日信工業はアルミ製品とブレーキシステムを通じて「環境」「安心」を探究します。

文字サイズ
  • 大
  • 中
  • 小
  • 日本語
  • 英語
  • HOME
  • オンライン 製品カタログ
  • ニュースリリース
  • 企業情報
  • 株主・投資家情報
  • 環境・社会活動
  • 採用情報

MOTER SPORT

HOME > モータ-スポーツ > 【MotoGP Round-2 JEREZ-GP】バウティスタ6位、ブラドル7位でフィニッシュ!

【MotoGP Round-2 JEREZ-GP】バウティスタ6位、ブラドル7位でフィニッシュ!

NISSINブレーキが高水準の走りを支える! 

MotoGP第2戦(4/27~/29, スペイン・ヘレスサーキット)

Stefan BRADL_2.jpg

第2戦スペインGPが、スペイン最南部のアンダルシア地方にあるヘレスサーキットで開催された。

ヨーロッパラウンドはこの地から始まることが通例で、1987年以来毎年レースが開催されている(1988年のみポルトガルGPとして開催)。地域的な特性もあり、このスペインGPは温暖で好天に恵まれた環境で開催されることが多いが、ときに不安定な天候になる場合もある。今年は、金曜と土曜に降雨があり、時間帯によってウェットセッションや、ハーフウェットの難しコンディションにもなった。

Alvaro BAUTISTA.jpg

                                  ウェットコンディションを果敢に走行するバウティスタ選手
 

 MotoGPクラスでは、3回のフリープラクティスがウェットで、土曜午後の予選がドライという状況下で行われた。MotoGPクラスでは、通常のドライセッションの場合にはカーボンディスクのブレーキを使用しているが、ウェットセッションの場合はスチール製のディスクを使用する。スチール製ディスクはカーボンディスクと比較して温度変化の影響を受けやすい特徴があるため、ブレーキパッドもドライ用とは異なるものを使用する。キャリパーに関しては、NISSINはドライとウェット双方に対応できる仕様で、コンディション変化に伴い交換を強いられるという煩雑さからは解放されている。

Stefan BRADL.jpg

                             MotoGPデビュー2戦共にポイントを獲得。安定した速さを見せるS・ブラドル選手
 

 決勝日の日曜は、明け方まで降った雨の影響で、Moto3クラスのウォームアップ走行時はウェット状態で始まった。その後、日が射して少しずつ路面が乾いてゆき、現地時間午後14時に始まったMotoGPクラスの決勝はドライコンディションで行われた。NISSIN勢の選手たちは、序盤から安定した速いリズムで走行し、ホンダ移籍初年度のバウティスタとMotoGPクラスデビューのブラドルは、ファクトリー選手に食い下がりながら周回を重ねていった。とくにブラドルは序盤周回でトップ集団の背後で走行。9周目にバウティスタに前を奪われるものの、その後の周回ではドゥカティファクトリーのヘイデン選手をオーバーテイクするなど、高い資質を発揮。目の肥えたスペインの観客の前で、NISSIN陣営の両選手が高いパフォーマンスを披露した。CRTマシンのミケーレ・ピロは途中まで順調に走行をしていたが、19周目にマシントラブルからリタイアを余儀なくされた。


Xavier SIMEON_2.jpg

                              Moto2クラスのNISSINサポートライダー最上位、X・シメオン選手

 Moto2も、ドライコンディションでレースが始まった。このクラスの通例で、序盤の大集団状態から中盤になっていくつかのグループ分かれる展開でも、各集団で激しいバトルが繰り広げられた。わずかにウェットパッチの残るドライコンディションで推移するなか、13周目ごろに雨滴が見え始め、やがて大粒の雨となってトップグループが19周目を走行中にレースが中断。後方の選手はまだ18周目の途中であったために、17周終了段階での順位でレースが成立した。NISSIN勢の選手は、ザビエル・シモン(Tech 3 Racing/TECH3)が13位、ジーノ・リー(Federal Oil Gresini Moto2/MORIWAKI)が15位と、それぞれポイント圏内でチェッカー。ラタパーク・ウィライロー(Thai Honda Gresini Moto2/MORIWAKI)は26位。マックス・ノイキルヒナー(Keifer Racing/KALEX)は13周目に転倒してリタイアとなった。


Niccolo ANTONELLI_2.jpg

                         Moto3クラスの期待の新星#27N・アントネッリ選手(イタリア)と#51藤井 謙汰選手(日本)のバトル

 午前11時に始まったMoto3クラスは、路面に雨の影響が残る難しいコンディションでスタートした。全34選手の半数となる17台が転倒するなか、デビュー2戦目のニッコロ・アントネッリ(San Carlo Gresini Moto3/FTR HONDA)は厳しい状況を生き残って8位でフィニッシュ。マルセル・シュロッター(Mahindra Racing/MAHINDRA)は、序盤周回で転倒を喫したものの、即座にレースへ復帰して16位でチェッカーを受けた。藤井謙汰(Technomag-CIP-TSR/TSR HONDA)は一時7番手を走行したものの、15周目の13コーナーで転倒し、リタイア。ダニー・ウェブ(Mahindra Racing/MAHINDRA)はマシントラブルのために15周目でピットに戻り、リタイアした。


アルバロ・バウティスタ-San Carlo Honda Gresini-6th
「天候のせいで難しいレースウィークになったけれども、決勝は多少のウェットパッチが残っていてもドライコンディションで戦うことができた。序盤数周に自分を抑えながら慎重に様子を見た、でも、それで先頭集団から離れてしまったので、ちょっと慎重すぎたかもしれない。路面状態に慣れてからは、ブラドルとヘイデンを抜くことができたけれども、ドヴィツィオーゾとペドロサ、クラッチローの位置までは離れすぎていたので、順位をキープすることに集中した。カタールよりもひとつ上の順位でフィニッシュできたし、バイクに対してさらに自信を深めることもできた。これは今回の最大の収穫だと思う。この週末の厳しいコンディションを乗り切って素晴らしい仕事をしてくれたチームに感謝したい」


ステファン・ブラドル-LCR Honda-7th
「今日の結果にはとても満足している。天候のせいで厳しいレースウィークだったけれども、素晴らしい仕事をしてくれたチームの皆に感謝をしている。サイティングラップの際に、コースの最終セクションが濡れているような気がしたからヘルメットのバイザーをクリアに交換したんだ。レース序盤から他の選手と激しいバトルができたけど、リスクも高かったので、数ラップほど様子を見てから、バウティスタやヘイデンと争ったんだ。いい走りができたけれども、レース中盤でヘイデンにブロックされてしまい、その間にバウティスタに離されてしまった。バウティスタと離れてからはヘイデンとのバトルになったけど、ラスト2周が特に楽しかった。レース中盤には右手が痛み出して乗り方を少し変えなくてはならなくなり、タイムを少しロスすることになった。今回もポジティブなレースウィークで、レースを終えてピットボックスに戻ったときに皆が拍手で迎えてくれたのは本当にうれしかったな」

【MotoGP-27laps】
[race result]
コンディション-Dry 路面温度-15℃ 気温-14℃
Winner Casey STONER(Repsol Honda Team)/HONDA 45'33.897
2nd Jorge LORENZO(Yamaha Factory Racing)/YAMAHA +0.947
2nd Dani PEDROSA(Repsol Honda Team)/HONDA +2.063
....................................................................
6th Alvaro BAUTISTA(San Carlo Honda Gresini)/HONDA +21.395
7th Stefan BRADL(LCR Honda MotoGP)/HONDA +28.637
retired Michele PIRRO(San Carlo Honda Gresini)/FTR 
[point standings]
J.LORENZO  45pt(1st)
C.STONER  41pt(2nd)
D.PEDROSA  36pt(3rd)
..................................
A.BAUTISTA  19pt(6th)
S.BRADL  17pt(8th)
M.PIRRO  ---


【Moto2-17laps】
[race result]
コンディション-Dry 路面温度-15℃ 気温-14℃
Winner Pol ESPARGARO(Pons 40 HP Tuenti)/KALEX 30'12.879
2nd Marc MARQUEZ(Team Catalunya Caixa Repsol)/SUTER +0.241
3rd Thomas LUTHI(Interwetten-Paddock)/SUTER +0.483
..............................................................
13th Xavier SIMEON(Tech 3 Racing)/TECH3 +10.443
15th Gino REA(Federal Oil Gresini Moto2)/MORIWAKI +31.504
26th Ratthapark WILAIROT(Thai Honda Gresini Moto2)/MORIWAKI +59.987
retired Max NEUKIRCHNER(Keifer Racing)/KALEX
[point standings]
M.MARQUEZ  45pt(1st)
P.ESPAGARO  41pt(2nd)
T.LUTHI  27pt(3rd)
.................................
X.SIMEON  3pt(18th)
G.REA 1pt(19th)
R.WILAIROT ---
M.NEUKIRCHNER ---


【Moto3-23laps】
[race result]
コンディション-Dry 路面温度-14℃ 気温-14℃
Winner Romano FENATI(Team Italia FMI)/FTR HONDA 43'50.885
2nd Luis SALOM(RW Racing GP)KALEX/KTM +36.139
3rd Sandro CORTESE(Red Bull KTM Ajo)/KTM +36.895
...........................................................
8th Niccolo ANTONELLI(San Carlo Gresini Moto3)/FTR HONDA +1'03.683
16th Marcel SHROTTER(Mahindra Racing)/MAHINDRA 1LAP
retired Kenta FUJII(Technomag-CIP-TSR)/TSR HONDA
retired Danny WEBB(Mahindra Racing)/MAHINDRA


[point standings]
R.FENATI  45pt(1st)
M.VINALES 35pt(2nd)
L.SALOM  33pt(3rd)
.................................
N.ANTONELLI 8pt(12th)
D.WEBB  ---
K.FUJII  ---
M.SCHROTTER  ---

 


TOP

<__trans phrase="run-periodic-tasks script is running...">