日信工業はアルミ製品とブレーキシステムを通じて「環境」「安心」を探究します。

文字サイズ
  • 大
  • 中
  • 小
  • 日本語
  • 英語
  • HOME
  • オンライン 製品カタログ
  • ニュースリリース
  • 企業情報
  • 株主・投資家情報
  • 環境・社会活動
  • 採用情報

MOTER SPORT

HOME > モータ-スポーツ > 【MotoGP第9戦】イタリア・ムジェロ ステファン・ブラドルがムジェロで4位を獲得!!

【MotoGP第9戦】イタリア・ムジェロ ステファン・ブラドルがムジェロで4位を獲得!!

Moto3クラスでもアントネッリが4位に入る大活躍!

MotoGP第9戦(7/13~/15, イタリア・ムジェロサーキット)

Stefan BRADL_M1.jpg

                    チームのホームコースでのレースを自己最高順位の4位で終えたステファン・ブラドル(LCR Honda MotoGP/HONDA) 

 

 第7戦から続いた3連戦もいよいよ3週目、第9戦イタリアGPを迎えた。全長5,245mのムジェロサーキットは、トスカーナ地方の谷あいにある地形を活用した高低差のあるダイナミックなレイアウトで、メインストレートも1,141mと非常に長い。平均時速174.778km/hは、昨年実績でオーストラリア・フィリップアイランドに次ぐ記録だ。ハイスピードコースで高速コーナーが多く起伏にも富む特徴は、リズムに乗せてスムーズにバイクを走らせることができるかどうかが攻略の鍵になる、といえるだろう。
 季節的にも地形的にも高い温度条件下になるセクションと、そうではない部分もあり温度データやライダーのコメントをもとに選手たちの好みにブレーキの設定を調整する事が要求される。

Stefan BRADL_M2.jpg

                                   レース終盤の3位を激しく争った#6 ブラドル選手

 全23周回で争われたレースでは、3列目8番グリッドのステファン・ブラドル(LCR Honda MotoGP/HONDA) がスタートを成功させ、序盤からトップグループにつける走りを披露した。中盤以降になってもブラドルはペースを落とすことなく巧みなブレーキ操作で後続選手に前を譲らず3番手をキープし続けた。21周目の1コーナーで、経験に優るアンドレア・ドヴィツィオーゾ選手が前に出るが、その後も諦めることなくドヴィツィオーゾ選手に食い下がり、最後は僅差の0.046秒差で惜しくも表彰台を逃したものの、最高峰クラス8戦目にして4位でチェッカーを受けるという素晴らしいリザルトを残した。

Alvaro BAUTISTA_M2.jpg

                    激しいバトルを見せた、#19 アルバロ・バウティスタ(San Carlo Honda Gresini/HONDA) チームの地元イタリアでの力走

 

アルバロ・バウティスタ(San Carlo Honda Gresini/HONDA)はホンダワークスライダーのケーシー・ストーナー選手と熾烈なバトルを繰り広げ、最後は10位フィニッシュ。CRT勢のピロはオープニングラップでマシントラブルが発生し、ピットに戻りリタイアした。ただし、その際には走行禁止区域をショートカットせざるをえず、この行為にペナルティが科されて残念ながら失格処分となった。

Ratthapark WILAIROT M.jpg

                     レース毎に確実に進化した走りを披露する#14 ラタパーク・ウィライロー(Thai Honda Gresini Moto2/SUTER)   
 

 Moto2クラスは、ラタパーク・ウィライロー(Thai Honda Gresini Moto2/SUTER)が16位、ジーノ・リー(Federal Oil Gresini Moto2/SUTER)は19位で完走してそれぞれチェッカーフラッグを受けた。ザビエル・シメオン(Tech 3 Racing/TECH3)は8周目に転倒。マックス・ノイキルヒナー(Keifer Racing/KALEX)は1周目に転倒を喫し、その後再スタートを切ったものの、ピットに戻ってリタイアとなった。

Niccolo ANTONELL_M2.jpg

                     ホームレースでも光る走りで観客を魅了した#27 ニッコロ・アントネッリ(San Carlo Gresini Moto3/FTR HONDA)


 Moto3クラスは、今回がホームGPとなるニッコロ・アントネッリ(San Carlo Gresini Moto3/FTR HONDA)が予選で2列目6番グリッドを獲得。決勝でも序盤からトップグループにつける好走を披露。最後は自己ベストタイ記録の4位でフィニッシュした。ダニー・ウェブ(Mahindra Racing/MAHINDRA)は20位、藤井謙汰(Technomag-CIP-TSR/TSR HONDA)も25位で完走を果たした。今回のレースからマルセル・シュロッターと交代して参戦することになったリカルド・モレッティ(Mahindra Racing/MAHINDRA)は残念ながら1周目にリタイアした。


ステファン・ブラドル-LCR Honda MotoGP-4位
「僕にとっても、チームにとても最高の気分だね!表彰台に登ることができたら文句なしだけれど、ここでの好成績に本当に満足しているよ。過去数戦のレースでは燃料が満タン状態での走行で苦しんでいたし、フロントタイヤのフィーリングが完全ではなかったんだ。だからここでは違うセッティングを試みて、それがうまくいったんだ。慎重に走行して、ドビにパスされてしまたっときも彼について走ることに集中した。ヘイデンが果敢に攻めてきたけれど、彼は右コーナーの出口でベストとはいえない走りをしたので、もう一度ヘイデンをパスしたんだ。テレビでは僕の走りはアグレッシブに見えただろうけれど、最終ラップでは普通のことだと思うよ。表彰台の間近でレースを終えられたのは本当に嬉しいことだね。チームのことを思うと本当に嬉しいよ。チームは、毎戦最高の方法で僕をサポートしてくれているんだ。特にルーチョがね! 彼は本当にハードワーカーだから、好成績でお返しがしたいんだ!」
 

ニッコロ・アントネッリ-San Carlo Gresini Moto3-4位
「最後は表彰台争いから離れてしまったけど、4位という結果は悪くないんじゃないかな。集団内のある選手にひっかかって先頭グループから離れてしまい、それ以降は距離を詰められなかったのが残念けど、今日は大きな前進ができた一日だったと思う。自信を持って扱えるバイクに仕上げるためには、もっとやらなきゃいけないことがあるのはわかっているけれど、ここから先は、楽しいレースができると思うよ」

【MotoGP-23laps】
[race result]
コンディション-ドライ 路面温度-45℃ 気温-25℃
Winner Jorge LORENZO(Yamaha Factory Racing)/YAMAHA 41.37.477
2nd Dani PEDROSA(Repsol Honda Team)/HONDA +5.223
3rd Andrea DOVIZIOSO(Monster Yamaha Tech3)/YAMAHA +10.665
....................................................................
4th Stefan BRADL(LCR Honda MotoGP)/HONDA +10.771
10th Alvaro BAUTISTA(San Carlo Honda Gresini)/HONDA 34.589
excluded Michele PIRRO(San Carlo Honda Gresini)/FTR 
[point standings]
J.LORENZO  185pt(1st)
D.PEDROSA  166pt(2nd)
C.STONER  148pt(2nd)
..................................
S.BRADL  75pt(7th)
A.BAUTISTA  73pt(9th)
M.PIRRO  16pt(14th)


【Moto2-21laps】
[race result]
コンディション-ドライ 路面温度-43℃ 気温-25℃
Winner Andrea IANNONE(Speed Master)/SPEED UP 39'52.523
2nd Pol ESPARGARO(Pons 40 HP Tuenti)/KALEX +0.090
3rd Thomas LUTHI(Interwetten-Paddock)/SUTER +0.897
..............................................................
16th Ratthapark WILAIROT(Thai Honda Gresini Moto2)/SUTER +47.701
19th Gino REA(Federal Oil Gresini Moto2)/SUTER +54.654
retired Xavier SIMEON(Tech3 Racing)/TECH3
retired Max NEUKIRCHNER(Keifer Racing)/KALEX
[point standings]
M.MARQUEZ 163pt(1st)
P.ESPARGARO 129pt(2nd)
A.IANNONE 129pt(3rd)
.................................
X.SIMEON 17pt(17th)
M.NEUKIRCHNER 8pt(21th)
R.WILAIROT 8pt(22th)
G.REA 1pt(25th)


【Moto3-20laps】
[race result]
コンディション-ドライ 路面温度-40℃ 気温-24℃
Winner Marverick VINALES(Blusens Avintia)/FTR HONDA 39'57.374
2nd Romano FENATI(Team Italia FMI)/ FTR HONDA +0.020
3rd Sandro CORTESE(Red BullKTM Ajo)/KTM +0.071
...........................................................
4th Niccolo ANTONELLI(San Carlo Gresini Moto3)/FTR HONDA +5.788
20th Danny WEBB(Mahindra Racing)/MAHINDRA +57.030
25th Kenta FUJII(Technomag-CIP-TSR)/TSR HONDA 1'23.679
retired Riccardo MORETTI(Mahindra Racing)/MAHINDRA


[point standings]
S.CORTESE 164pt(1st)
M.VINALES 155pt(2nd)
L.SALOM  104pt(3rd)
.................................
N.ANTONELLI 55pt(9th)
M.SCHROTTER 4pt(29th)
D.WEBB ---
K.FUJII ---
R.MORETTI---


TOP

<__trans phrase="run-periodic-tasks script is running...">