ABOUT
日信工業とは

KEYWORD
日信工業を知る

KEYWORD

WORLD STANDARD
技術紹介

ブレーキ技術とアルミ鋳造・加工技術を活かして
自動車の安心と環境負荷軽減に貢献しています

  • 日信工業の核となる技術は、創業以来培ってきた、軽量化を実現する高度な「アルミ鋳造・加工技術」と、二輪車および四輪車の安全運転に貢献する「ブレーキ技術」です。
    この二つの技術は、近年の自動車にとっての命題である、「環境負荷軽減」と「安心」の追求に不可欠な技術であり、まさに時代のニーズに合致したものです。

  • 二輪車用製品では、先進ブレーキの適用拡大ニーズに対応した高付加価値商品(ABS・CBS)を開発・拡販すると共に成長市場でのシェア拡大を進めています。

  • 四輪車用製品では、軽量化による燃費改善をもたらすアルミ高付加価値商品や電動パーキングブレーキの投入を進めています。

  • アルミの特性を生かし、強度と軽量化を両立する製品開発をすると共に、ナノレベルでの開発を通じ、普遍的なニーズでもあるゴム部品の性能向上に取組むなど、新素材開発にも力を入れています。

BASIC INFORMATION
基本情報

MESSAGE

当社は創業以来、二輪車及び四輪車向けのブレーキとアルミの鋳造部品の開発・製造を手掛けてきました。特に二輪車用の油圧ブレーキにおいては、世界トップシェアを誇っています。また、得意とするアルミ技術は、車の軽量化に果たす期待も大きく、環境への貢献に向けてアルミ技術をどう活かせるかの観点で、技術力に磨きをかけていきます。

BtoBビジネスを展開する当社は、お客様である完成車メーカーのニーズに対応していくことが求められますが、同時に、現在では自ら考えて方向性を示し、形にしていくことが強く期待されています。これに応えるためには、社員のチャレンジ精神と主体性が不可欠です。当社におけるプロフェッショナルとは、与えられた仕事に対して全力を尽くせる人のことです。様々な組織や仕事がある中で、与えられた仕事の意義を見いだし、そのありたい姿に向けて組織人として責任を持ってやり遂げられる人を求めています。

人材育成については、新入社員研修や入社3年後および5年後研修のほかにも目的別や各階層に沿った研修を行っています。一方で、当社は海外10か国で企業活動を行っていることから、海外に行くチャンスは大いにあり、その中で実際のオペレーションを経験することで、視野を広げることができます。さらに直接のお客様である完成車メーカーとのやり取りの中で身につくことも多々あるはずです。仕事の現場では若手が新しいことにチャレンジできる風土があるため、仕事を通して大きく成長できる環境になっていると自負しています。

就活は自分を見つめ直し、やりたいことを自分自身に問うことから始まります。そのためにも、幅広い活動を行うことが大切だと思います。そして、大いに考え悩んで結論を出してください。学生時代はあなたを支えてくれた周囲からの最後のプレゼント。勉強はもちろん、趣味、アルバイトなど貴重な時間を満喫してほしいと思います。

代表取締役社長川口 泰

川口 泰

CORPORATE IDENTITIY
基本理念

CORPORATE IDENTITIY
  • 自らの発想と信念に基づき主体性を持って行動し、
    結果に責任を持ちます
  • 自ら安全第一の意識と品質向上意識を持って
    行動します
  • 法令やルールを守ります
  • 社会通念に照らして正しい行動をします
  • 不適切な行為を見つけたら、報告・相談します
  • お互いに個人の違いを認め合い尊重し合います
  • 等しく与えられた機会を活かし、
    意欲を持って行動します

GROBAL NETWORK
世界の日信工業

グローバルネットワークを活用し、複雑に変化する市場環境に対応しています。
お客様・社会のニーズに速やかに応えるため、日本国内および米州、欧州、
アジアの各地に生産および開発拠点を設けており、
きめ細かいお客様サポートと迅速な製品供給、技術の進化を常に追及しています。

GROBAL NETWORKGROBAL NETWORK

COMPANY'S PROFILE
会社概要

商 号
日信工業株式会社( NISSIN KOGYO CO., LTD. )
設 立
1953年10月27日
資本金
36億94百万円( 2018年3月期 )
代表者
代表取締役社長 川口 泰
従業員数
連結:9,880名( 2018年3月期 )*平均臨時雇用者 6,017名を含まず
売上高
連結:1,882億円( 2018年3月期 )
事業内容
四輪車 及び 二輪車向けブレーキ装置 並びにアルミ製品等の開発、製造、販売
事業所
本社:長野県 東御市 加沢 801番地
国内:東部工場(長野)、直江津工場(新潟県)、    開発センター(長野県)、栃木開発センター(栃木県)
海外:アメリカ、中国、インドネシア、タイ、ベトナム、インド、    フィリピン、ブラジル、メキシコ、 スペイン
主な得意先
本田技研工業株式会社、トヨタ自動車株式会社、株式会社SUBARU、
ヤマハ発動機株式会社、スズキ株式会社、川崎重工業株式会社、
いすゞ自動車株式会社、三菱自動車工業株式会社、マツダ株式会社、
ハーレーダビッドソン、BMW、トライアンフ、長安汽車、ルノー、
プジョー、BRP、株式会社クボタ、他(順不同)
COMPANY'S PROFILE
エントリー