT Gresini Moto2)/SUTER    +34.892
24th    Gino REA(Federal Oil Gresini Moto2)/SUTER    +1'19.583
retired    Xavier SIMEON(Tech3 Racing)/TECH3
[point standings]
M.MARQUEZ    213pt(1st)
P.ESPARGARO    165pt(2nd)
T.LUTHI    154pt(3rd)
.................................
X.SIMEON    17pt(18th)
M.NEUKIRCHNER    8pt(22th)
R.WILAIROT    8pt(23th)
G.REA    1pt(27th)


【Moto3-19laps】
[race result]
コンディション-ウェット 路面温度-21℃ 気温-17℃
Winner    Jonas FOLGER(Mapfre Aspar Team Moto3)/KALEX KTM    43'03.089
2nd    Luis SALOM(RW Racing GP)/KALEX KTM    +5.918
3rd    Sandro CORTESE(Red BullKTM Ajo)/KTM    +5.963
...........................................................
23th    Niccolo ANTONELLI(San Carlo Gresini Moto3)/FTR HONDA    +55.417
26th    Kenta FUJII(Technomag-CIP-TSR)/TSR HONDA    +1'44.620
retired    Miroslav POPOV(Mahindra Racing)/MAHINDRA


[point standings]
S.CORTESE    200pt(1st)
M.VINALES    168pt(2nd)
L.SALOM        149pt(3rd)
.................................
N.ANTONELLI    55pt(11th)
M.SCHROTTER    4pt(30th)
D.WEBB    ---
K.FUJII    ---
R.MORETTI---
M.POPOV---
 


TOP

<__trans phrase="run-periodic-tasks script is running...">