子どものころから“ものづくり”が好き
それを仕事にできて楽しく充実しています
生産技術部 加工ブロック
2018年入社

SECTION_01_タイトル
好きなことを仕事にしたことの喜び

手を動かしてモノを創作するのが子どものころから好きで、プラモデルをつくったり、ロボットを組み立てたり、飽きずにすっと手を動かしていました。大学でも工学部を専攻し、いろいろなモノをつくりました。特に印象に残っているのは、アルミの鋳造を行ったこと。そんな好きの延長で、就活でもメーカーを希望しました。大学は神奈川県でしたが、就職は地元に帰りたいと思っており、地元でモノづくりに携われること、さらにアルミの鋳造・加工の技術を持っている日信工業に興味を持ちました。
現在は、加工試作の部署に配属され、設計図をもとに試作品を作成する部署にいます。図面という2次元から3次元(=形)になったときは「すごい!!」と素直に感じます。子どものころから好きだった“ものづくり”が仕事になり、毎日が楽しく充実しています。

QUESTION_01_画像

SECTION_02_タイトル
緊張感と責任感の両輪で仕事に取り組む

日々の業務の中で心がけているのはケガをしないこと。加工機の中の作業や刃物の付いた主軸を見ながらの操作など、確認しながら作業を進めています。先輩や上司からもケガに気を付けるように言われます。今では緊張感を持って仕事に臨むようになりました。また同時に責任感も生まれ、納期も必ず守るように努めています。時間を守ることは、信頼にもつながります。私一人の信頼が積み重なって会社の信頼につながっていくことも実感しています。現在はあこがれでもある10年目の先輩について作業を行っていますが、先輩と自分とでは圧倒的に差があることも実感。私はまだ自分のしている作業でいっぱいいっぱいなのですが、先輩は全体が見えていて、そのうちのどの工程をしているのかを理解したうえで指示を出しています。経験による部分も大きいと思いますが、とにかく今はメモをとり質問し、貪欲に一つひとつを吸収したいと思っています。

QUESTION_02_画像

SECTION_03_タイトル
会社に貢献することで社会全体に貢献したい

加工機を動かすプログラム(Gコード)やCAD・CAMの操作など、現在教えてもらっていることを完璧に一人でできるようになることが当面の目標。そして、将来的には工場の立ち上げを経験したいと思っています。これから先、工場内はほとんど自動化され、よりスピードが求められるでしょう。そんな中、人間が必要な部分は何かを見極めていくこと。今はまだ興味も含めて“知りたい”の連続ですが、さまざまなことを勉強し、会社に必要な人材になっていきたい。日信工業の一人ひとりが成長することが会社の信頼となり、社会に貢献することにつながる。社会人としての自覚が日々大きな確信に変わっています。そして、さらにもっと先には3Dプリンタを活用した製品を作ってみたい。これまででは考えられないような形状の製品が作れるようになると思うと今からワクワクしています。

QUESTION_03_画像

一日のスケジュールイメージ

07:40

出社

08:00

メール、製品の確認

09:30

治具の用意と確認

11:00

刃物の用意と交換

12:15

昼食

12:55

プログラム読み込み、製品の加工

15:30

休憩

15:40

製品の加工、寸法検査

16:20

片付け

16:40

退社

SECTION_04_タイトル
静かに心の中に熱いものをもつ先輩たち

日信工業の魅力は、製品の信頼はもちろんですが、「残業を少なく、有休を取りやすく」など会社の努力も感じられ、福利厚生を見ても働きやすいと思います。入社して1年ですが、規則正しい生活のおかげで体調がかなりいいです。また、入社前に感じていたとおり、ものづくりが好きな人、そして真面目な社員が多いです。皆コツコツと手を動かしています。でも、真面目にひたむきに仕事の向かう一方で、常に新しいことにチャレンジしようと心の中には熱いものを持っている社員が多いとも感じます。これは就活では気付かず、入社して共に働くことで感じたことです。
チャレンジする気持ち、ワクワクする気持ちの両方を持っている人が多く、静かな熱のようなものが会社の土台となっている。大げさでなくても心の中に熱のようなものを持っている人といっしょに働きたいです。

QUESTION_04_画像
エントリー