日信工業はアルミ製品とブレーキシステムを通じて「環境」「安心」を探究します。

文字サイズ
  • 大
  • 中
  • 小
  • 日本語
  • 英語
  • HOME
  • オンライン 製品カタログ
  • ニュースリリース
  • 企業情報
  • 株主・投資家情報
  • 環境・社会活動
  • 採用情報

MOTER SPORT

HOME > モータ-スポーツ > MotoGP 第13戦サンマリノGP  マルコ・シモンチェリがホームGPを4位でフィニッシュ!

MotoGP 第13戦サンマリノGP  マルコ・シモンチェリがホームGPを4位でフィニッシュ!

Moto2は高橋裕紀が7位。次戦に大きな期待をつなぐ。

SANMARINO_1.jpg

写真【MotoGP】 接戦を制し、4位入賞を果たしたマルコ・シモンチェリ選手( Team San Carlo Honda Gresini )

前戦からの2週連続開催となる第13戦サンマリノGP。戦いの舞台ミザノ国際サーキットは、2007年に年間カレンダーに復帰し、今年で5年目を迎える。グランプリ再開に際し、左回りから右回りへと周回方向が改められ、また、コース改修も施されて現在は全長4226mのコースとして争われている。前半セクションは、左右の細かい切り返しの中低速コーナーが続き、後半は右の超高速コーナーを含むハイスピードセクションで構成されている。バランスのとれたマシンセットアップが重要になることと同様に、極端なハードブレーキングこそ要求されないものの、各種多彩なコーナーでの減速と進入に対応するブレーキの繊細なコントロール性が重要になる。


 レースウィークは三日間を通じて好天に恵まれ、MotoGP、Moto2、125ccの3クラスとも良好なコンディションで争われた。


 MotoGPクラスでは、サーキット近郊出身のM・シモンチェリ(Team San Carlo Honda Gresini)が地元グランプリの強みを発揮し、2列目5番グリッドから日曜の決勝を迎えた。シモンチェリは、レース序盤からライバル選手たちを相手に力強いバトルを繰り広げた。5周目にはバレンティーノ・ロッシ選手をオーバーテイクして前に出ると、終盤周回まで4位争いを続けた。最終ラップもアンドレア・ドヴィツィオーゾ選手とベン・スピース選手を相手に息詰まる展開が続いたが、シモンチェリは15コーナーの巧みなブレーキングでインを刺してそのまま最終コーナーでも両選手を抑えきり、熾烈な4位争いを制した。チームメイトの青山博一は、序盤周回の安定を自らの課題としていたが、今回は想定ペースで走りきり、11位フィニッシュ。トニ・エリアスも15位でチェッカーを受け、貴重なポイントを獲得した。


 毎戦激しい争いが続くMoto2クラスでは、高橋裕紀(Gresini Racing Moto2)がフロントロー3番グリッドを獲得。決勝レースでも終始トップグループにつける好走を披露したが、最後は惜しくも7位でゴール。今回は表彰台を逃したものの、次戦以降のさらなるハイパフォーマンスを期待させる内容だった。他のNISSIN勢の選手では、高橋のチームメイト、ミケーレ・ピロが14位で2ポイントを獲得。マイク・ディ・メッリオ(Tech 3 Racing)が16位で完走を果たした。マックス・ノイキルヒナー(MZ Racing Team)はマシンにトラブルが発生し、14周目にピットへ戻りリタイア。ザビエル・シメオンは、1周目のマルチクラッシュに巻き込まれ転倒リタイアを喫した。

SANMARINO_2.jpg

写真【Moto2】 7位入賞と健闘した、高橋 裕紀選手(Gresini Racing Moto2)


 125ccクラスは、NISSINブレーキを装着するMahindra Racingのマルセル・シュロッターが、圧倒的優勢を誇るアプリリア勢を相手に健闘し、ポイント圏内の15位でフィニッシュ。チームメイトのダニー・ウェブは21位で完走した。


[MotoGP] コンディション- 路面温度-35℃ 気温-28℃


Winner  Jorge LORENZO  ( Yamaha Factory Racing )  44'11.877
2nd  Dani PEDROSA  ( Repsol Honda Team )  +7.299
3rd  Casey STONER  ( RepsolHonda Team )  +11.967
.................................................................................................................................
4th  Marco SIMONCELLI ( Team San Carlo Honda Gresini ) +17.353
11th  Hiroshi AOYAMA ( Team San Carlo Honda Gresini ) +39.548
15th  Toni ELIAS  ( LCR Honda MotoGP ) +1'20.156


[Moto2] コンディション- 路面温度-34℃ 気温-27℃


Winner  Marc MARQUEZ  ( Team CatalunyaCaixa Repsol  ) 43'08.197
2nd  Stefan BRADL  ( Viessmann Kiefer Racing )  +0.619
3rd  Andrea IANNONE  ( Speed master )   +0.713
................................................................................................................................
7th  Yuki TAKAHASHI (Gresini Racing Moto2)  +5.255
14th  Michele PIRRO (Gresini Racing Moto2)  +19.180
16th  Mike DI MEGLIO (Tech 3 Racing)   +24.858

...............................................................................................................................
retired  Max NEUKIRCENER(MZ Racing Team)
crashed  Xavier SIMEON(Tech 3 B)

[125cc] コンディション-ドライ 路面温度-31℃ 気温-28℃


Winner   Nicolas TEROL(Bankia Asper Team 125cc) 40'02.164
2nd   Johann ZARCO(Avant-AirAsia-Ajo)  +0.022
3rd   Efern VAZQUEZ(Avant-AirAsia-Ajo) +4.932
...............................................................................................................................
15th   Marcel SHROTTER(Mahindra Racing) +53.850
21th   Danny WEBB(Mahindra Racing) +1'08.795


 


TOP

<__trans phrase="run-periodic-tasks script is running...">